カテゴリ: 休日アウトドア



宮城県の沖合に浮かぶ神の島、金華山。そのすべてが黄金山神社の神域のこの島について、山頂からの絶景と、巨木の森とをご案内してきました。そしてこの島の魅力を味わう、もうひとつの視点。それは、あちこちから眺める海の表情に島の楽しみ方を求めるということ。今回はこの島の絶佳を、海からご案内します。

追いかけてくるカモメの群れ!

追いかけてくるカモメの群れ!|「海と一対の山を持つ、絶佳の島・金華山|『文系登山』をはじめよう!#07 」の1枚目の画像
追いかけてくるカモメの群れ!|「海と一対の山を持つ、絶佳の島・金華山|『文系登山』をはじめよう!#07 」の2枚目の画像

金華山に渡るには、女川港からの定期船と、鮎川港からの海上タクシーがあります。こちらは鮎川港から金華山に向かう船を見送ってくれるカモメの様子です。自然と信仰の島に、震災から復旧しつつある島の様子を学びに行くぼくらを、歓迎するかのように賑やかしてくれます。

追いかけてくるカモメの群れ!|「海と一対の山を持つ、絶佳の島・金華山|『文系登山』をはじめよう!#07 」の4枚目の画像
追いかけてくるカモメの群れ!|「海と一対の山を持つ、絶佳の島・金華山|『文系登山』をはじめよう!#07 」の5枚目の画像

金華山の港から黄金山神社まで、ずっと海を眺めながら歩いていく参道が続きます。金華山瀬戸を挟んだ向かい側には牡鹿半島が横たわっていて、細かい入り江の出入りが複雑なリアスの美しさを際立たせています。真新しい桟橋が完成し、いまでは年々、参拝者やクライミングで島を訪れる人が戻りつつあります。

島から眺める海の絶佳

島のいたるところから眺められる、太平洋は本当に大きく水平線は果てしなく……。このダイナミックな大海原と太陽との共演は、この島ならではの自然の演出として、きっと島に渡った人の心に深く刻みこまれるでしょう。

島から眺める海の絶佳|「海と一対の山を持つ、絶佳の島・金華山|『文系登山』をはじめよう!#07 」の2枚目の画像

山頂付近は、牡鹿半島を南北に眺める絶好のポジション。金華山瀬戸を渡る船が海にラインを引きながら進んでいきます。牡鹿半島の向こうには、網地島と田代島。空気が澄んでいれば、松島方面も見て取れます。人と会うことは稀なので、のんびりこの景色を楽しむ時間は、究極の贅沢といえそうです。

島から眺める海の絶佳|「海と一対の山を持つ、絶佳の島・金華山|『文系登山』をはじめよう!#07 」の4枚目の画像
島から眺める海の絶佳|「海と一対の山を持つ、絶佳の島・金華山|『文系登山』をはじめよう!#07 」の5枚目の画像
島から眺める海の絶佳|「海と一対の山を持つ、絶佳の島・金華山|『文系登山』をはじめよう!#07 」の6枚目の画像

海岸線に沿ってトレイルを歩けば、島の外側の様子がわかります。外洋と空の境目がよくわからないくらい、空と海が水平線の向こうで溶け合っています。日本中にその足跡を残している弘法大師こと空海は、もはや人ではなく、こうした自然の一対の状態のことを意味するのかもしれません。なーんてことを思うほど、この総代な景色はロマンチック。

そんな、ロマンチックな大海原と太陽との共演の様子をとらえました。

島から眺める海の絶佳|「海と一対の山を持つ、絶佳の島・金華山|『文系登山』をはじめよう!#07 」の8枚目の画像
島から眺める海の絶佳|「海と一対の山を持つ、絶佳の島・金華山|『文系登山』をはじめよう!#07 」の9枚目の画像
島から眺める海の絶佳|「海と一対の山を持つ、絶佳の島・金華山|『文系登山』をはじめよう!#07 」の10枚目の画像

午後の柔らかい陽射し、強い西日が照らす海面、そして落日。島にいるときは、まさに太陽とともにあります。これから静かな夜を過ごし、翌日は夜明けとともにまた一日がスタートする。この夕陽を前に、新しい朝への期待が高鳴っていく感じがたまりません。まるで山小屋にいるときのような気分になってきます。やはり、海と山は一対、なんですね。

島から眺める海の絶佳|「海と一対の山を持つ、絶佳の島・金華山|『文系登山』をはじめよう!#07 」の12枚目の画像

ここまで3回に渡り、3つの視点でご案内してきた金華山の魅力。山頂までの絶景ハイク、神秘の巨木の森歩き、島のトレイルから触れる海と太陽の共演。山と海は一対となって自然の世界をつくり出しています。そうした地球本来の姿を学び、島遊びができる金華山に、いつか渡ってみることをおすすめします。

この記事を書いた人

大内 征

その土地に伝わる歴史や文化といった物語を辿りながら山旅を楽しむ「文脈登山」を提唱。日本各地の魅力を低山に探究し、多様な山の楽しみ方や新しい登山スタイルを発信している。NHKラジオ深夜便レギュラー、自由大学教授。.HYAKKEIオフィシャルパートナー。

みんなのコメント

関連トピック

トピックから記事を探す

 次の記事へ 
大内 征

低山トラベラーです(時々こっそり高山にいます)

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

人気ランキングをもっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

New Posts

最新の記事一覧

New Posts

特集

.HYAKKEIおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP

ログイン

コメントを投稿するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

ログイン

コメントを通報するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

コメントを投稿

このコメントを通報する