前編はコチラ

1.バックカントリーのはじまり

2日目のワンダーレイクキャンプ場へ行くバスの中でも多くの動物たちと出会った。グリズリー、ムース、シープ、カリブー。残念ながらオオカミには出会えなかった。

1.バックカントリーのはじまり|「星野道夫に憧れて〜アラスカ、デナリ国立公園の旅(後編)〜」の2枚目の画像

興奮したが、物足りない。バスという人間社会から見るのではなく、動物たちと同じ世界から動物たちと出会いたい。視覚メインではなく、すべて五感を使って。人間の社会と自然がはっきり分かれていることが悲しい。

彼らとの直接な出会いを期待して、バックカントリー2日目が始まる。

1.バックカントリーのはじまり|「星野道夫に憧れて〜アラスカ、デナリ国立公園の旅(後編)〜」の4枚目の画像

2.森の更新

のんびり起きて、太陽が出ているうちに体を拭き、洗濯をする。地図を見て、南にある小さな森を目指すことにした。2時間ほど歩き、森の中へ。この森が本当に素敵だった。倒木から次世代の木がしっかり育ち、森が「更新」していることが分かる。奥多摩のトレイルを歩いた時の植林されたスギ林とは全く性質の異なるものだ。

2.森の更新|「星野道夫に憧れて〜アラスカ、デナリ国立公園の旅(後編)〜」の2枚目の画像

3.シカ問題

デナリ国立公園には捕食ピラミッドの頂点、狼が生きている。一方日本では、100年前に絶滅したと言われている。捕食者のいなくなった日本では、ハンターの減少、森林破壊、植林を経て1990年代からシカが増え社会問題になっている。シカが森を食べ、生態系が崩れている。その範囲は土砂崩れにまで及ぶという。獣害扱いの日本のシカ、ここデナリ国立公園のシカの仲間、ムース、カリブーはしっかりと保護されている。


日本のシカが増え続けている根本原因はヒトによることを忘れてはいけない。

3.シカ問題|「星野道夫に憧れて〜アラスカ、デナリ国立公園の旅(後編)〜」の2枚目の画像
3.シカ問題|「星野道夫に憧れて〜アラスカ、デナリ国立公園の旅(後編)〜」の3枚目の画像

4.小さくも生きるリス

イエローストーン国立公園でも、オオカミが絶滅したが、再導入によって生態系が戻ってきたとも聞く。日本もなにかできないだろうかと考えてしまう。

そんな素人考えをグルグルと考えていると、巨木の枝に動いている物を発見した。

なんだリスかと思いながらも、シャッターを何度も押す。バックカントリー最初の動物。「ギュー」と低い声を出すと、遠くから同じ声がした。仲間に危険を知らせる合図だったのかもしれない。

4.小さくも生きるリス|「星野道夫に憧れて〜アラスカ、デナリ国立公園の旅(後編)〜」の2枚目の画像

5.ワイルドブルーベリー

翌日は川沿いに戻り、上流へと向かうことにする。辺り一面ブルーベリーが広がり、1歩ごとにベリーをつまみながら歩く。1cm〜1.5cmほどのブルーベリーは病みつき。

5.ワイルドブルーベリー|「星野道夫に憧れて〜アラスカ、デナリ国立公園の旅(後編)〜」の2枚目の画像
5.ワイルドブルーベリー|「星野道夫に憧れて〜アラスカ、デナリ国立公園の旅(後編)〜」の3枚目の画像

6.動物たちと同じ世界で

ブッシュをかき分けながら3時間進んだとき、物音が聞こえた。「グリズリーではありませんように、でもグリズリーに会いたい」と矛盾を抱えながら、ゆっくりと音のした方へと歩を進める。レンジャーからもらった「絶対にグリズリーとは戦わないでください」というアドバイスを思い出した。

6.動物たちと同じ世界で|「星野道夫に憧れて〜アラスカ、デナリ国立公園の旅(後編)〜」の2枚目の画像

メスのムースの群れだ。7頭ほどはいる。バスの中からとは違い、彼らの息づかいが聞こえてくる。ムースも私に気づき、警戒はしているのだが、食事を続けていた。

テリトリー。

少し近づくとその分離れていく。これが彼らの距離感だと理解し、写真を撮り、観察した。日本名だとヘラジカと呼ばれ、シカ科の中でも最大級だ。

6.動物たちと同じ世界で|「星野道夫に憧れて〜アラスカ、デナリ国立公園の旅(後編)〜」の4枚目の画像

最終日、眠い中カリブーの群れにも出会えた。カリブーはムースよりも私を警戒していたのか、距離は遠かった。

6.動物たちと同じ世界で|「星野道夫に憧れて〜アラスカ、デナリ国立公園の旅(後編)〜」の6枚目の画像

なぜこのカリブーの角は赤いのだろう。帰国後、友人が角の生え代わりに向けて、皮が剥けていると教えてくれた。

7.オーロラ

赤いカリブーに出会った前日、今まで見なかった秋のうろこ雲が見つけた。夏の終わり、旅の終わりで少し寂しい気持ちで寝袋へともぐった。たっぷりと2時間ほどかけてゆっくりと日が沈んでいく。

7.オーロラ|「星野道夫に憧れて〜アラスカ、デナリ国立公園の旅(後編)〜」の2枚目の画像
7.オーロラ|「星野道夫に憧れて〜アラスカ、デナリ国立公園の旅(後編)〜」の3枚目の画像

深夜、水鳥たちの音でふと目が覚めた。時計を確認すると2時22分。安全確認のため、タープテントの入り口を開け、辺りは確認した。見上げると、オーロラが舞っていた。

7.オーロラ|「星野道夫に憧れて〜アラスカ、デナリ国立公園の旅(後編)〜」の5枚目の画像
7.オーロラ|「星野道夫に憧れて〜アラスカ、デナリ国立公園の旅(後編)〜」の6枚目の画像

8.レンジャーと国立公園

バックカントリーを終え、バックカントリーインフォメーションセンターに立ち寄った。
アメリカはレンジャーという仕事が確立されているが、日本では環境省の自然保護管がそれにあたるが、まだまだ狭き門である。

アメリカの国立公園は規模が大きく、人の手が入っていない原生林といった概念があり、世界で最初に作られたのもここアメリカ。一方日本は秩父多摩、箱根をはじめてとして生活の中に国立公園がある。違いに興味があってデナリ国立公園で働くレンジャーに話を聞いてみた。レンジャーのjohnは私より少し年下だろうか。

8.レンジャーと国立公園|「星野道夫に憧れて〜アラスカ、デナリ国立公園の旅(後編)〜」の2枚目の画像

私「どれくらい仕事しているの?」

john「6年だよ、夏はここで働いて、冬はスキー場でパトロールをしているよ。でも今年の冬はここで働く予定だよ」

私「そうなんだ。昔は何をしていたの?」

john「大学を卒業して、数年エンジニアとして働いた」

私「レンジャーって楽しそうだね」

john「ありがとう」


正確にはjohnは「6年」と答えていない。

「Six Summer」と。

季節労働に対する日本人が抱くイメージは良くないが、自然の中での暮らしを模索する私には心動かされる響きだ。


その響きの余韻に浸り、何度も帰り道に反芻した。
今回の旅の象徴はグリズリーでもオーロラでもバックカントリーでもなく、
星野道夫の生き方に通じるSix Summerという言葉だった。

8.レンジャーと国立公園|「星野道夫に憧れて〜アラスカ、デナリ国立公園の旅(後編)〜」の4枚目の画像
この記事を書いた人

白井 康平

1983年生まれ。東京出身。世界45ヶ国以上の旅の中で、アメリカのジョンミューアートレイル、スウェーデンのクングスレーデン、パタゴニア、ヒマラヤをスルーハイクした元アウトドアショップ販売員。現在は土日にトレイルを歩きながら、自然に近いフィールドで暮らす手段を模索中。

関連トピック

トピックから記事を探す

 次の記事へ 
白井 康平

世界1周、JMTの次はPCT4200kmをスルーハイクしたい。

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

もっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

New Posts

最新の記事

もっと見る

特集

特集・連載コンテンツ

もっと見る

トピック一覧

トピックから記事をさがす

もっと見る
▲TOPへ

ログイン

コメントを投稿するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

ログイン

コメントを通報するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

コメントを投稿

このコメントを通報する