歩いてきた海外のロングトレイル

歩いてきた海外のロングトレイル|「シンプルに生きるヒントがここに。1000km歩いて感じた海外ロングトレイルの魅力」の1枚目の画像

20kgのザックと共に1000km以上を歩いた。重いけれど重くない。家にあるもの全てを背負うことができる人が何人いるのだろう。衣食住の全てが20kgに詰まっている。

私は2013年にアメリカのジョン・ミューアートレイル(JMT)とハイシエラトレイルを繋ぐ500㎞、2014年にインド・ラダック地方のザンスカール・クラッシックトレイル148㎞、2015年にスウェーデンのクングスレーデン450㎞をソロで走破した。

歩いてきた海外のロングトレイル|「シンプルに生きるヒントがここに。1000km歩いて感じた海外ロングトレイルの魅力」の3枚目の画像
歩いてきた海外のロングトレイル|「シンプルに生きるヒントがここに。1000km歩いて感じた海外ロングトレイルの魅力」の4枚目の画像

日本では感じられないスケール、名もなき湖の青さ、美しく抜けるような空。偶然出会った温泉。どこで寝てもいいし、たき火ができるエリアもたくさんある。すべて独り占めできてしまう贅沢さ。そんな山頂を目指さない山旅を楽しんでいる。

ロングトレイルの魅力

ロングトレイルの魅力|「シンプルに生きるヒントがここに。1000km歩いて感じた海外ロングトレイルの魅力」の1枚目の画像

ロングトレイルの良さは非日常が日常になること。エベレストのように一握りの人たちしか登れない偉業ではなく、誰でもが挑戦できること。一番難しいのは長期間休みを取ることだ。

毎日歩くというシンプルな行為

毎日歩くというシンプルな行為|「シンプルに生きるヒントがここに。1000km歩いて感じた海外ロングトレイルの魅力」の1枚目の画像

夜明けとともに起き、アルコールストーブで湯を沸かし「フゥー」っと深呼吸しながら、冷えた身体にコーヒーがすっと入ってくる。

苦味と香りを脳が感じ、1日が始まることを実感する。

美味しくないオートミールを流し込みながら、寝袋をスタッフザックに押し込み、片づけをしてテントをパッキングする。

地図を眺め、今日歩く場所を確認して出発する。


ここまで1時間30分。

毎日歩くというシンプルな行為|「シンプルに生きるヒントがここに。1000km歩いて感じた海外ロングトレイルの魅力」の3枚目の画像

習慣化され今までよりも早く準備できる小さな成長を感じる。どこからか鳥の「ギィィィ」という鳴き声が聞こえる。学生時代に読んだ小説のシーンがよみがえる。あとはひたすら歩く。これが私の目指すシンプルライフの一つのカタチだ。

歩く理由

歩く理由|「シンプルに生きるヒントがここに。1000km歩いて感じた海外ロングトレイルの魅力」の1枚目の画像

同僚や友人に「歩いているとき何考えているの?」とよく聞かれる。


「目の前のことしか考えてない」


と答える。

歩く理由|「シンプルに生きるヒントがここに。1000km歩いて感じた海外ロングトレイルの魅力」の3枚目の画像

「今日はどこまで歩こうか」

「水は補給できるか?」

「行動食はまだ我慢しよう」

「良いテント場はないか」


今あることに集中すること。街で暮らしていると将来の不安に苛まれるときもあるけど、余計なことを考えずに済む。「禅や瞑想に近いのかな」と同僚が教えてくれた。

ロングトレイルの共通認識を探る

ロングトレイルの共通認識を探る|「シンプルに生きるヒントがここに。1000km歩いて感じた海外ロングトレイルの魅力」の1枚目の画像

 そもそもロングトレイルってなんだろうか。「距離」、「日数」、「1度は食料を補給する必要」、「高みではなく水平移動を楽しむ」など調べてみても、広辞苑に載るような定義はない。ただ個人的には、街での生活を懐かしむのに1週間はかかるので、それを基準にロングトレイルかどうか決めている。だから定義は自分自身で決めてみてはどうだろう。

一般的な山歩きとは違う、1つのポイント

一般的な山歩きとは違う、1つのポイント|「シンプルに生きるヒントがここに。1000km歩いて感じた海外ロングトレイルの魅力」の1枚目の画像

例えば、30日間のロングトレイルを歩く計画を立てる。ソロで30日分の食料をザックに詰め込む、そんなハイカーを私は知らない。現地調達できる強者もいるだろうが、食料と燃料をどこで補給するかを計画するのが一般的だ。

トレイル上に町や山小屋があればそこで補給できる。ない場合はトレイルから外れて町に行って補給するか、デポできる場所があれば事前に送る必要がある。


ロングトレイル後の変化

ロングトレイル後の変化|「シンプルに生きるヒントがここに。1000km歩いて感じた海外ロングトレイルの魅力」の1枚目の画像

1ヶ月以上歩く生活で、背負っているものだけで生きていけることを体感した。シンプルに生き、執着せずに生きるヒントがロングトレイルにはあると思う。まずは自然のなかに浸り、体から毒を抜くように、必要のないモノに囲まれた生活から抜け出したい。人間中心主義ではなく、人も自然の一部であることを肌で感じる。トレッキングが日常になる瞬間を求めて、私自身歩き続けていきたい。


私の影響を受けたライター加藤則芳さんの言葉を伝えたい。「メインの森をめざして アパラチアン・トレイル3500キロを歩く」より抜粋した。


「よりシンプルに生きることの可能性を知ったこと。幸せに生きるためには、それほどたくさんのものは必要ではない」

この記事を書いた人

白井 康平

1983年生まれ。東京出身。世界45ヶ国以上の旅の中で、アメリカのジョンミューアートレイル、スウェーデンのクングスレーデン、パタゴニア、ヒマラヤをスルーハイクした元アウトドアショップ販売員。現在は土日にトレイルを歩きながら、自然に近いフィールドで暮らす手段を模索中。

関連トピック

トピックから記事を探す

 次の記事へ 
白井 康平

世界1周、JMTの次はPCT4200kmをスルーハイクしたい。

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

もっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

New Posts

最新の記事

もっと見る

特集

特集・連載コンテンツ

もっと見る

トピック一覧

トピックから記事をさがす

もっと見る
▲TOPへ

ログイン

コメントを投稿するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

ログイン

コメントを通報するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

コメントを投稿

このコメントを通報する