• 地域・旅
  • キャンプや登山に関する地域コラム記事一覧です。地方の観光情報や旅情報をお届けします。キャンプや登山といったアクティビティを楽しみながら、ぜひその地方にある魅力も一緒に体験してみませんか?まだまだ知らない、その地域の魅力を発見できるかもしれません。

休日、島サイクリング!豊かな自然が残る八丈島で春の外あそび(前編)

「休日の楽しみは自然に触れること」

……そんなアウトドア派の皆さん!
外で身体を動かすのが気持ちいい季節になってきましたね。

今回は、春の外あそびを満喫できる伊豆諸島「八丈島」をご紹介します。

夏は海水浴、サーフィン、ダイビング、釣りなどのマリンスポーツを楽しめる島ですが、これからの季節は登山やハイキング、そしてサイクリングがおすすめ。

「ここは東京!?」と、感じるほど豊かな自然と絶景スポットの数々、温泉まで楽しめる休日の島旅はいかがでしょうか。

金曜の仕事が終わってから、行ける島

東京から南へ約287km先にある八丈島。沖縄と同じ亜熱帯地域に属す東京都の島です。
交通手段は主に2つ。

飛行機

ANAが羽田-八丈島線を1日3往復運行。所用時間は片道約55分と、うたた寝する間もなく到着します。

フェリー

東海汽船が1日1往復運航。東京発は、竹芝桟橋を22:30出発して朝には八丈島に到着するので、金曜日の夜に仕事が終わってから向かうこともできます。

今回は、ゆったり派におすすめの船旅をご紹介します。竹芝桟橋のフェリー乗り場から出航し、船で寝泊まりする体験はちょっとした旅気分が味わえます。

また、自転車を持参する場合、フェリーなら輪行袋に入れれば無料(総重量20kg以下のもの)。受託手荷物として預ける場合でも、そのままの状態で+1500円で運ぶことができます。島に到着したらすぐに自転車で走れるのは嬉しいですね。

※飛行機(ANA)では自転車は大型スポーツ用品扱いとなり、3辺の合計が203cm以内で、20kgまでは無料になります。詳細は事前にご確認ください。

自転車で島をぐるっと一周できる爽快なコース

太陽がやわらかく降り注ぐ朝、フェリーから島の全景が見えてきます。これからはじまる冒険にワクワクする瞬間でもあります。

左から三原山、八丈富士、八丈小島

左から三原山、八丈富士、八丈小島

フェリーから降りたら荷物を宿に置いて、初日は自転車で島一周サイクリングのスタートです!
※事前に連絡すればほとんどの場合、宿まで送迎可能

島内にはレンタルサイクルショップもあるため、島に到着してから移動手段として自転車を借りるのも手です。

絶景スポットを見に行くには坂道がきつい場所も通るため、脚力に不安がある方は迷わず電動アシスト自転車をチョイス!

ここで、八丈島サイクリングのポイントを3つ

・都道八丈循環線(43.2km)を走ればぐるっと一周できる
・信号がほとんどなく、まっすぐな道が多い
・温泉、絶景、グルメ…立ち寄りスポットが豊富にある

それでは、今回は私が走った島を時計回りのコースを参考に、八丈島の魅力をご紹介します。

フェリー乗り場がある底土港からスタート。都道八丈循環線の看板を目印に三原山方面へ。

まず、本日最初の難関、登龍峠へ向います。市街地から数分走っただけで、亜熱帯特有の植物が生い茂る南国エリアへ。

登龍峠は、この道を下から見ると龍が天に登るかのように見えることから登龍峠という名前がついたと言われるだけあって、小さいカーブが龍の背のように連続するコースです。傾斜はゆるいところも多いので、マイペースで登りましょう。

道の所々に島の地図があり、今いるポイントを把握できます。数字をひとつひとつクリアしていくのは、ゲームに似た感覚を覚えます。よし、次へ!

峠には登り龍が描かれたポイントが2つあります。車だとすぐに通り越してしまうような場所も、自転車だと迫力のある龍をゆっくり拝めます。

……そうこうしているうちに視界が開け、標高330m地点にある展望台へと辿り着きます。

市街地と八丈富士をくっきり見渡せる、まさに絶景スポット!この先、もう少し登り坂が続くので、一旦休憩しましょう。

それにしても……空気が美味しい!

【登龍峠展望台】
■住所:〒100-1511 東京都八丈島八丈町 三根
■駐車場:有、6台 無料

p>

その後、コースのアップダウンを経て、最初の目的地「末吉温泉 みはらしの湯」に到着。八丈島でもっとも景色のよい温泉と言っても過言ではないほどの絶景を見ながら、湯に浸かれるスポットとして人気があります。

館内は撮影禁止のため、ひょうたんの形をした露天風呂からの絶景は写真でご紹介できないのですが、その隣の休憩所からの見える以下のような景色が目の前に広がっています。

【末吉温泉 みはらしの湯】
■住所:東京都八丈島八丈町末吉584-1
■営業時間:10:30~21:00(閉館21:30)
■定休日:火曜日(祝日の場合は営業、年末年始、7月17日~8月31日は無休)
■料金:大人円500円、小学生200円
※偶数日、奇数日によって男性と女性の露天風呂が入れ替わるのでご注意ください。

南国の雰囲気満点の中之郷エリア

みはらしの湯で休憩したら、島の南部にある秘境エリアの自然に癒されにいきましょう。

関連記事一覧