• キャンプや登山入門編
  • キャンプや登山の道具、使い方等の記事一覧です。これからキャンプや登山を始めてみたいけど、何から始めたら良いのかわからない!どれを選べば良いのかわからない!そんな入門者の方向けに、アウトドア経験者がキャンプや登山の道具、使い方についてお伝えします。

登山歴5年のトレッカーが選ぶ素材別おすすめインナーシュラフ

キャンプや登山において、シュラフと重ねるだけで、その快適性を格段に向上してくれる「インナーシュラフ」。筆者も登山を始めて5年、キャンプを初めて3年ほど経ちますが、季節関わらず3シーズン用のダウンシュラフを使用していました。ですが、夏はどうしてもダウンシュラフだと、ダウンの肌触りが悪く寝心地がイマイチ。そんな時に知ったのが“インナーシュラフ”。素材を変えればどの季節でも、睡眠体験を向上することが可能です。今回はインナーシュラフのメリットと素材の違い、そして私が素材別に厳選商品を紹介します。

そうだったのか!?インナーシュラフのメリット2つ

写真提供: rafuretoul

肌触りが格段に良くなる

一般的にダウン素材のシュラフを1枚でそのまま使う場合、表面がナイロンなので、夏季は汗ばんだ肌にベタベタと張り付いてしまいます。インナーシュラフを使うとシルクやコットン・フリースと素材が選べるので、夏はサラサラ・冬はふかふかな肌触りを楽しむことができます。また夏季には、そのままインナーシュラフだけでブランケットとしても、使うことも可能です。

保温性が向上する

冬季にはシュラフと2枚使いすることで保温性が上がります。インナーシュラフを活用することで、シュラフ内の空気の層が増加することが理由です。

インナーシュラフの選び方

写真提供:king.jyo

季節に応じた素材選び

インナーシュラフは様々な素材があります。その素材の特性を知ったうえで、季節に応じて使い分けることが大切です。

夏:ポリエステル

蒸し暑く、寝汗の多い季節は発汗性の高い生地が最適です。ポリエステル等の人口繊維は生地内の水分量が少なく乾きやすいので、夏におすすめ。

春秋:コットン

春や秋は、気温の差が大きくなります。コットンはポリエステルに比べ、生地内の水分量が多いため、暖かいときは熱を逃がし寒いときは保温してくれます。

冬:フリース

フリースは、生地の中に空気の隙間が多く生まれるため、高い保温性が求められる冬にピッタリです。

アウターシュラフのサイズを合わせて

サイズが違うことで、チャックを噛んでしまったり、シュラフの中で負荷のかかる形で使用してしまったりと故障の原因になります。

収納性の高さも確認!

キャンプや山に使うとなると、軽さと収納性が重要になってきます。重量と収納時のサイズや収納のしやすさは確認しておきましょう!

いざ買って使ってみたら、重たいし収納しづらいとなってしまうと、次からスタメン起用したくなくなりますよね?

厳選!インナーシュラフ一覧

ブランド名商品名素材重量展開サイズ収納サイズ
SEA TO SUMMITサーモライトリアクターフリース(サーモライト)約248g210×90cm19 x 27.99 x 8 cm
LOGOS丸洗いやわらかインナーシュラフフランネル約900g190×90cm18×18×40cm
Sumoluxインナーシュラフフリース約640g180×75cm32.2 x 18 x 17.3 cm
Colemanスリーピング シュラフフリース約740g190.5×83.8cm34.4 x 19.8 x 19.1 cm
MYSTIC EARTHインナーシュラフフリース約540g180×80cm29.6 x 19 x 15.4 cm
CYCLETRACKインナーシュラフコットン約300g210×70cm20 x 16.6 x 5.4 cm
CUDO寝袋ライナーコットン約300g210×70cm22.8 x 19.1 x 5.9 cm
Naturehikeインナーシーツポリエステル約400g200×80cm21.8 x 11 x 10 cm
ISUKAライナーサイドジッパーポリエステル約320g205×78cm8×8×21cm
ロゴスシルキーインナーシュラフシルキーモイスクロス約280g210×84cm11×8×16cm

SEA TO SUMMIT サーモライトリアクター

SEA TO SUMMIT サーモライトリアクター

フリースタイプのインナーシュラフの中では、最も軽い248gのアイテムです。サーモライトは人口繊維ですが、天然繊維よりも保温性が高くストレッチ性もあるのが特徴です。

素材:フリース(サーモライト)
重量:約248g
展開サイズ:210×90cm
収納サイズ:19 x 27.99 x 8 cm
価格:¥7,490

LOGOS 丸洗いやわらかインナーシュラフ

LOGOS 丸洗いやわらかインナーシュラフ

洗濯機で洗えるインナーシュラフです。フランネル素材は繊維が太く保温性が高いのが特徴。起毛で肌触りが良いのも押しポイントです。

素材:フランネル
重量:約900g
展開サイズ: 90×cm
収納サイズ:18×18×40cm
価格:¥4,900

LOGOS 丸洗いやわらかインナーシュラフ

LOGOS 丸洗いやわらかインナーシュラフ
created by Rinker

Sumolux インナーシュラフ

Sumolux インナーシュラフ

封筒式のインナーシュラフで、チャックを全開にすることで毛布替わりにすることが可能です。保温性などは前述の商品よりも劣るもののリーズナブルな商品。

素材:フリース
重量:約640g
展開サイズ:180×75cm
収納サイズ:32.2 x 18 x 17.3 cm
価格:¥2,280

Sumolux インナーシュラフ
created by Rinker

Coleman  スリーピング シュラフ 

Coleman  スリーピング シュラフ

フリースのインナーシュラフのド定番はコチラ。ロングセラーであることがその品質を証明しています。失敗したくない方はこの商品から買うといいかもしれません。

素材:フリース
重量:約740g
展開サイズ:190.5×83.8cm
収納サイズ:34.4 x 19.8 x 19.1 cm
価格:¥2,678

Coleman スリーピング シュラフ
created by Rinker

MYSTIC EARTH インナーシュラフ

MYSTIC EARTH インナーシュラフ

厚手のフリース生地を使用したインナーシュラフです。こちらもチャックで前回にすることで大判の正方形サイズになるので、毛布としても活用できます。

素材:フリース
重量:約540 g
展開サイズ:180×80cm
収納サイズ:29.6 x 19 x 15.4 cm
価格:¥2,720

MYSTIC EARTH インナーシュラフ
created by Rinker

CYCLETRACK  インナーシュラフ

CYCLETRACK  インナーシュラフ

韓棉というエココットン生地を使用しており、通常のコットンより耐久性が高いです。軽量で持ち運びもしやすい。

素材:コットン
重量:約300g
展開サイズ:210×70cm
収納サイズ:20 x 16.6 x 5.4 cm
価格:¥1,299

CYCLETRACK  インナーシュラフ
created by Rinker

CUDO 寝袋ライナー

CUDO 寝袋ライナー

起毛コットンを使用した肌触りの良いモデルです。

CUDO 寝袋ライナー
created by Rinker

Naturehike インナーシーツ

Naturehike インナーシーツ

伸縮性と吸水速乾性の高い特殊なポリエステルを使用したインナーシュラフです。筆者も持っていますが、寝返りをうっても気にならないくらい良く伸びます。

素材:ポリエステル
重量:約400g
展開サイズ:200×80cm
収納サイズ:21.8 x 11 x 10 cm
価格:¥2,160

Naturehike インナーシーツ
created by Rinker

ISUKA ライナーサイドジッパー

ISUKA ライナーサイドジッパー

軽量級の夏用インナーシュラフです。こちらも伸縮性と吸水速乾性が高く、トレッカーに人気です。

ISUKA ライナーサイドジッパー
created by Rinker

ロゴス シルキーインナーシュラフ

封筒型のインナーシュラフで、シルキーモイスクロスという接触冷間素材を活用しているモデルです。

最後に

インナーシュラフは1つ持っておくと、夏の時期は毛布替わりに使えたりするのでとても便利です。是非自分に合った1枚を見つけてみてください

関連記事一覧