• キャンプ道具・ギア
  • キャンプ道具・ギアの記事一覧です。キャンプ道具は種類が多すぎてどれを選べば良いのかわからない!すでに一通り持っているけど、自分だけのこだわりアイテムが欲しい!そんな初心者の方から上級者の方向けに、実際に手に取り、現場で実際に使ってみてのギアレポートをお届けします。

コールマン「ルミエールランタン」の使い方!キャンプの夜に癒しの炎を

コールマンから販売されている「ルミエールランタン」。オシャレな形状と癒しの炎で大人気の商品です。

今回は、ルミエールランタンの使い方やオシャレ度をアップさせる方法をお探しの方に向けて、詳しくご紹介します。また比較検討されることの多いスノーピーク製のノクターンと比べながら解説します。

コールマン「ルミエールランタン」ってどんなランタン?

撮影:ちゅぼ

ルミエールランタンはコールマンが販売する、簡単で手軽に使えるマントル不要のキャンドル風ガスランタンです。常に売り切れが続く大人気商品で、ローソクのようにゆらゆらと揺らめく炎にとても癒されます。アウトドアではおなじみのOD缶を使用するので、バーナーと一緒に使い回しができるのもポイントです。テーブルに置くだけでオシャレで癒される、贅沢な時間を過ごしましょう。

コールマン「ルミエールランタン」の使い方(点灯〜炎調節〜消灯〜ケア)

コールマン「ルミエールランタン」の使い方はとっても簡単です。ステップに分けて下記でご紹介します。

STEP1. 点灯

まずはケースからホヤを取り出して下部をOD缶にセットします。OD缶の差込口は規格で統一されているので、他メーカーのOD缶でも問題ありません。ホヤ(風よけのパーツ)の部分はガラスになっているので、取り扱いには十分注意しましょう。

チャッカマンを近づける前に、ルミエールランタン下部にあるダイヤルがマイナス側に閉まっているかを確認します。ガス栓が開いた状態で火を近づけると、”ボッ”と爆発するように火がつき、とても危険です。

次に着火です。ランタンの火力調整レバー(上記写真参照)を左にセットします。そして、レバーの右側の着火口にチャッカマンやライターの火を近づけ、裏側にあるネジをプラスの方にゆっくり回してください。そうすると、ホヤの中にチャッカマンの火が吸い込まれるように入っていきます。半分ほどネジを回すと、キャンドルを灯すように着火。これで完了です。

STEP2. 炎調節

火力の調整は火力調整レバーで行います。いきなり右側へスライドさせると勢いよく炎が立ち上るので注意しましょう。左から徐々に右側へスライドさせていき、お気に入りの炎の大きさになったらそこで止めます。

STEP3. 消灯

消灯も簡単でダイヤルを−側に回して、ガス栓を閉めることで炎は消えます。消えたあとはホヤをOD缶から外して終了です。消灯直後だとガラス管が熱いので、冷めるまで待ってから外しましょう。

STEP4. ケア

熱いままケースに入れてしまうと危険なので、冷えてからケースに収納しましょう。ホヤはガラスなので扱いには十分注意が必要です。また、OD缶に差し込むときにホヤを強く握ると、簡単に曲がったり割れてしまうのでご注意ください。

もし割れてしまっても交換パーツはありますが、ガラスグローブのみで3500円と比較的高価になります。持ち運びするときも揺れの少ない場所や、クッションになる物で挟むと安心です。

コールマンルミエールランタン三つの満足ポイント

マントル不要でガス缶のみでOK

ルミエールランタンの魅力は癒しの炎だけではありません。オイルランタンほどの手間もなく、OD缶のみの使用で点火できるので初心者キャンパーにも最適です。OD缶の容量で燃焼時間を調整できるのもポイントになるでしょう。

バーナーと一緒にOD缶が使えるので、余計な荷物が増えることもありません。冬場に使用する際は、通常のOD缶では火力が弱くなるので注意が必要です。各メーカーから販売されている、プロパンの含有量が多いハイパワータイプのOD缶を活用しましょう。

サイドのレバーでらくらく炎の調整

上記手順でもご紹介しましたが、火力はサイドのレバーで簡単に調節可能です。左にスライドさせると火が弱くなり、右側へスライドさせると火が強くなります。手が汚れることもなく、手間も全くかかりません。

とてもシンプルな構成なのでベテランキャンパーはもちろんのこと、キャンプ初心者も安心して使うことが出来ます。使用年月が経ってくると右側いっぱいにスライドさせても、火力調整が出来ない場合があります。そんな時は迷わずメーカーに修理の依頼をしましょう。

コスパ最強!250gガス缶で約28時間〜38時間使用可能

外気温によって異なりますが、250gガス缶で約28時間〜38時間使用可能なので一晩二晩は余裕で使用できます。およそ1時間あたり7gのガスしか使用しないので、ガソリン式のランタンなどと比べるとコスパ抜群でお財布にとても優しいランタンです。

そこまで長時間使わない場合は110gサイズのOD缶を使えば、さらにコンパクトになります。

ノクターンと比較

魅力溢れるルミエールランタンですが、ここからはよく比較検討されるスノーピークの「リトルランプノクターン」と比べてみました。

名前コールマン「ルミエールランタン」スノーピーク「ノクターン」
本体サイズ約7.3×6×18.3cm約4.2×4×10.5cm
重さ210g102g
ホヤの色茶色透明
燃焼時間約28~38時間(230g缶使用時)約35時間(220gガス缶使用時)

燃焼時間はほぼ変わりません。

大きな違いはデザインで、ルミエールランタンは上から下にかけて曲線を描く流動的なデザインです。ノクターンはシンプルな円柱型のデザインになります。

ルミエールランタンの方がサイズが大きく、重量もノクターンの102gに対して、ルミエールランタンは210gと倍の重量です。ホヤの色はノクターンが透明に対して、ルミエールランタンは薄い茶色っぽくなります。

関連記事一覧