自然のなかで


千葉県の房総半島の東側に位置する、いすみ市。
小さい頃から自然の姿はほとんど変わりません。
今もその風景があたりに広がっています。

当時は近所の友達と池でザリガニ釣りをしたり、
小さな森に基地を作ったり、
夏は近くの海に泳ぎに行ったり。

自然のなかで|「海と里山の房総いすみ市。暮らしに溶け込む身近な自然」の2枚目の画像


『自然に触れる』というのはアウトドア体験ではなく、
ごく日常の暮らしのなかにありました。

路上クルーズ

自然が豊富と言えども、
この地域には登山者が訪れるような雄大な山があるわけでも、
透き通るような清流や趣きある湖畔の景色があるわけでもありません。

ただこじんまりとした、
心地よく力の抜けた自然が一様に広がっているという感じです。

路上クルーズ|「海と里山の房総いすみ市。暮らしに溶け込む身近な自然」の2枚目の画像


このあたりの道路は渋滞とは無縁。
運転は自由な舵取りでクルージングをしているような感覚です。

路上クルーズ|「海と里山の房総いすみ市。暮らしに溶け込む身近な自然」の4枚目の画像


海沿いを離れて内陸に走り出せば、すぐにあたりは里山風景へと変わります。
遠くに雰囲気のいい広場や木立を見つけたら、
ちょっとそちらに舵を回して。
車を停めたら後ろのハッチを開けて腰かけると、
生き物の鳴き声や草木のそよぐ音が聞こえてきます。

まるで、どこかの孤島に来たみたいな気分ですよ。

路上クルーズ|「海と里山の房総いすみ市。暮らしに溶け込む身近な自然」の6枚目の画像

少し高いところから


房総と言えば海、です。

少し高いところから|「海と里山の房総いすみ市。暮らしに溶け込む身近な自然」の2枚目の画像


砂浜を歩くのも気持ちが良いのですが、
高台に立つ灯台からその風景を楽しむのもおすすめです。

少し高いところから|「海と里山の房総いすみ市。暮らしに溶け込む身近な自然」の4枚目の画像


断崖の先を眺めると、
彼方まで伸びる海岸線に、ミニチュアのように小さく寄せる波の様子が望めます。
それに、吸い込む空気に透明感がある気がして、爽快な気分になるんです。

少し高いところから|「海と里山の房総いすみ市。暮らしに溶け込む身近な自然」の6枚目の画像


夕暮れになると回り始める灯台の光は、
離れた場所からもよく見え、光の力強さに頼もしさを感じます。

借景(しゃっけい)


自然の色や香り、聞こえてくる音などから季節の移り変わりを感じていると、
行き慣れたお気に入りの場所は、段々と自分の庭のような感覚になってきます。

借景(しゃっけい)|「海と里山の房総いすみ市。暮らしに溶け込む身近な自然」の2枚目の画像


家の庭の外にある自然を、その庭の背景として取り入れる造園技法があるそうですが、
僕はそれに似た感覚で身近にある自然を楽しんでいる気がします。

ふらっとお気に入りの場所を訪れて、
そこの空気を吸う。
それが、僕の日常アウトドアの楽しみ方です。

借景(しゃっけい)|「海と里山の房総いすみ市。暮らしに溶け込む身近な自然」の4枚目の画像
この記事を書いた人

関田 裕明

年に1度はライフワークとして海外旅行に出発。 日頃は身の回りの自然を楽しみながら、こつこつと手工芸アクセサリーの制作活動をしています。

関連トピック

トピックから記事を探す

 次の記事へ 
関田 裕明

ときおりバックパッカー

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

もっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

New Posts

最新の記事

もっと見る

特集

特集・連載コンテンツ

もっと見る

トピック一覧

トピックから記事をさがす

もっと見る
▲TOPへ

ログイン

コメントを投稿するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

ログイン

コメントを通報するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

コメントを投稿

このコメントを通報する