カテゴリ: 体験レポート

大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)は、約1300年前に役小角によってひらかれた、奈良県吉野から和歌山県熊野までを結ぶ修験道の修行の道。熊野古道のなかでももっとも長く険しい参道でもあり、2004年に「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産登録されています。
登山客のファンも多い山域ですが、切り立った岩場やアップダウンも多く、比較的険しい山道が続きます。

女性は全てのルートを縦走できない!?

女性は全てのルートを縦走できない!?|「一度はやりたい古道ロングトレイル!女ふたりの大峯奥駈道縦走レポ(前編)」の1枚目の画像
女性は全てのルートを縦走できない!?|「一度はやりたい古道ロングトレイル!女ふたりの大峯奥駈道縦走レポ(前編)」の2枚目の画像

北側の山上ヶ岳には女人結界門があり、女性は立ち入れないため全てのルートを踏破することはできません。そのため、私たちはさらに南にある天川村の川合登山口から弥山(1,895m)へ登り、大峯奥駈道へ合流するルートをとることに。さらに十津川村の玉置神社までを、予備日を含め5泊6日で歩くことにしました。

1日目(川合登山口〜栃尾峠〜弥山小屋(冬期非難小屋))

1日目(川合登山口〜栃尾峠〜弥山小屋(冬期非難小屋))|「一度はやりたい古道ロングトレイル!女ふたりの大峯奥駈道縦走レポ(前編)」の1枚目の画像

天川村にある天河弁財天は、水と芸術の女神である弁財天を祀る神社。近辺にある民宿びわさんに前泊し、神社で行われる朝の神事に参加しました。
今日目指すのは、この神社の奥宮がある弥山。しっかりお参りをして、登山口へと向かいます。

1日目(川合登山口〜栃尾峠〜弥山小屋(冬期非難小屋))|「一度はやりたい古道ロングトレイル!女ふたりの大峯奥駈道縦走レポ(前編)」の3枚目の画像

川合登山口からは、さっそく急登が続きます。送電鉄塔や林道を経由するなど、栃尾辻まではまだまだ麓の気配を感じながらの山歩き。弥山小屋は冬期小屋のみの開放で水場がないため、十分な水を背負って登らなければなりません。
約20キロのザックが肩にのめりこむ…。これ、最後まで保つんでしょうか。

1日目(川合登山口〜栃尾峠〜弥山小屋(冬期非難小屋))|「一度はやりたい古道ロングトレイル!女ふたりの大峯奥駈道縦走レポ(前編)」の5枚目の画像

弥山川源流が流れる狼平。土壁のなかに、大きなつららもできていました。
12月は本来ならばもっと雪が積もっているはずですが、暖冬の影響でほとんどありません。それでも吐く息は白く、鼻がつんとします。

1日目(川合登山口〜栃尾峠〜弥山小屋(冬期非難小屋))|「一度はやりたい古道ロングトレイル!女ふたりの大峯奥駈道縦走レポ(前編)」の7枚目の画像

弥山山頂が近づくにつれ、夕陽が山肌を赤く染めていきます。まるで雄叫びを上げているかのように真っ赤に光って落ちていきました。手前に見えているのが、八経岳。

1日目(川合登山口〜栃尾峠〜弥山小屋(冬期非難小屋))|「一度はやりたい古道ロングトレイル!女ふたりの大峯奥駈道縦走レポ(前編)」の9枚目の画像

山頂付近の、立ち枯れ木のシルエット。山の東側は、龍のうろこのような雲海が広がっています。

1日目(川合登山口〜栃尾峠〜弥山小屋(冬期非難小屋))|「一度はやりたい古道ロングトレイル!女ふたりの大峯奥駈道縦走レポ(前編)」の11枚目の画像

日が落ちるちょうどその瞬間に、弥山山頂へ到着。とても不思議な心地がする場所で、唐突に「この空の向こうには宇宙があるんだな」なんてことを考えたりしました。
弥山小屋はここから5分もないところにあり、二階建ての立派な山小屋ですが、冬は非難小屋のみ開放されています。体が冷えきる前にお湯をわかし、湯気でいっぱいのラーメンをすすり、シュラフに潜った瞬間、眠りに落ちました。

2日目(弥山小屋〜八経岳〜釈迦岳〜深仙小屋)

2日目(弥山小屋〜八経岳〜釈迦岳〜深仙小屋)|「一度はやりたい古道ロングトレイル!女ふたりの大峯奥駈道縦走レポ(前編)」の1枚目の画像

小屋に吹き付ける風の音で目覚めると、外は濃厚な霧に覆われていました。弥山小屋前を通る大峯奥駈道へいよいよ合流します。
霧のなかのシラビソが、時折人の気配のように感じられてどきっとします。

2日目(弥山小屋〜八経岳〜釈迦岳〜深仙小屋)|「一度はやりたい古道ロングトレイル!女ふたりの大峯奥駈道縦走レポ(前編)」の3枚目の画像

八経岳をすぎ、トウヒやシラビソの原生林と苔むす森を通ります。尾根筋より西側は風がなく、森のなかは静かで妙に温かいくらいでした。
苔とざらめ雪を足もとに見ながら歩いていると、だんだんそれが抹茶アイスに見えてきてしまいます。(縦走って常におなかが減りますよね!)

2日目(弥山小屋〜八経岳〜釈迦岳〜深仙小屋)|「一度はやりたい古道ロングトレイル!女ふたりの大峯奥駈道縦走レポ(前編)」の5枚目の画像

大峯奥駈道には、靡(なびき)と呼ばれる75カ所の拝所があり、修験者はここでお祈りや修行をします。歩き進むほど風と雨が強くなり、目を開けるのもつらいほど。
登山のつもりが、だんだん修行の気分になってきました。

2日目(弥山小屋〜八経岳〜釈迦岳〜深仙小屋)|「一度はやりたい古道ロングトレイル!女ふたりの大峯奥駈道縦走レポ(前編)」の7枚目の画像

雨の日の岩場はつらい…。気を抜くと下から風に煽られてよろけそう。口数もなくなり、ひたすら神経を集中させる一方で、なぜか頭のなかを嵐の「A・RA・SHI」がエンドレス。
私を励ましてくれてるの? 松潤…。

2日目(弥山小屋〜八経岳〜釈迦岳〜深仙小屋)|「一度はやりたい古道ロングトレイル!女ふたりの大峯奥駈道縦走レポ(前編)」の9枚目の画像

さんざん風に殴られ、重たいザックを左右に揺さぶられながら、谷底に落ちる恐怖や疲れからくるイライラを振り払おうと、何度も声を荒げました。ホント、感情をどんどん体外に出さないとつらくて前に進めないんです!(笑)
やっとの思いで釈迦岳山頂についたときは、山頂に静かに佇むお釈迦様がなぜか夫に見えてしまい(仏顔なので)、ちょっと泣きそうになりました。

3日目(深仙小屋停滞)

3日目(深仙小屋停滞)|「一度はやりたい古道ロングトレイル!女ふたりの大峯奥駈道縦走レポ(前編)」の1枚目の画像

小屋のトタン屋根に強くふきつける雨の音に起こされ、戸をあけたとたん強烈な風が小屋に吹き込んでげんなり…。このまま稜線に出るのは危険なので、午後まで様子を見ることに。

3日目(深仙小屋停滞)|「一度はやりたい古道ロングトレイル!女ふたりの大峯奥駈道縦走レポ(前編)」の3枚目の画像

冬場に非難小屋を使うときは、テントを張るだけで寝るときの温かさが断然違います。カラフルなウエアやザックカバーを干すと、空間が華やぎますね。
昨日までの疲れもとれないし、先も長いし、いっそこのまま雨が降っててくれないかなあ。

3日目(深仙小屋停滞)|「一度はやりたい古道ロングトレイル!女ふたりの大峯奥駈道縦走レポ(前編)」の5枚目の画像

案の定(?)雨も風も強くなる一方なので、今日はリラックスデーに変更。お茶を湧かしながら読書をしたり、日記や絵を書いたり…。
山の上ではやることの選択肢が限られる分、集中力が高まるので何をやっても楽しいですね!

後半戦(深仙小屋から玉置神社まで)に続きます。まさかのUFOに遭遇!?

◆アクセス
天川村川合
近鉄下市口駅から奈良交通バス(洞川温泉または中庵住行)にて約1時間。前泊して天河弁財天へ参拝する場合は、天川村坪ノ内周辺での宿泊がおすすめ。


この記事を書いた人

弥山 ひかり

ライター。アウトドア誌、評論誌等で執筆。北アルプスの山小屋に勤務、のち3ヶ月かけて屋久島中のトレイルを練り歩く。最近は島登山にハマっています。

みんなのコメント

関連トピック

トピックから記事を探す

 次の記事へ 
弥山 ひかり

麓の神社で参拝してから、山頂を目指すのが好きです☆

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

人気ランキングをもっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

New Posts

最新の記事一覧

New Posts

特集

.HYAKKEIおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP

ログイン

コメントを投稿するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

ログイン

コメントを通報するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

コメントを投稿

このコメントを通報する