「子どもと楽しみに来た」と考えよう!

「子どもと楽しみに来た」と考えよう!|「もっと親子で楽しむために。子連れキャンプで押さえておきたい、4つのポイント」の1枚目の画像

子どもとキャンプへ出かける際は、アタマのどこかでついつい「子どもをキャンプに“連れて来た”」と、考えてしまいがちです。ですが、これを「子どもとキャンプを“一緒に楽しみに来た”」と考えてみてください。

すると子どもも「連れてきてもらった」ではなく、「キャンプをしに来た!」となって、積極的に楽しんでくれるはずです。

さらに、子ども用のデイパックやライト、食器などの“マイグッズ”を持たせてあげると、やる気や使命感がグンッとアップするはずです。

積極的にお手伝いをしてもらおう!

積極的にお手伝いをしてもらおう!|「もっと親子で楽しむために。子連れキャンプで押さえておきたい、4つのポイント」の1枚目の画像

料理の準備やサイト設営時は、大人にも余裕がないので、ついつい「ジャマしないで!」や「あっちで遊んでて!」、「危ないから向こうにいなさい!」などと、子どもを遠ざけてしまいがちです。

でも、危ないからといって遠ざけてしまうと、親の目の届かないところへ行ってしまい、かえって危険な場合も……。なので、目の届くところにいてもらうためにも、積極的にお手伝いをしてもらいましょう。

ただし、テーブルの組み立てやペグ打ちなど、ちょっと大変そうなお手伝いは、しっかり親がついてあげること。こうすることで、子どもたちも自分も参加している意識が強くなって、充実感も湧いてきます。

料理のお手伝いは、子ども用の道具を用意

料理のお手伝いは、子ども用の道具を用意|「もっと親子で楽しむために。子連れキャンプで押さえておきたい、4つのポイント」の1枚目の画像

子どもに料理を手伝ってもらうときは、子ども用包丁やピーラーを用意しましょう。大人用の道具ではハンドルが大きく、子どもの手にフィットせず危険です。それだけでなく、“マイグッズ”を持つ喜びも得られます。

使用する際は、親は絶対に目を離さないこと。体の小さい小学校低学年くらいであれば、ローチェア&ローテーブルを使うと、地面に足が届き安定するので作業しやすくなります。

小さな子どもは、ピクニックシートでロースタイル

小さな子どもは、ピクニックシートでロースタイル|「もっと親子で楽しむために。子連れキャンプで押さえておきたい、4つのポイント」の1枚目の画像

小さな子ども連れで楽しむ場合は、無理にテーブル&チェアを使ったスタイルでキャンプをするより、ローテーブル&ピクニックシートを使ったロースタイルがおすすめ。

子どもがチェアから落下したり、チェアが倒れてしまったりする危険もなくなります。さらに、眠くなってしまっても、その場ですぐにお昼寝させることもできて便利です。


こんなポイントを押さえておけば、ファミリーキャンプはもっと楽しくなるはず。BBQやデイキャンプでも、実践してみてください!

この記事を書いた人

牛島 義之

アウトドア雑誌の副編集長職を経て、フリーエディター&ライターとして独立。以降、アウトドアをはじめ、グッズ、クルマ、旅行、ペットなど、レジャー関連を中心に、さまざまなジャンルで執筆活動している。 ブログ/今日も明日も『ゆる~い生活』http://ussie.at.webry.info/

関連トピック

トピックから記事を探す

 次の記事へ 
牛島 義之

お気楽アウトドアライター

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

もっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

New Posts

最新の記事

もっと見る

特集

特集・連載コンテンツ

もっと見る

トピック一覧

トピックから記事をさがす

もっと見る
▲TOPへ

ログイン

コメントを投稿するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

ログイン

コメントを通報するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

コメントを投稿

このコメントを通報する