カテゴリ: 休日アウトドア

写真撮影がうまくなりたいなら……プロカメラマンに聞いてみよう!

「山に持って行けるようなカメラを購入したい」

「山登りの記念に素敵な写真を撮りたい」

「頂上から見る山々の素晴らしい稜線を写真に収めたい!!」

山や自然が好きな方なら、カメラや写真撮影についても気になりますよね。そこで今回は、プロカメラマンとして活躍されている高野晃輔さんに、以下のようなことを伺ってきました。

・カメラ選びのコツ
・レンズの選び方
・写真の撮り方


ちなみに……高野さんは、チベッ卜の未踏峰カント(7,055m)へ世界で初登頂するなど、山岳写真を数多く収めている“山のプロ”でもあります。
詳しいプロフィールはHP(http://www.k-takano.net/)にて。

今回は、東京都心からアクセスが良く、気軽に登山を楽しめる山として人気が高い「高尾山(599m)」に、高野さんと一緒に登ってきました。

写真撮影がうまくなりたいなら……プロカメラマンに聞いてみよう!|「【写真家・高野晃輔氏に聞く】山でのカメラの選び方や撮影方法のポイントって何?」の2枚目の画像
ライター松田(以下、松田):本日は高尾山のケーブルカーの駅(清滝駅)からスタートし、頂上へ登っていく過程で、自然の風景を撮影するポイントやカメラの選び方なども教えていただきたいと思います。
高野晃輔さん(以下、高野):高尾山は、ケーブルカーの線路では日本一の急勾配を登る路線です。車両の先頭はケーブルカーとしては珍しく窓が開いているので、そこから対向車線を走る車両や急勾配の坂の写真なども撮れますよ。
松田:高尾山に詳しいんですね!(さっそく撮影ポイントまで教えてくれるなんて……! なんか楽しい取材になりそう)
写真撮影がうまくなりたいなら……プロカメラマンに聞いてみよう!|「【写真家・高野晃輔氏に聞く】山でのカメラの選び方や撮影方法のポイントって何?」の6枚目の画像

登山時に必要なカメラ撮影用のアイテムって何?

松田:高尾山には6つほどコースがあります。薬王院など建造物の写真も撮りたいのですが、せっかくなので一番自然があるコースで撮影しましょう。
高野:では、三号路ですね。人工物が少ないので。
松田:さすが、山に詳しい!
高野:高尾山は昨年の5月に仕事の撮影があって、全コース登っているんですよ。

ところで、ちょっとスタートする前にバックを降ろしていいですか?
松田:もちろんです! ってスゴい重さですね。
高野:だいたい25キロくらいです。泊まりがけでテントを持って撮影に行く時はもっと重い荷物になり、14日間の撮影山行では45キロになったこともあります。
松田:!!!! いつもバックの中にはどんなカメラセットを持ち歩いているのですか?
高野:カメラ本体やレンズについては後で話すとして、登山には色々なアイテムを持って行きます。今回はカメラ初心者向けの紹介なので、全部は必要ありませんが、プロが何を持っているのか参考にしてみてください。

まずは、レンズを拭くクロスです。アウトドアでは、土ぼこりや水滴などですぐにレンズが汚れてしまうので、必ず持参しています。このクロス自体が濡れないように、ビニール袋に入れておくことも大切です。
松田:本当ですね。私のレンズは少し汚れがついていました。
登山時に必要なカメラ撮影用のアイテムって何?|「【写真家・高野晃輔氏に聞く】山でのカメラの選び方や撮影方法のポイントって何?」の10枚目の画像
高野:三脚は毎回持って行きますが、一般の方なら山には必要ないかもしれません。なるべく荷物を軽くしたいので、私も手持ちのものの中では一番軽い2.4kgのタイプを持って行きます。

あと忘れてはならないのが、防寒着ですね。山の天気は変わりやすいので、袋に入れてコンパクトになるタイプのダウン。そして、指先の感覚が大事になるので手袋は必須です。衣類に関わらず、アイテムは全部、小さい防水の袋に入れて小分けして保管しています。
登山時に必要なカメラ撮影用のアイテムって何?|「【写真家・高野晃輔氏に聞く】山でのカメラの選び方や撮影方法のポイントって何?」の12枚目の画像
登山時に必要なカメラ撮影用のアイテムって何?|「【写真家・高野晃輔氏に聞く】山でのカメラの選び方や撮影方法のポイントって何?」の13枚目の画像
高野:紫外線から守ってくれる帽子も大切ですが、前につばのあるタイプの帽子は、縦位置で撮影時に邪魔になるので控えた方がいいですね。つばが頭全体をぐるっと一周しているハットタイプは、つばが柔らかいので支障はないと思います。
松田:山では、バッテリーやメモリーカードの予備も重要かと思いますが、いかがでしょう?
高野:バッテリーは複数個持参し、1、2、3とナンバリングして順番に使っています。あと、それぞれにいつから使ったか分かるように、使用開始日を記載しています。バッテリーには寿命もありますからね。
登山時に必要なカメラ撮影用のアイテムって何?|「【写真家・高野晃輔氏に聞く】山でのカメラの選び方や撮影方法のポイントって何?」の17枚目の画像
高野:メモリーカードも何個か持って行きます。実はあまり知られていないのですが、メモリーカードも劣化するので、2ヶ月に1回は初期化してクリーンな状態にしています。もちろん、データは別に保管しておくことが大切です。
また、全ての容量を使わずに、1割ほど残して次のメモリーカードを使うようにもしています。一般の方であれば、32GB程度を使っていれば当分使えると思いますが念のためです。
松田:なるほど、色々ありますね!これも登る前に聞いておきたいのですが、山ではカメラは首からぶら下げて登った方が良いのでしょうか?決定的瞬間を逃さないためにも。
高野:首から下げると、ブランブランして次第に身体が疲れてきます。岩にレンズをぶつければ、もちろん故障のリスクもありますよね。
私の場合は、専用のケースに入れて首から下げているのですが、グラグラしないよう身体にも紐で固定しています。カメラが自分の身体の一部になるイメージですね。
登山時に必要なカメラ撮影用のアイテムって何?|「【写真家・高野晃輔氏に聞く】山でのカメラの選び方や撮影方法のポイントって何?」の21枚目の画像
松田:確かに、登山中はなるべく疲れないスタイルでカメラを持ちたかったので参考になります!

山道や山頂での撮影のポイントは……?

山道や山頂での撮影のポイントは……?|「【写真家・高野晃輔氏に聞く】山でのカメラの選び方や撮影方法のポイントって何?」の1枚目の画像
松田:自然の中では何を撮れば良いのでしょうか?
高野:「いいなぁ」と思える感性は、1人ひとり違うので正解はありません。強いて言えば、 自分が「いいなぁ」と思ったものを撮るのが正解です。

枯れている葉っぱに哀愁を感じたり、太陽の力強さだったり、雪山に魅力を感じる人もいるかもしれませんね。私は雪山が好きなんで(笑)

例えば、この小さな葉っぱも撮り方によっては、良い写真になると思います。
山道や山頂での撮影のポイントは……?|「【写真家・高野晃輔氏に聞く】山でのカメラの選び方や撮影方法のポイントって何?」の4枚目の画像

何気なく撮影した写真。何を訴求したいのか分かりづらい……

山道や山頂での撮影のポイントは……?|「【写真家・高野晃輔氏に聞く】山でのカメラの選び方や撮影方法のポイントって何?」の6枚目の画像

赤い葉っぱに寄ってみると、何を撮りたいかがはっきりしてくる。

山道や山頂での撮影のポイントは……?|「【写真家・高野晃輔氏に聞く】山でのカメラの選び方や撮影方法のポイントって何?」の8枚目の画像

「auto」設定ではなく「A」の絞り優先モードにして、前後をぼかしてみる。

※今回は初心者向けの記事なので、マニュアルの細かい設定までは紹介していません
※高野さん指導の下、松田が撮影

松田:これだけでも全然違いますね!赤い葉に強いメッセージを感じます。
高野:ほら、この太陽の木漏れ日感もいいですね。道を何気なく歩いているのではなく、感性を働かせて、自分が「いいなぁ」と思う瞬間を切り取って欲しいですね。
山道や山頂での撮影のポイントは……?|「【写真家・高野晃輔氏に聞く】山でのカメラの選び方や撮影方法のポイントって何?」の13枚目の画像
高野:よくバシャバシャ何枚も同じシーンを撮影する方がいますが、私の場合は必要以上に撮ることはなく、1枚に集中します。写真は「一瞬の瞬間芸」だとも思っています。
それに、山でバッテリーが無くなるリスクを減らすこともできます。

どんなカメラやレンズが良いの?

どんなカメラやレンズが良いの?|「【写真家・高野晃輔氏に聞く】山でのカメラの選び方や撮影方法のポイントって何?」の1枚目の画像
松田:読者の方で、これからカメラを買いたい方もいるかもしれません。どういったカメラやレンズを選べば良いのでしょうか?
高野:メーカーの好みや予算の問題、何を撮りたいかによっても変わってくるので難しい質問ですが、まずレンズ交換が可能な一眼レフやミラーレス一眼がおすすめです。

レンズは、最初は標準ズームレンズだけで満足できても、だんだんと「これが撮りたい!」という表現欲が出てきますからね。
まず、初心者のうちは遠いところを撮りたくなると思うので、標準ズームの次は望遠ズームレンズ、その次が単焦点レンズやワイドに撮れる広角ズームレンズ。そして、マクロレンズや魚眼レンズなども予算に応じて必要ですが、ここまで揃えるとお仕事になってしまいますね(笑)

例えば、標準ズームレンズだと焦点距離が24-105mmといった数値がレンズに記載されていると思います。70mmまでだと少し足りないもので、「24mmか28mm~100mmか105mm」までの標準ズームレンズがあれば、撮影表現の75%はカバーできるのです。

※焦点距離の短いレンズになるほど被写体が小さく写り、焦点距離の長い望遠レンズになるほど被写体が大きく写ります。
どんなカメラやレンズが良いの?|「【写真家・高野晃輔氏に聞く】山でのカメラの選び方や撮影方法のポイントって何?」の4枚目の画像
松田:山の撮影で必要な画素数はありますか?
高野:今、ある程度の価格の新しいカメラを買えば、2,000万画素くらい、iPhoneでも800万画素ある時代ですからね。ちょっと前は、プロでも1,200万画素くらいでポスターの撮影まで行っていたので、画素数にこだわるより、イメージセンサーのサイズにこだわって欲しいです。

「フルサイズ」と「APS-Cサイズ」という言葉は聞いたことがありますか?一般的に、フルサイズは予算面が高くなりますが、ボケ味や解像度が良く、大きなセンサーによって生み出される画質の美しさは山でも重宝します。

また、APS-Cサイズは比較的軽量で、軽快な撮影感やハンドリングのしやすさといったメリットがあるので、エントリーモデルとしておすすめです。

一部ミラーレス一眼カメラで、APS-Cをひとまわり小さくした「フォーサーズ」と呼ばれる大きさや、「1型・CXフォーマット」というサイズもあり、カメラ自体のサイズもコンパクトなので、目的に応じて選んでみてください。
松田:ほかに機能面ではどうでしょうか?
高野:アウトドアなので、防塵防滴機能はあった方がもちろん良いですね。霧や雨に機械は弱いので、もし機能として備わっていない場合は、防水バックに入れるなど保管をしっかりしてください。

あとは、手振れ補正機能はあった方が便利ですが、価格も上がりますし、自然の中では機械の機能に頼り過ぎないことも大事です。プロのカメラマンとしては、手振れ機能を使わずにぶらさないで撮る姿勢などは、常に意識して撮影しています。

まとめ 〜 登山撮影の心得 〜

日が沈んでしまったので、場所を移して取材のまとめ。電車に乗って約1時間で……新宿の居酒屋へ。高尾山は都心から本当にアクセスが良いですね。

まとめ 〜 登山撮影の心得 〜|「【写真家・高野晃輔氏に聞く】山でのカメラの選び方や撮影方法のポイントって何?」の2枚目の画像
松田:本日はお疲れさまでした!高野さんは本当に山に詳しいですね。
高野:祖父がカメラ好きで、小学二年生の時からカメラを持ってモノクロで撮っていました。中学生から一眼レフになり、テントを張ってキャンプをするなど。その頃から自然が大好きで、大学時代には山岳部に所属していました。

1990年にプロ写真家として活動をはじめ、雑誌や広告の写真撮影を開始すると同時に、山岳写真家としても活動していました。
松田:中学校の時からテントでキャンプってスゴいですね!今後も山の写真は撮っていくのでしょうか?
高野:これからの季節、冬山の撮影などをしたいですね。写真家は写真で人を幸福にすることが仕事だと思っているので、魅力的な写真をこれからも撮影していきたいです。
松田:最後に聞きたかったのですが、山を撮る時に一番大切なことは何でしょうか?ロケーションだったり、撮影技術だったり、良いカメラを持つことだったり……
高野:まず、山にたくさん行くことですね。テクニックやセオリーは色々ありますが、自分の心の動きに素直になることが一番大切だと思います。実際に山に行くことで、その感性は磨かれると思いますよ。
松田:山を楽しむことが、まずは大事。本当ですね!
高野:自然が相手なので、固定概念を捨てて素直に撮影してみると、とっておきの1枚が撮れるかもしれませんね。

取材・撮影 / 松田 然

この記事を書いた人

松田 然

ライティングカンパニー合同会社スゴモン代表 兼 ライター。旅をしながら仕事をするライフスタイルを取り入れ、自転車で日本の47都道府県を走破。起業・フリーランス・上場企業・海外と様々な働き方を経験し、これからのライフスタイルのヒントを発信中。 【Blog】http://moyulog.com/

みんなのコメント

関連トピック

トピックから記事を探す

 次の記事へ 
松田 然

働きながら旅をするTravelWorker‬(トラベルワーカー)

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

人気ランキングをもっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

New Posts

最新の記事一覧

新着記事をもっと見る

特集

.HYAKKEIおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP

ログイン

コメントを投稿するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

ログイン

コメントを通報するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

コメントを投稿

このコメントを通報する