“Twenty Dollar View (20ドル札の風景) “ 

“Twenty Dollar View (20ドル札の風景) “ |「『遥かカナダ(彼方)を "身近なカナダ" に』誰もが虜にされる理由」の1枚目の画像

「ラーチバレー&センチネルパス」へのコースは、カナディアンロッキー屈指の景勝地、「モレーンレイク」から始まります。まずは、展望台へ上がってみましょう。湖面そのものも美しすぎるほど美しいのですが、「テンピークス」と呼ばれる秀峰の連なりを併せた景観は、かつて、カナダ20ドル札にも描かれていた絶景。えも言われぬほどの壮大さと美しさは、見るもの誰もが虜にされてしまいます。僕のゲストさんたちからも、「いつまでも居れますよね」、 「壁紙にしてます」、「ずーっと憧れてました。」、「滞在中、何度も来たいと思わせてくれます」 などの声が上がります。

“Twenty Dollar View (20ドル札の風景) “ |「『遥かカナダ(彼方)を "身近なカナダ" に』誰もが虜にされる理由」の3枚目の画像
“Twenty Dollar View (20ドル札の風景) “ |「『遥かカナダ(彼方)を "身近なカナダ" に』誰もが虜にされる理由」の4枚目の画像

圧巻のテンピークス

トレッキングコースに入ると、最初の1時間くらいは少し勾配のある登りですが、とても歩きやすいことに驚くはず。トレッキングやハイキングなど、山歩きの経験がまるでない人でも、ペース配分さえ工夫すれば、無難に登っていくのを何度も目にしてきました。「日本にもこんな歩きやすいコースがあったら、僕らも山歩きにもっとハマってましたよ」 とは、あるゲストさんからの言葉。カナダの登山道がいかに未経験者向けに考えられているかが容易に伝わりますよね。

“Twenty Dollar View (20ドル札の風景) “ |「『遥かカナダ(彼方)を "身近なカナダ" に』誰もが虜にされる理由」の7枚目の画像

開放感のある森からは何度も視界が広がり、モレーンレイクや氷河を見ることができます。湿度は皆無で、空気がとても爽やか。それだけでも、快適な登りを味わえます。そして、樹林帯を終えると圧巻のテンピークスやその他の岩肌が続々と姿を現わしてくれるのです。

“Twenty Dollar View (20ドル札の風景) “ |「『遥かカナダ(彼方)を "身近なカナダ" に』誰もが虜にされる理由」の9枚目の画像

夏はもちろん、たくさんの花々が彩りを添え、秋には眩しい黄葉と青空。9月でもフライング気味の降雪も珍しくはないので、新雪が加味されるコントラストは予想外の美しさに驚くこと間違いなしです。

“Twenty Dollar View (20ドル札の風景) “ |「『遥かカナダ(彼方)を "身近なカナダ" に』誰もが虜にされる理由」の11枚目の画像
“Twenty Dollar View (20ドル札の風景) “ |「『遥かカナダ(彼方)を "身近なカナダ" に』誰もが虜にされる理由」の12枚目の画像
“Twenty Dollar View (20ドル札の風景) “ |「『遥かカナダ(彼方)を "身近なカナダ" に』誰もが虜にされる理由」の13枚目の画像

その後は絶叫と感動の連続で疲れなどまるで感じません。「風光明媚」 「山紫水明」 「嵐影湖光」 「山清水秀」 どんな言葉をもってしても、興奮した自分の気持ちを表現できず、歯痒い思いでいっぱい。だから、シンプルな表現で叫ぶしかありません。

“Twenty Dollar View (20ドル札の風景) “ |「『遥かカナダ(彼方)を "身近なカナダ" に』誰もが虜にされる理由」の15枚目の画像

以下は、カナディアンロッキーのトレッキング中に、叫んでしまう感嘆詞ベスト3。
1位:スッゴーイ!!
2位:マジですごい!
3位:すごすぎてヤバーい!!

山登りのド素人、完全初心者の私でも立てた!

山登りのド素人、完全初心者の私でも立てた!|「『遥かカナダ(彼方)を "身近なカナダ" に』誰もが虜にされる理由」の1枚目の画像

天候や残雪などの条件がクリアできれば、最終的に「センチネルパス」という稜線を目指します。40分くらいの急登ですが、おもしろいように目線が上がっていくことを実感しながら、次々に沸き起こる感動と興奮の後押しにも助けられ、あっという間にヤッタネ!の終点です。心ゆくまで達成感を味わってください。

山登りのド素人、完全初心者の私でも立てた!|「『遥かカナダ(彼方)を "身近なカナダ" に』誰もが虜にされる理由」の3枚目の画像

装備面の必須項目もありますが、遠足気分のハイキングからトレッキング程度のレベルで、登山級の大絶景を目に出来るのが、カナダの山歩き。経験や体力などは不足していても心配無用です。

「山登りのド素人なのに、こんなとこまで登れるんですねー!」 実際に、日本でのトレッキング経験ゼロの女性が、終点で叫んでくれた言葉です。にわかには想像し難いでしょうが、参加してくれたゲストが実際に口にした、リアルな感想なのですから間違いないと思いませんか?

山登りのド素人、完全初心者の私でも立てた!|「『遥かカナダ(彼方)を "身近なカナダ" に』誰もが虜にされる理由」の5枚目の画像
山登りのド素人、完全初心者の私でも立てた!|「『遥かカナダ(彼方)を "身近なカナダ" に』誰もが虜にされる理由」の6枚目の画像

このコースでトレッキングを無難に楽しめる期間は非常に短く、目安は7月上旬~9月下旬。わずか3ヶ月ですが、見どころは絶えず変化して、どの時期でも魅力が尽きることはありません。だからこそ、地元の人も含めてたくさんの人が魅了されているのだと思います。人気のコースですが、周辺に棲むグリズリー(野生のクマ)の行動範囲が広いため、シーズン中のほとんどは4人以上での入山が義務付けられています。Webサイトなどから最新の情報を入手することをお忘れなく。

この記事を書いた人

田中 康一

カナダはロッキー山脈の麓に在住。 日本から参加の皆さんを、笑顔と感動で満載にするトレッキングガイドをしています。 北海道旭川市出身。 楽しいブログを書いてます→ http://ilovewintergreen.hatenablog.com/

関連トピック

トピックから記事を探す

 次の記事へ 
田中 康一

カナディアンロッキーが大好きな人でいっぱいにしたい。

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

もっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

New Posts

最新の記事

もっと見る

特集

特集・連載コンテンツ

もっと見る

トピック一覧

トピックから記事をさがす

もっと見る
▲TOPへ

ログイン

コメントを投稿するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

ログイン

コメントを通報するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

コメントを投稿

このコメントを通報する