2015年12月に第2弾も開催!さらにグレードアップしたグランピングはコチラからチェック!

グランピングだから、キャンプの意識ゼロの服装で向かう編集部

前回、CIRCUS OUTDOORの団長に取材させて頂いた際に、
「手ぶらでOKです」のようなことを仰っていたので今回着替え以外は本当に手ぶらで参戦しました。
アウトドアなのに着替え以外は手ぶら、しかも着ている服も完全なる普段着。なんとも言えない不安に駆られながら待ち合わせ場所のJR橋本駅へ。

そして、編集部4名で車に乗り込み、目的地へ向かいます。

山の中の森、小さな案内板から未知のグランピング体験は始まった

山の中の森、小さな案内板から未知のグランピング体験は始まった|「【実録】CIRCUS OUTDOORのグランピングを体験したら、本当にゴージャス過ぎた」の1枚目の画像

山梨県の山の中に位置する道志。
多くのキャンプ場があるこのエリアで、舞台は椿荘オートキャンプ場。
その案内板を頼りに車を走らせ森に誘導されると、CIRCUS OUTDOORが仕掛ける今回のグランピングイベント『GENERALPROBE』の案内が。

山の中の森、小さな案内板から未知のグランピング体験は始まった|「【実録】CIRCUS OUTDOORのグランピングを体験したら、本当にゴージャス過ぎた」の3枚目の画像

車を駐車して少し歩くと、見えてきた受付テント。

山の中の森、小さな案内板から未知のグランピング体験は始まった|「【実録】CIRCUS OUTDOORのグランピングを体験したら、本当にゴージャス過ぎた」の5枚目の画像

出迎えてくれたのは、お揃いのイベントTシャツがお似合いの爽やかメンズたち。

山の中の森、小さな案内板から未知のグランピング体験は始まった|「【実録】CIRCUS OUTDOORのグランピングを体験したら、本当にゴージャス過ぎた」の7枚目の画像
山の中の森、小さな案内板から未知のグランピング体験は始まった|「【実録】CIRCUS OUTDOORのグランピングを体験したら、本当にゴージャス過ぎた」の8枚目の画像

受付に飾られているグッズの時点で既にオシャレであり、どこかゴージャスな雰囲気。
これがグランピングの序章なのか?・・・益々自分たちのテントへの期待感が増してきます。

山の中の森、小さな案内板から未知のグランピング体験は始まった|「【実録】CIRCUS OUTDOORのグランピングを体験したら、本当にゴージャス過ぎた」の10枚目の画像

簡単な手続きと案内を終え、受付からふと目を横に向けるとテントの外観が。
背の高い木々に囲まれて、いよいよ自分たちのグランピングがスタートします。
ここから編集部が目の当たりにした、そのゴージャスさをご紹介してきます。

【スゴさその1】テント自体が広い、そして内装が豪華過ぎる!

なんといってもこのグランピングの最大の魅力はテント。
全てのテントを撮影できませんでしたが、案内されたゴージャステントたちをご紹介。
その驚きの内装を是非ご覧ください。

インテリアブランド『INOUT」が手掛けるテントが、もはや家

【スゴさその1】テント自体が広い、そして内装が豪華過ぎる!|「【実録】CIRCUS OUTDOORのグランピングを体験したら、本当にゴージャス過ぎた」の3枚目の画像

皆さん、勘違いしないでくださいね。これはテントの中です。
キャンプギアなんて見当たりません、これがCIRCUS OUTDOORの仕掛けるグランピングなのです。
インドアでもアウトドアでも活用できる家具を展開するINOUTらしい居住空間ですね。

世界のBoConceptが生み出したクッション天国が、エキゾチックな魅力に溢れてる

【スゴさその1】テント自体が広い、そして内装が豪華過ぎる!|「【実録】CIRCUS OUTDOORのグランピングを体験したら、本当にゴージャス過ぎた」の6枚目の画像

世界中に展開しているBoConceptが手掛けるこのテントは、そこら中に柔らかそうなクッションが。
置いてあるソファもラグも豪華な色合いと素材感で、ずっと横になっていたい空間です。これもグランピングのひとつの形。

ZERO FIRST DESIGNによる快眠空間は自分の家よりもよく眠れるかも?

【スゴさその1】テント自体が広い、そして内装が豪華過ぎる!|「【実録】CIRCUS OUTDOORのグランピングを体験したら、本当にゴージャス過ぎた」の9枚目の画像

様々なブランドの珠玉の家具をセレクトし作り上げられた快眠グランピング空間。
なんといっても、テントの中に正真正銘のベッドが2つも置かれていることに驚きを隠せませんでした。

スタイリスト平さんによる至極のテントは暮らしたいレベル

【スゴさその1】テント自体が広い、そして内装が豪華過ぎる!|「【実録】CIRCUS OUTDOORのグランピングを体験したら、本当にゴージャス過ぎた」の12枚目の画像

こちらが編集部が宿泊した、スタイリスト平さんプロデュースのテント。今回のグランピングにおける最高級のものです。
凝った小物が散りばめられており、手前と奥には室内で使うことを考えて作られたというハンモックも。
全体的に視点を低くしたインテリアでただでさえ広いテント内を、より広く感じさせてくれます。
生活に必要なものはほとんど揃ってるんじゃないか?というくらいなので、このまま暮らしたいです。

【スゴさその2】おもてなし溢れるサービスが僕らを有頂天にさせる

主役のテントだけで十分ゴージャスなわけですが、他にもあります、嬉しいサービスの数々。
私たちは今回の中で最もグレードの高いスイートクラス【Royal Griffin】を利用したので、
グランピングとして提供される全サービスを体験できました。

テントに着いたらウェルカムドリンク、モエシャンをオシャレおつまみと共に

専用ラウンジでレアなエナジードリンク『28 BLACK』他アルコールなど飲み放題

オシャレなアメニティと香りの選べるフレグランスが提供される

テントに着いてからの連続したおもてなしには驚きました。
次々に提供されるサービスで既に心は満たされることになります。

【スゴさその3】アウトドア感を失わないレクリエーション&食事

ここまで見ると「これってアウトドアなのか?」と思われる方もいるかもしれません。
ご安心ください、しっかりと自然を楽しめ、アウトドアの醍醐味も堪能できるポイントもあります。
それがCIRCUS OUTDOORのグランピングのこだわり。

森の中に隠された宝を探すアドベンチャーが用意されている

【スゴさその3】アウトドア感を失わないレクリエーション&食事|「【実録】CIRCUS OUTDOORのグランピングを体験したら、本当にゴージャス過ぎた」の3枚目の画像

この幻想的な森の中で宝探しゲームが用意されています。
ヒントは地図に示されていますが、これがなかなか難解で前日に訪れた方々は一組も解くことができなかったそうです。
幸いにも編集部はその謎を解き明かすことができ、景品をゲットすることができました。

豪快&本格さがまさにアウトドアな料理たち

料理はいずれもアウトドアらしく豪快で、素材の味そのものを楽しめるようなものばかり。
基本的には決まったメニューが提供されますが、アラカルトで追加注文できるのも嬉しいところです。

日が落ち切ったら、ログキャンドルでキャンプファイヤー!

夏とはいえ、山の中でのキャンプのため夜はそこそこ冷えます。
そうした中でこのログキャンドルによるキャンプファイヤーは見た目も美しく、冷えた身体をあたためてくれました。
焚き火といえばキャンプの定番でもあるので、それをこんなシャレた形で体現するとはさすがグランピング。

参加者皆で楽しむ屋外ナイトシネマで、グランピングの非日常感は頂点に

本来であればラウンジでナイトシネマが上映される予定だったのですが、雨という生憎の天気で中止に。
屋外の森の中で観る映画なんて滅多に体験できない貴重な経験だと思います。

【スゴさその4】さすが”サーカス”!夜こそ本領発揮をする美しき異空間

【スゴさその4】さすが”サーカス”!夜こそ本領発揮をする美しき異空間|「【実録】CIRCUS OUTDOORのグランピングを体験したら、本当にゴージャス過ぎた」の1枚目の画像

まさにそれぞれのテントでサーカスが開かれているような光景。
日が落ちるとただでさえ幻想的な空間が、よりその深み増し始め、森の音と共にポツポツと灯るライトに心洗われます。

写真だけでは伝わらない!あなたも是非グランピング体験を

写真だけでは伝わらない!あなたも是非グランピング体験を|「【実録】CIRCUS OUTDOORのグランピングを体験したら、本当にゴージャス過ぎた」の1枚目の画像

いかがでしたか?

今回は天気に恵まれなかったですが、雨の中でも楽しめたのが今回のグランピングの凄さだと感じます。

そして、これを見てもらえれば分かる通り、普段アウトドアやキャンプに一切かかわりのない方でも間違いなく楽しめるCIRCUS OUTDOORのグランピング。今後もその活動を広げていくそうなので、是非自分の身でこの非日常空間を、そして自然と触れ合う時間を体験してみてませんか。


*CIRCUS OUTDOOR
http://www.circusoutdoor.com/
info.circusoutdoor@gmail.com





文:.HYAKKEI編集部 /写真:黒木武浩(黒木写真事務所)

この記事を書いた人

.HYAKKEI編集長 羽田裕明

気になったスポットや情報は足を運んで体験・取材し皆様にお届けします。こんなコンテンツが欲しいなどのご要望やご意見、お待ちしておりますのでお気軽にお問い合わせください!

関連トピック

トピックから記事を探す

 次の記事へ 
.HYAKKEI編集長 羽田裕明

LIFE WITH NATURE!

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

もっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

New Posts

最新の記事

もっと見る

特集

特集・連載コンテンツ

もっと見る

トピック一覧

トピックから記事をさがす

もっと見る
▲TOPへ

ログイン

コメントを投稿するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

ログイン

コメントを通報するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

コメントを投稿

このコメントを通報する