02 雪の森 〜野川かさね エッセイ〜

雪の森を歩く。

時おり頭の上のほうで聞こえるのは
ホシガラスの鳴き声。
ガァーガァーと大きな声が響く。

ブラブラと歩いては立ち止まり、シャッターを切る。
撮り終えて歩きだすが、
また気になるものを見つけて立ち止まる。
少し歩いては、写真を撮り、また歩く。
その繰り返し。

シラビソやコメツガなどの常緑樹の葉の緑が
雪で覆われて、まだらに見え隠れする。
雪は葉っぱに沿うように積もるものもあれば、
積もる面を持たない細い葉には
団子のように丸くなってくっついている。
そのどれもが違う形を作っていて、
見ていて飽きない。

そして、また歩みをとめる。

今日の目的地は登山口から
2時間ほどの山小屋。
今はその半分の道のりを過ぎたところ。

関連記事一覧