前泊するにはもったいない距離の山ってありますよね?
できれば日帰りで行きたいものです。

しかしこれからのシーズン、陽が短くなり、山選びの選択肢もグッと狭くなります。
自分ルールですが、夏場は16時、冬場は15時に下山するようにコース設定していると尚更です。

そこで今回、オススメするのが都心からギリギリ日帰りできる武尊山(群馬県)。

車だと都心から登山口まで約3時間30分。
この時点で運転手は疲れますので、前日の睡眠は十分とりましょう。
コースタイムは往復約7時間30分。
渋滞などで到着が遅れた場合は、コースタイムが長いので無理して登らず、観光して帰りましょう。焦って登っても良いことは、ひとつもないです。

武尊山は近くの谷川岳に人気を取られ、まだまだマイナーな山ですが日本百名山のひとつです。

人気がない分、クマザサも元気よく育っています。
植物を肌で感じたい人は良いですが、敏感肌の人はロングスリーブかソフトシェルを着たほうが草木を触ったときの痒みを防げます。
場所によっては人を隠してしまう高さまであるので、道迷いの原因にもなりかねません。

また水捌けが悪い箇所が多いので、ハイカットでないと大変なことになります。

山頂からは谷川連峰も見え、山の由来にもなっているヤマトタケルノミコトの像が建っています。
心霊現象的なものが苦手な私は、銅像や石碑を撮影しないようにしています…。見返したさいに、何かが写っていると嫌なので…。

タイムスケジュールをしっかり組んで、紅葉シーズンに訪れたい山のひとつにいれてみてはいかがでしょうか。

(ルート)
武尊スキー場駐車場~武尊避難小屋~中ノ岳分岐~武尊山山頂(沖武尊)~中ノ岳分岐~武尊避難小屋~武尊スキー場駐車場


(アクセス方法)
(マイカー)
関越自動車道沼田ICから約45分。国道120号線を北上
(公共交通機関)
JR上越線沼田駅からタクシーで約60分
猪野 正哉

Live for today.

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

もっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

New Posts

最新の記事

もっと見る

特集

特集・連載コンテンツ

もっと見る

トピック一覧

トピックから記事をさがす

もっと見る
この記事を書いた人

猪野 正哉

アウトドアライター。千葉県にあるアウトドアスペース「たき火ヴィレッジ〈いの〉」も運営・管理する。現在はイベントや撮影場所提供のみ。一般開放できるよう、日々、開墾中。また焚き火マイスターとしても活動している。

関連トピック

トピックから記事を探す

▲TOPへ