下呂市といえば日本三名泉に数えられる温泉地「下呂温泉」の印象が強いですよね。そもそも日本三名泉とは、徳川家康から四代に渡って江戸の将軍に仕えた林羅山(はやし・らざん)という儒学者によって数えられた温泉のこと。ほかのふたつは、兵庫県の有馬温泉、群馬県の草津温泉です。

しかし、温泉地には“山”がつきもの。やはり下呂にもありました、素晴らしい名低山が。その名も簗谷山(やなたにやま)。木曽御嶽の雄姿が眩しい大展望の頂まで、片道2時間ほどの登山です。

飛騨金山の森キャンプ場の奥から、簗谷林道の突き当りまで進むと、車6~7台のスペースと簡易トイレが備わる駐車場があります。ここからは「南尾根ルート」と「ブナの木ルート」に分かれます。ぼくは、登りを「南尾根ルート」で、下りを「ブナの木ルート」で歩きました。

南尾根ルートは、最初の登りはちょっと頑張る道。ここで高度を稼ぐ分、後半は気持ちのよい尾根歩き。踏み固められた道はわかりやすく、落葉が進んだ明るいブナの道をぐんぐん登ります。

途中、「小鹿の涙」と呼ばれる小さな滝に出合います。静かに流れる水の音が心地よく、すぐ傍らには、日本の山の神・大山祇神が祀られています。

鹿の多いこの山中で、猟師が犬を連れてここに鹿を追いこんで仕留めたのだそう。親を失った子鹿がここで涙を流したことから、そう呼ばれているようです。

やがて、標高1213mの簗谷山に到達。山頂はススキに囲まれながらも、大きな展望があります。地元のハイカーも歓声を上げるほどの素晴らしい眺め。

しかし、それ以上の絶景が待っているのが「岳美岩」。その名のごとく、周囲の山々を従えるかのように聳える木曽御嶽があまりに美しい。切れ落ちた絶壁の下に目を向けると、果てしない山並みが続いていいて、まるで海原のよう。しばらくは言葉もなく、ただただ眺めるばかり。

下山は「ブナの木ルート」へ。しばらくは明るいブナ林を歩きます。

やがて、陽射しの届かない谷道となり、沢伝いに下りていきます。道が不明瞭なところもありますが、慌てずに踏み跡とテープを目印に進みましょう。

紅葉が賑やかな山中は、歩くだけで抜群の気持ちよさ。木曽御嶽の美しさ、彩り鮮やかなブナの山道が、下山後もしばらく瞼に焼き付いています。

温泉だけではない、自然景観の宝庫、下呂市。低山歩きも楽しい地域です。

簗谷山(やなたにやま)

所在地:
岐阜県下呂市金山町弓掛

駐車場:
簗谷林道の駐車場

施設設備:
簗谷林道の駐車場に簡易トイレ

WEBサイト
http://www2.city.gero.lg.jp/HP/mori/kairou/10yanatani.pdf
http://www.gero-navi.jp/spot_244.html
この記事を書いた人

大内 征

その土地に伝わる歴史や文化といった物語を辿りながら山旅を楽しむ「文脈登山」を提唱。日本各地の魅力を低山に探究し、多様な山の楽しみ方や新しい登山スタイルを発信している。NHKラジオ深夜便レギュラー、自由大学教授。.HYAKKEIオフィシャルパートナー。

関連トピック

トピックから記事を探す

 次の記事へ 
大内 征

低山トラベラーです(時々こっそり高山にいます)

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

もっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

New Posts

最新の記事

もっと見る

特集

特集・連載コンテンツ

もっと見る

トピック一覧

トピックから記事をさがす

もっと見る
▲TOPへ

ログイン

コメントを投稿するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

ログイン

コメントを通報するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

コメントを投稿

このコメントを通報する