日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の神話に彩られた標高497mの山頂は、毎年1月後半~2月半ばにかけて蝋梅(ろうばい)の黄色に染まります。麓の宝登山神社と関係深いこの山は、展望よし、木花よし、歴史に文化もよし、加えて近隣は温泉にも恵まれた、まさに“宝”の山。 蝋梅は間もなく満開を迎えますよ!

まずは野上駅から登山口まで。人里の美しさに感激!

まずは野上駅から登山口まで。人里の美しさに感激!|「オオカミとヤマトタケルの“低くて深イイ”山、宝登山|『文系登山』をはじめよう!#08 」の1枚目の画像
まずは野上駅から登山口まで。人里の美しさに感激!|「オオカミとヤマトタケルの“低くて深イイ”山、宝登山|『文系登山』をはじめよう!#08 」の2枚目の画像

野上駅から宝登山を経由して、長瀞駅へ向かうのが一般的なコースです。たとえば桜の季節になると、さっそく駅で大きな桜が出迎えてくれます。
万福寺から登山口に入るまでの道中、どちらの民家も木花の手入れが行き届いていて、ここを歩いているだけで気分が高まっていきます。
地元の方々の美意識が感じられて、すてきな町だなあと感激。とはいえ、ここはふつうに“町中”ですから、マナーを守って通らせてもらいましょう。

まずは野上駅から登山口まで。人里の美しさに感激!|「オオカミとヤマトタケルの“低くて深イイ”山、宝登山|『文系登山』をはじめよう!#08 」の4枚目の画像
まずは野上駅から登山口まで。人里の美しさに感激!|「オオカミとヤマトタケルの“低くて深イイ”山、宝登山|『文系登山』をはじめよう!#08 」の5枚目の画像
まずは野上駅から登山口まで。人里の美しさに感激!|「オオカミとヤマトタケルの“低くて深イイ”山、宝登山|『文系登山』をはじめよう!#08 」の6枚目の画像

宝登山を主峰とするこの一帯の山の連なりを「長瀞アルプス」と呼びます。その入口の目印は万福寺。標識もしっかりしているので、道に迷うことはありません。
ここからおよそ2時間、のんびり山歩きのスタートです。

歩きやすく、気持ちのいい山道がつづく

歩きやすく、気持ちのいい山道がつづく|「オオカミとヤマトタケルの“低くて深イイ”山、宝登山|『文系登山』をはじめよう!#08 」の1枚目の画像
歩きやすく、気持ちのいい山道がつづく|「オオカミとヤマトタケルの“低くて深イイ”山、宝登山|『文系登山』をはじめよう!#08 」の2枚目の画像
歩きやすく、気持ちのいい山道がつづく|「オオカミとヤマトタケルの“低くて深イイ”山、宝登山|『文系登山』をはじめよう!#08 」の3枚目の画像

しっかり踏み固められた山道が続く長瀞アルプス。野上駅から宝登山に至る山道には落葉する木々が多く、冬場なら太陽の陽射しが地面まで照らす明るい山歩きになります。少しずつ芽吹いてくる春の道は黄緑色に輝きはじめ、梅や桜が見どころ。そして新緑の季節になれば、若々しいグリーンに包まれる爽やかな山歩きが待っています。

季節が変化するたびに美しさを変える宝登山。登山上級者も多く訪れる山で、その意味では、低山だからといって初心者だけの山ではない“実力”のある山であることがわかります。

とにかく絶景の山頂が待っている!

とにかく絶景の山頂が待っている!|「オオカミとヤマトタケルの“低くて深イイ”山、宝登山|『文系登山』をはじめよう!#08 」の1枚目の画像

麓の街並みの重なりが、次第に山々の折り重なりへと変化していく様子が手に取るようで、低い山ならではの眺めが楽しめる宝登山。標高は497mと高くはありませんが、周辺を取り囲む山々を眺められる絶好のロケーションです。
のんびり山ゴハンでランチを楽しむハイカーもいれば、蝋梅を見学に訪れるレジャー客もたくさんいるため、シーズンを通して広い山頂はとても賑わいます。

とにかく絶景の山頂が待っている!|「オオカミとヤマトタケルの“低くて深イイ”山、宝登山|『文系登山』をはじめよう!#08 」の3枚目の画像

ひときわ大きい三角形の山は「武甲山(ぶこうさん)」。標高1304mの日本二百名山で、ヤマトタケルの伝承や山岳信仰が色濃く残っており、秩父三社のひとつである秩父神社の神体山でもあります。石灰岩の採掘で崩落が進み、山の形がずいぶん変わってしまいました。かつての名山としての山容は、残念ながらもう目にすることはできません。ちょっと悲しい運命にある山ではありますが、秩父のシンボルであることには変わりありません。

とにかく絶景の山頂が待っている!|「オオカミとヤマトタケルの“低くて深イイ”山、宝登山|『文系登山』をはじめよう!#08 」の5枚目の画像

そして遠くには、ノコギリのような横に大きな山が。突き抜けて個性的な佇まいは、日本百名山の「両神山(りょうかみさん)」です。標高1723mの山中・山麓には、狛犬ならぬ狛オオカミがいる社が点在する山岳信仰の山。山名の由来は、国産み・神産みを果たしたイザナギとイザナミの両方の神を祀るから等、いくつかの説があります。個人的にとても好きな山の一座です。

これからのシーズンは、こんな大展望を黄色に染まった山頂から眺められるわけですね。

蝋梅の黄色に染まる、初春の宝登山山頂

蝋梅の黄色に染まる、初春の宝登山山頂|「オオカミとヤマトタケルの“低くて深イイ”山、宝登山|『文系登山』をはじめよう!#08 」の1枚目の画像
蝋梅の黄色に染まる、初春の宝登山山頂|「オオカミとヤマトタケルの“低くて深イイ”山、宝登山|『文系登山』をはじめよう!#08 」の2枚目の画像

冬晴れの真っ青な空に、真っ黄色の蝋梅が輝くように山頂を染める様子は圧巻です。視線の先には、先に述べた秩父の街並み、山並み、武甲山や両神山の大展望。関東屈指の蝋梅の群生は、一見の価値あり、です。

蝋梅の黄色に染まる、初春の宝登山山頂|「オオカミとヤマトタケルの“低くて深イイ”山、宝登山|『文系登山』をはじめよう!#08 」の4枚目の画像

うっかり蝋梅のシーズンを過ぎてしまっても、すぐさま梅と桜が追いかけてきます。これから春に向けた宝登山は、とてもいいですよ。

山頂にある宝登山神社の「奥宮」をお詣り

山頂にある宝登山神社の「奥宮」をお詣り|「オオカミとヤマトタケルの“低くて深イイ”山、宝登山|『文系登山』をはじめよう!#08 」の1枚目の画像
山頂にある宝登山神社の「奥宮」をお詣り|「オオカミとヤマトタケルの“低くて深イイ”山、宝登山|『文系登山』をはじめよう!#08 」の2枚目の画像

宝登山に伝わるヤマトタケルの物語は、文系登山にふさわしいエピソードです。この山を通った際に山火事に遭遇したヤマトタケルは、大きな山犬(オオカミ)たちに救われます。このオオカミたちを「山の神」の御遣いだろうと感謝したヤマトタケルは、山頂に神々を祀りました。ここから宝登山の物語が始まるわけです。

山頂にある宝登山神社の「奥宮」をお詣り|「オオカミとヤマトタケルの“低くて深イイ”山、宝登山|『文系登山』をはじめよう!#08 」の4枚目の画像
山頂にある宝登山神社の「奥宮」をお詣り|「オオカミとヤマトタケルの“低くて深イイ”山、宝登山|『文系登山』をはじめよう!#08 」の5枚目の画像

奥宮にいる狛オオカミは、秩父一帯に見られます。両神山でも触れましたが、秩父といえば、やはり三峯神社でしょう。オオカミの遠宮もある聖地中の聖地です。東京都青梅市の「御岳山(みたけさん)」もまた、オオカミが神(大口真神)として山頂に君臨しています。

ちなみに、山の神とは、大山祇神(オオヤマツミノカミ)のこと。日本のあちこちの山に鎮まっていますが、関東なら神奈川県伊勢原市の「大山(おおやま)」が有名。こうして紐解いていくと、ひとつの山が、日本各地の山々に繋がっていくのがわかります。
知識の点が、自分の登山経験で線になっていく。文系登山の醍醐味です。

山頂にある宝登山神社の「奥宮」をお詣り|「オオカミとヤマトタケルの“低くて深イイ”山、宝登山|『文系登山』をはじめよう!#08 」の7枚目の画像
山頂にある宝登山神社の「奥宮」をお詣り|「オオカミとヤマトタケルの“低くて深イイ”山、宝登山|『文系登山』をはじめよう!#08 」の8枚目の画像

そうそう、蝋梅を見学に訪れるレジャー客もたくさんいる、と言いましたが、それは長瀞駅側からロープウェイが出ているから。ゆえに、帰りはロープウェイでさくっと下山し、浮いた時間で麓にある「宝登山神社」に立ち寄るのがオススメ。こちらは本宮で、先に述べた「秩父神社」と「三峯神社」とともに秩父三社に数えられています。ちなみに、こちらにいるのは“狛犬”です。ややこしいですが。

山頂にある宝登山神社の「奥宮」をお詣り|「オオカミとヤマトタケルの“低くて深イイ”山、宝登山|『文系登山』をはじめよう!#08 」の10枚目の画像

宝登山神社から長瀞駅までの参道沿いには、かき氷の名店にカフェ、お土産屋さんも多数あり、夏場は長瀞渓谷ライン下りも楽しめます。あ、ちなみにこの渓谷の川は東京湾に注ぐ「荒川(あらかわ)」。日本最大の川幅をもつこの川の源流は、日本百名山の「甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)」です。甲州(山梨県)、武州(埼玉県)、信州(長野県)の3県にまたがるから、甲武信。

こんな風に、秩父の素晴らしい自然資源と文化資源、歴史教養といった山の宝物に溢れる、深イイ宝登山。この春“宝の登山”はいかがでしょう?

この記事を書いた人

大内 征

その土地に伝わる歴史や文化といった物語を辿りながら山旅を楽しむ「文脈登山」を提唱。日本各地の魅力を低山に探究し、多様な山の楽しみ方や新しい登山スタイルを発信している。NHKラジオ深夜便レギュラー、自由大学教授。.HYAKKEIオフィシャルパートナー。

関連トピック

トピックから記事を探す

 次の記事へ 
大内 征

低山トラベラーです(時々こっそり高山にいます)

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

もっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

New Posts

最新の記事

もっと見る

特集

特集・連載コンテンツ

もっと見る

トピック一覧

トピックから記事をさがす

もっと見る
▲TOPへ

ログイン

コメントを投稿するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

ログイン

コメントを通報するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

コメントを投稿

このコメントを通報する