• キャンプ道具・ギア
  • キャンプ道具・ギアの記事一覧です。キャンプ道具は種類が多すぎてどれを選べば良いのかわからない!すでに一通り持っているけど、自分だけのこだわりアイテムが欲しい!そんな初心者の方から上級者の方向けに、実際に手に取り、現場で実際に使ってみてのギアレポートをお届けします。

即日完売!お手頃価格のハイランダー オイルランプを徹底レビュー!

かつて航海で使われたと言う「ネルソンランプ」、そして炭鉱夫が使ったと言われる「マイナー(miner)ランプ」、それぞれをモチーフにしたインド製のオイルランプが2020年11月に、『Hilander(ハイランダー)』から登場しました。

キャンプサイト映え、写真映え抜群のオイルランタンの使い方とレビューをご紹介します。

コスパ抜群!骨董品も顔負けのアンティークデザイン。

今回のランプの特徴は何と言っても、このアンティークなルックス!弊社でも、箱から取り出した瞬間に、”おしゃれー!”と歓声の声があがりました。

欧米に比べて輸入コストの比較的安いインドに着眼し、本体の使用素材やデザインを厳選したことで一般的な”ネルソンランプ”、”マイナーランプ”と呼ばれるものに比べて、販売価格を大幅に抑えています。

出典:Naturum

とのことで、Naturumさんの企業努力でこの低価格が実現!

それぞれ、6980円(ネルソンランプ)と4950円(マイナーズランプ)。本場の骨董品を購入するとなると8000円〜2万円以上するので、お手頃価格で手に入るというのは大きなメリットだと思います。

ちなみにHilander は、キャンパーのみなさまにはお馴染みの方も多い、オンラインショップ Naturum(ナチュラム)のオリジナルブランドです。

【アンティーク ネルソンランプ】を使ってみた!

それでは早速、ハイランダーのネルソンランプから使い方をご紹介します。使い方はとっても簡単です。

ネルソンランプは、ブラス(真鍮)を使用した素材で出来ているそうです。

まずはランタンの蓋を開けて、ランプにオイルを入れましょう。最初どうやって開けるのか(それっぽいパーツが複数あり)少し迷ったのですが、写真にあるフックを外すと、蓋が ぱかっ と開きます。

本体からランプを取り出します。ランプは、写真のように金具芯とボトルの二つに分かれており、芯の横から出ているネジを回すことで、芯の長さを調整可能です。

ボトルに燃料を入れていきます。今回はススが出づらいパラフィンオイルを使用しました。

着火します。ろうそくのように、静かに灯すことが出来ました。

ガスやガソリンランタンだと、着火の瞬間に”ボッ”と爆発するので、かなりドッキリしますが、オイルランタンだと安心ですね!

ポイント:芯の長さによって火の大きさが変化します。芯が出ているほど炎が大きく明るくなりますが、ススも発生します。ススが発生すると、ランタンのガラス部分が汚れてしまい結果的に暗くなってしまうので、ススが発生しないギリギリの長さ(1〜2mm)に調整することがポイントです。

着火したランプを、ランタン本体の中に入れます。風が強い日は、写真のように直接火を着けても良いかと思います。

この日は外の気温が寒くガラス部分が曇ってしまいました。ゆらゆら揺れる炎の明かりが優しく周囲を照らし、チルな空間を創ってくれます。

【マイナーズランプ】を使ってみた!

次は、マイナーズランプの使い方をご紹介!

マイナーズランプは、カンブリアンランプとも呼ばれています。ジブリの名作「天空の城ラピュタ」の中で、パズーが使っているランタンと同じです。

先ほどのネルソンランプに比べて、一回りコンパクトなアルミボディーの「マイナーズランプ」。しっかりした素材で出来ており、小さくてもずっしりとした重さがあります。シルバーのボディーにブロンズカラーのロゴが、可愛らしいですね。

マイナーズランプの本体をねじると、底のボトルが外れます。

先ほどのネルソンランプとは違い、こちらは芯を調整するネジがないため、芯を指で引っ張って調整します。

ボトルの穴はかなり小さめですが、ファネル(じょうご)か注ぎ口があれば特に問題はありません。

オイルを注いで蓋をしたら着火します。写真は、芯を出しすぎて大きく炎が燃えてしまっています…。これで7mm程ですが、もっと短く(1-2mm)て大丈夫です。

最後に本体を被せて完了です。

実際の使い心地をレビュー!

使い方はとっても簡単なオイルランタン。それぞれの使い心地をレビューします。

ネルソンランプの使い心地

メリット

  • アンティークな見た目の可愛さは抜群です。
  • ガラスについたススの掃除がしやすい。
  • 炎の大きさの調整が簡単(ねじ式)
  • 構造上、風に強い。火が消えない。
  • お手頃価格!本場の骨董品だと2.5万円以上。

デメリット

  • サイズが大きいので、ややかさばる。(でも軽いからOK?)
  • 炎の強さを調整するのに、中のランプを都度出し入れする煩わしさがある。
  • ブラス(真鍮)製で柔らかいため、強い圧には弱い。

マイナーズランプの使い心地

出展:naturam

メリット

  • なんといってもコンパクト!荷物が多くなりがちなキャンプで、雰囲気作りアイテムの携帯性は重要ですよね。
  • ご覧の通り、見た目のおしゃれレベルはかなり高め!
  • 頑丈なボディ
  • お手頃価格!本場の骨董品だと8000円〜2万円以上。

デメリット

  • 炎の強さ調整に、直接芯を触る必要があるので、一度火をつけると調整しづらい。手も汚れる。
  • ガラスについたスス汚れが取りづらい。下の小さな穴から割り箸を突っ込んで拭き取りました。
  • 蓋の傘の下にススが溜まるため、本体を下から持つと手にススが落ちてくる。
  • 空気が入りにくい構造なのか、なぜか15分程で火が消えがちでした…

お手入れ方法

筆者撮影

パラフィンオイルは純度が高いため、そこまでスス汚れは出ませんが、灯油を使うと上記写真のように、すぐにススが発生します。

ティッシュ等で擦れば簡単に取れますが、マイナーズランプの場合はガラスの中に手が届きません。ちぎれにくいキッチンペーパーを割り箸で押し込んで、お手入れしました。

まとめ

お手頃価格のアンティーク ネルソンランプとマイナーズランプ。

LEDランタンより手間がかかりますが、その手間暇かけてギアを愛でるのもキャンプの楽しみの一つ。ほんのり揺らめく炎を眺めながら、チルな夜を過ごしてみてはいかがでしょうか。

燃料もホームセンターやガソリンスタンド等で手に入るので、おしゃれキャンプを楽しみたい方は要チェックです!

アイテム専門通販ナチュラムでは、ランプ以外にも20万点以上のフィッシング・アウトドアグッズが販売されています。ぜひ、覗いてみてください^^

アウトドア専門通販 ナチュラム

今回ご紹介した商品はこちら

▼ランタン

ハイランダー ネルソンランプ
ハイランダー マイナーズランプ
※ ネルソンランプは販売即日で完売!次回の入荷は2021年4月予定とのこと。大人気ですね!

▼パラフィンオイル
キャンライト カラーリング ランプオイル 1L クリア

撮影:全国出張フォトグラファー 小村賢吾

関連記事一覧