カテゴリ: アウトドアギア

てぬぐい

てぬぐい|「軽量!速乾!万能!な「てぬぐい」|目から鱗の『一石山鳥』な道具 #04」の1枚目の画像

去年、開業した時にオープニングノベルティとして「てぬぐい」を配りました。

「てぬぐい」を選んだのは『一石山鳥』なお店を作ろうとした時、このコンセプトを象徴する道具はなんだろうと考えて最初にパッと思い浮かんだものだったからです。

登山を通して「てぬぐい」を使い始めるまで、汗を拭くといえばタオルでした。
タオルは汗をガンガン吸ってくれるし、なんというか、あの優しい肌触りが好きです。
だけど「てぬぐい」を使い始めてからは、その万能さにタオルの上位互換になってしまいました(僕の中で)

てぬぐい|「軽量!速乾!万能!な「てぬぐい」|目から鱗の『一石山鳥』な道具 #04」の3枚目の画像

ちなみに風が強い日に写真を撮る時は、よく「てぬぐい」をかかげます。
写真を見返した時に、風のことも思い出せるからです。

てぬぐい|「軽量!速乾!万能!な「てぬぐい」|目から鱗の『一石山鳥』な道具 #04」の5枚目の画像

風、好きっす。

さて、そんな「てぬぐい」はどのように一石山鳥なのか?

アウトドア:サポートアイテムとしても

吸い過ぎない良さ

アウトドア:サポートアイテムとしても|「軽量!速乾!万能!な「てぬぐい」|目から鱗の『一石山鳥』な道具 #04」の2枚目の画像

登山の時は首にかけることが多いです。
汗を拭くのはもちろん、夏などの暑い時期は水場や沢で濡らして清涼感を楽しむのですが、水を吸い過ぎないので乾きやすいのが嬉しい。

「てぬぐい」の端が縫われていないのは、水はけを良くして乾きやすくするためでもあるそうです。

遮る

アウトドア:サポートアイテムとしても|「軽量!速乾!万能!な「てぬぐい」|目から鱗の『一石山鳥』な道具 #04」の5枚目の画像

日差しが強い時、稜線などの日を遮るものが無い場所では帽子と頭の間に「てぬぐい」を挟めて日よけとしても使えます。

掴む、つまむ

アウトドア:サポートアイテムとしても|「軽量!速乾!万能!な「てぬぐい」|目から鱗の『一石山鳥』な道具 #04」の8枚目の画像

バーナーの調整つまみやクッカーなどは使っているとものすごく熱くなり、素手で触れないこともあります。

アウトドアの服は化学繊維のを使ったものが多く、熱に弱いこともあります。
そのため、化学繊維のアウトドアの服越しに熱いものを触るよりも何回か折った綿の「てぬぐい」をミトン代わりにした方が手にも服にも優しいです。

普段使い:携帯性の良い道具

ハンカチよりも大きく

普段使い:携帯性の良い道具|「軽量!速乾!万能!な「てぬぐい」|目から鱗の『一石山鳥』な道具 #04」の2枚目の画像

薄くて軽いのでコンパクトになり、ハンカチ代わりとして使うことができます。
立秋は一ヶ月以上前に過ぎ、秋分の日はもう間近。
なのに汗ばむ日はもう少し続きそうです。

一般的なハンカチよりも面積の大きな「てぬぐい」で汗をガッと拭きたくなることもあります。

普段使い:携帯性の良い道具|「軽量!速乾!万能!な「てぬぐい」|目から鱗の『一石山鳥』な道具 #04」の4枚目の画像

汗だけじゃなくて涙もたっぷり拭えます。

風呂敷よりも小さく

普段使い:携帯性の良い道具|「軽量!速乾!万能!な「てぬぐい」|目から鱗の『一石山鳥』な道具 #04」の7枚目の画像

「てぬぐい」も折り紙のように「折り方」があります。
その折り方の中に「キセル入れ」があり、それがとても重宝します。

普段使い:携帯性の良い道具|「軽量!速乾!万能!な「てぬぐい」|目から鱗の『一石山鳥』な道具 #04」の9枚目の画像

お弁当などのカトラリー入れとしても便利。

風呂敷よりも小さいので、ちょっとしたものを包むのにお勧めです。

イザという時:応急処置に使える

固定など

イザという時:応急処置に使える|「軽量!速乾!万能!な「てぬぐい」|目から鱗の『一石山鳥』な道具 #04」の2枚目の画像
イザという時:応急処置に使える|「軽量!速乾!万能!な「てぬぐい」|目から鱗の『一石山鳥』な道具 #04」の3枚目の画像

骨折などをした時に添え木を固定するのに使えます。
裂傷をした時は止血にも使えます。
粉塵が舞っていればマスクとしても使えます。

もちろん「てぬぐい」じゃなくてもロープやベルトやタイツなどでも固定することはできます。
でも、山や街がいつイザという場になるか分かりません。
そんな時に常に持っている「てぬぐい」の汎用性は心強いです。

やわらげる

イザという時:応急処置に使える|「軽量!速乾!万能!な「てぬぐい」|目から鱗の『一石山鳥』な道具 #04」の6枚目の画像

避難先の体育館。
停電している部屋。

ライトはとても重要な道具。
ところが、明かりが強すぎると眩しいことがあります。

その場に慣れたら安全第一な範囲で、ほんの少し明かりをやわらげるだけで自分の目にも周りにも優しい環境が作れます。

最後に

最後に|「軽量!速乾!万能!な「てぬぐい」|目から鱗の『一石山鳥』な道具 #04」の1枚目の画像

おろしたての「てぬぐい」の端は、よくほつれます。
でも数回使っていくと、だんだん落ち着いていきます。

これを「育てる」と言うのが合っているか分かりませんが、自分が使いやすい落ち着いた状態に育っていく「てぬぐい」はなんとも愛着のある道具になります。

僕は、そんな「てぬぐい」が大好きです。

一石山鳥とは

一石山鳥とは|「軽量!速乾!万能!な「てぬぐい」|目から鱗の『一石山鳥』な道具 #04」の1枚目の画像

イッセキサンチョウ。
アウトドア、普段使い、イザという時。この三つのシーンから見た一石三鳥な道具を、仙台にあるインドア&アウトドア雑貨店ENstyleの川村峻介が紹介する連載コーナー。

アウトドアを絡めて紹介していくので、一石三鳥の三を山としました。

この記事を書いた人

川村峻介

雑貨店を開業しようと準備をしていた時に2011年の震災に遭い、見ず知らずの人たちと共同生活をすることに。 その時に「アウトドア道具があれば良かった」と強く感じ、アウトドア道具を普段から使う生活を提案する雑貨店を開業することを決意し、2015年の9月に仙台市で「ENstyle(エンスタイル)」をオープン。

【WEBサイトはこちらです!】
enstyle.net

【Facebook、毎日更新中!】
facebook.com/enstyle.sendai

みんなのコメント

関連トピック

トピックから記事を探す

 次の記事へ 
川村峻介

仙台市でインドア&アウトドア雑貨店「ENstyle」やってます。 Facebook、毎日更新中!

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

人気ランキングをもっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

New Posts

最新の記事一覧

New Posts

特集

.HYAKKEIおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP

ログイン

コメントを投稿するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

ログイン

コメントを通報するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

コメントを投稿

このコメントを通報する