遊び感覚で楽しめる「おやつクッキング」はオススメ

遊び感覚で楽しめる「おやつクッキング」はオススメ|「雨が降っても子どもを飽きさせない!「雨の日キャンプ」の過ごし方」の1枚目の画像

雨の日キャンプでいちばんのオススメは「おやつクッキング」です。子どもが大好きなおやつを食べるだけでなく、それを一から作ってしまおうというのですから、子どものテンションも上がります。

なかでもオススメしたいのが「あんパン作り」です。粉をこねるところから始めれば、粘土遊びのような楽しさ、生地が発酵すると膨らむという驚き、生地であんこを包むチャレンジなど、いろんな要素が入っているので飽きることがありません。

もちろん、最後にできたてのあんパンが食べられるのですから、こんなに楽しい“遊び”はありません! けっこう時間も潰せますし……(笑)

出かける前にあらかじめ、強力粉、砂糖、塩の量を量って密閉容器に入れて持っていけば、キャンプ場で分量を量る手間が省けるので楽に作れます。

遊び感覚で楽しめる「おやつクッキング」はオススメ|「雨が降っても子どもを飽きさせない!「雨の日キャンプ」の過ごし方」の3枚目の画像

包み方がちょっと不細工なのもご愛敬です。

遊び感覚で楽しめる「おやつクッキング」はオススメ|「雨が降っても子どもを飽きさせない!「雨の日キャンプ」の過ごし方」の5枚目の画像

そして、できあがりが焦げてしまうのも、これまたご愛敬! ちなみに失敗の原因は、浅型のダッチオーブンで焼いてしまったこと。生地が膨らんで、フタに付いてしまいました。

ところ変われば「カードゲーム」も楽しい!

ところ変われば「カードゲーム」も楽しい!|「雨が降っても子どもを飽きさせない!「雨の日キャンプ」の過ごし方」の1枚目の画像

テントの中でやる「カードゲーム」も、けっこう楽しい遊びです。普段のキャンプでは、外で遊び回っていることが多いので、昼間からテントに入って遊ぶのも、子どもにとって新鮮なようです。

タープの下で遊んでもいいのですが、ひとつ注意したいのが雨でカードを濡らすこと。濡れたテーブルに置いたり、地面に落としたりしてしまうとカードが濡れてしまいます。紙製のカードだと、ふやけてダメになってしまいます。

ですので、カードはプラスチック製のものを準備していきましょう。これなら濡れても安心です。

ところ変われば「カードゲーム」も楽しい!|「雨が降っても子どもを飽きさせない!「雨の日キャンプ」の過ごし方」の3枚目の画像

ちなみに、UNOにも防水タイプの「UNO H2O」というモデルがあります。トランプだけでは飽きてしまいそうなら、こちらもどうぞ。濡れても全然気になりません!

100均グッズで「簡単クラフト」に挑戦!

100均グッズで「簡単クラフト」に挑戦!|「雨が降っても子どもを飽きさせない!「雨の日キャンプ」の過ごし方」の1枚目の画像

自然の素材を活かした「クラフト」も、簡単にできて楽しいです。100円ショップでフォトフレームやコルクボードなどを購入しておけば、あとは素材を貼り付けるだけでOKです。

100均グッズで「簡単クラフト」に挑戦!|「雨が降っても子どもを飽きさせない!「雨の日キャンプ」の過ごし方」の3枚目の画像

素材の貼り付けには、木工用ボンドを使いました。電源サイトの場合は、グルーガンで付けるのもいいでしょう。すぐに固まるので、乾かす必要がありません。

100均グッズで「簡単クラフト」に挑戦!|「雨が降っても子どもを飽きさせない!「雨の日キャンプ」の過ごし方」の5枚目の画像

ちなみに今回は、4歳ムスメがフォトフレーム、8歳ムスコがブリキフレームにデコレーションしました。ブリキフレームに付いている小枝には、マグネットが埋め込まれています。これでメモを貼り付けられるようになっています。

雨ならではの自然観察を「カッパ探検」で

雨ならではの自然観察を「カッパ探検」で|「雨が降っても子どもを飽きさせない!「雨の日キャンプ」の過ごし方」の1枚目の画像

雨降りでもジッとしていられないという子には、雨のなかカッパを着て出かける「カッパ探検」でしょう! 雨のなかを散歩するのは、意外と楽しいものです。

雨の日には花を閉じてしまう野草があったり、快晴では姿を見せないアマガエルが現れたりと、雨の日ならではの自然観察も楽しめます。

雨ならではの自然観察を「カッパ探検」で|「雨が降っても子どもを飽きさせない!「雨の日キャンプ」の過ごし方」の3枚目の画像

今回は、テントのベンチレーターにアマガエルが雨宿りをしているのを発見しました。撤収前に気がついてよかった……(笑)

ただ、雨の日は長靴で歩くことが多くなると思いますので、足元が滑りやすくなります。ぬかるんだ地面や木の根、倒木の上などは歩かないようにしましょう。


キャンプで雨が降っても、いろんな楽しみ方ができるんです。さすがに雨の日キャンプが好きになる、とまでは言いませんが、今までほどイヤにはならないと思いますよ!


*撮影協力
千葉県・有野実苑オートキャンプ場

この記事を書いた人

牛島 義之

アウトドア雑誌の副編集長職を経て、フリーエディター&ライターとして独立。以降、アウトドアをはじめ、グッズ、クルマ、旅行、ペットなど、レジャー関連を中心に、さまざまなジャンルで執筆活動している。 ブログ/今日も明日も『ゆる~い生活』http://ussie.at.webry.info/

関連トピック

トピックから記事を探す

 次の記事へ 
牛島 義之

お気楽アウトドアライター

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

もっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

New Posts

最新の記事

もっと見る

特集

特集・連載コンテンツ

もっと見る

トピック一覧

トピックから記事をさがす

もっと見る
▲TOPへ

ログイン

コメントを投稿するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

ログイン

コメントを通報するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

コメントを投稿

このコメントを通報する