夏は子どもたちと外で遊んだりお出かけしたりする機会が一気に増える時期ですよね。近所の公園で遊んだり、じゃぶじゃぶ池であそんだり、ハイキングしたり、はたまたキャンプに行ったり・・・。

そんな外遊びで心配なのがケガ。子どもは飛んだりはねたりするのが仕事なので、ケガをしやすいんです。

そこで、いつも持ち歩きたい救急ポーチの紹介です。大体100均と薬局で揃えられるので、キャンプ当日でも揃えられるくらいお手軽ですよ。

自然でも目立つ蛍光ポーチに入れよう

自然でも目立つ蛍光ポーチに入れよう|「子供の外遊びのケガ対策に! 100均&薬局で手軽に揃えられる救急ポーチ」の1枚目の画像

すべての道具を入れるポーチは、自然界には無い色を選びましょう。理由は、一発で見つかるからです。アウトドアだからといって迷彩のポーチを選ぶと、いざポーチを探す際にとても時間がかかります。パッと見渡して見つかる。そんな色がいいですよ。

自然でも目立つ蛍光ポーチに入れよう|「子供の外遊びのケガ対策に! 100均&薬局で手軽に揃えられる救急ポーチ」の3枚目の画像

それでは中身を見てみましょう。ざっとこんな感じ。全部で10アイテムです。

定番のばんそうこう、消毒綿

定番のばんそうこう、消毒綿|「子供の外遊びのケガ対策に! 100均&薬局で手軽に揃えられる救急ポーチ」の1枚目の画像

一番頻繁に起きるちょっとしたケガ、擦り傷や切り傷対策です。


・アルコール消毒綿
・滅菌ソフトガーゼ
・ばんそうこう


恐らく一番多く使うのではないでしょうか。

皮膚を保護し、乾燥を防ぐ

皮膚を保護し、乾燥を防ぐ|「子供の外遊びのケガ対策に! 100均&薬局で手軽に揃えられる救急ポーチ」の1枚目の画像

続いて塗り薬です。


・ユースキン
・白色ワセリン
・キンカン


擦り傷やケガをした際は、消毒した後にワセリンを塗っておくと保湿と皮膚の保護の応急処置に役立ちます。

外で長い時間遊んでいると、唇が乾燥しますよね。ワセリンはそんなときにも使えるので、重宝します。

キャンプの時に虫さされでかゆみが出て眠れないってこと、ありますよね。大人も我慢できないけれど、子どもはもっと我慢できません。ということで塗り薬は大切。おなじみのキンカンも含めて持っておきましょう。

包帯、ハサミは持っておくと安心

包帯、ハサミは持っておくと安心|「子供の外遊びのケガ対策に! 100均&薬局で手軽に揃えられる救急ポーチ」の1枚目の画像

・包帯
・ピンセット・ハサミセット
・サージカルテープ


あると安心な包帯。これを止めるテープとハサミです。

ハサミセットは100均で売っています。まとまっているのは便利ですよね。ピンセットでトゲを抜いたり、応急処置時に邪魔な爪を切るのに爪切りも便利ですよ。

包帯、ハサミは持っておくと安心|「子供の外遊びのケガ対策に! 100均&薬局で手軽に揃えられる救急ポーチ」の3枚目の画像

そして、カミソリ。ハサミでは切りにくい布を切るのに役立ち、ケガをしたところの周りの服を切ったりする際に便利です。

包帯、ハサミは持っておくと安心|「子供の外遊びのケガ対策に! 100均&薬局で手軽に揃えられる救急ポーチ」の5枚目の画像

ケガをしないことが一番ですが、コンパクトにまとまる救急ポーチを常備し、思いっきり自然を楽しみましょう!

この記事を書いた人

橋本 憲太郎

キャンプが好きな旅するフリーライター。 ライフワークは旅先での温泉と神社めぐり。最近交互浴を覚えました。 ブログはこちら→はしもとん | 「伝える力」で誰かを幸せに。埼玉在住 フリーライター 橋本憲太郎のブログ

関連トピック

トピックから記事を探す

 次の記事へ 
橋本 憲太郎

埼玉を拠点に、日本全国・世界の百景を届けます。

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

もっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

New Posts

最新の記事

もっと見る

特集

特集・連載コンテンツ

もっと見る

トピック一覧

トピックから記事をさがす

もっと見る
▲TOPへ

ログイン

コメントを投稿するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

ログイン

コメントを通報するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

コメントを投稿

このコメントを通報する