カテゴリ: 体験レポート

苗場山は山頂部の大パノラマが魅力的。晴れていれば妙高山や北アルプス、運が良ければ富士山や日本海に浮かぶ佐渡島まで見渡せます。夕陽も、星空も、朝陽もしっかり拝めるオイシイ立地なうえ、山小屋が山頂付近にある点もポイント。空中散歩を楽しむためにも、一泊でのんびり過ごしたい山です。
前回までは、<<苗場山登山 田代ロープウエイ〜苗場山山頂までのコース>>をご紹介してきました。今回は基本的な小屋泊Q&Aも交えながら、苗場山の様子をお伝えします。

受付は早めに済ませよう

2,145mの山頂に着いたらさっそく休憩…の前に、まずは山小屋にて受付を済ませましょう。苗場山山頂からほんの1分のところにある、本日宿泊予定の山小屋「苗場山自然体験交流センター」へ。

受付は早めに済ませよう|「【山小屋泊初心者の方必見】知っておきたい山小屋泊Q&A!〜苗場山で黄金の朝陽を見る2日目〜」の2枚目の画像

受付時は、名前や住所を書き、料金を支払います。山小屋はほぼ現金会計なので、事前に小銭なども揃えておきましょう。

Q.予約はどうするの?
A.山小屋に宿泊する場合は、前もって電話等で予約するのが基本です。最近ではメール予約が可能なところも。タイミングは早いにこしたことはないですが、筆者の場合は、山行計画をたて、天候条件が揃い、決行が決まった時点で連絡するようにしています。

Q.受付は早いほうが良い?
A.小屋や混雑状況にもよりますが、寝床は受付した順で振り分けられていく、もしくは自分で指定できる場合のいずれかのケースがほとんど。到着したらすぐに受付を済ませましょう。
受付は早めに済ませよう|「【山小屋泊初心者の方必見】知っておきたい山小屋泊Q&A!〜苗場山で黄金の朝陽を見る2日目〜」の5枚目の画像

登山靴は、汚れをしっかり落としてから靴棚へしまいます。

Q.玄関先で気をつけることは?
A.雨に降られ、レインウエアやゲイターがびしょ濡れのまま玄関へ上がるのはマナー違反。外でしっかり水気や汚れを落としておきましょう。


Q.靴を間違われたりしない?
A.不安な人は、予め印になるものを用意しておきましょう。小屋によってはナンバープレートを配るところもあります。


Q.レインウエアを乾かしたいのだけど…
A.小屋によっては乾燥室があるので、受付時に場所を確認しましょう。

荷物の整理も忘れずに!

荷物の整理も忘れずに!|「【山小屋泊初心者の方必見】知っておきたい山小屋泊Q&A!〜苗場山で黄金の朝陽を見る2日目〜」の1枚目の画像

ひのきの匂いが香り、ログハウスの温かみが広がる、ロフト型宿泊スペース。定員は92名。

荷物の整理も忘れずに!|「【山小屋泊初心者の方必見】知っておきたい山小屋泊Q&A!〜苗場山で黄金の朝陽を見る2日目〜」の3枚目の画像

この日は平日で空いていたこともあり、寝床を自由に選ばせてもらえました。布団は自分で敷きます。早い者勝ちなので、角のスペースを確保します。
さあ、あとは夕飯まで自由時間を楽しみましょう!

Q.明るいうちにやっておくべきことは?

A.荷物を整理しておこう
夜中にヘッドランプをつけて、荷物をごそごそあさるのは近くで寝ている人への迷惑になります。明るいうちに、洗面用具や着替えなど、すぐに使うものを取り出して整理しておきましょう。

A.ヘッドランプを首にかけておく
夕暮れを見たり、付近を散策したりしていると、あっという間に夜になります。また、消灯時間を過ぎたらヘッドランプだけが頼り。暗くなってから慌てずに済むよう、ヘッドランプを予め首にかけておくと便利ですよ。

いよいよ空中散歩を満喫!

いよいよ空中散歩を満喫!|「【山小屋泊初心者の方必見】知っておきたい山小屋泊Q&A!〜苗場山で黄金の朝陽を見る2日目〜」の1枚目の画像

オオシラビソに囲われた天空の楽園。高層湿原のあいだを、木道に沿ってのんびり散歩します。夏は高山植物が咲き乱れて、まるで天国のようです。

いよいよ空中散歩を満喫!|「【山小屋泊初心者の方必見】知っておきたい山小屋泊Q&A!〜苗場山で黄金の朝陽を見る2日目〜」の3枚目の画像

長野方面が一望できる分岐ポイントでランチタイム。妙高山、火打山、さらに奥には白馬や北アルプスの山々が見えます。

いよいよ空中散歩を満喫!|「【山小屋泊初心者の方必見】知っておきたい山小屋泊Q&A!〜苗場山で黄金の朝陽を見る2日目〜」の5枚目の画像

小屋に戻り窓を開けると、妙高山と火打山が雲海に浮かぶのが見えました。小屋のご主人に日の入り時刻を聞き、それまでゆっくりストレッチタイム。

いよいよ空中散歩を満喫!|「【山小屋泊初心者の方必見】知っておきたい山小屋泊Q&A!〜苗場山で黄金の朝陽を見る2日目〜」の7枚目の画像

雲が広がる夕暮れどき。白馬方面、唐松岳の向こうに沈んでいく夕陽。

夕食は団らんタイム!

夕食は団らんタイム!|「【山小屋泊初心者の方必見】知っておきたい山小屋泊Q&A!〜苗場山で黄金の朝陽を見る2日目〜」の1枚目の画像

夕食は18時。それまで、休憩室でのんびり過ごします。
小屋のエリアとしては新潟〜長野なのだけど、テレビの電波はなぜか東京キー局。これは、麓の苗場がスキー観光地で東京からのお客さんが多いために、整備された影響なのだとか。

夕食は団らんタイム!|「【山小屋泊初心者の方必見】知っておきたい山小屋泊Q&A!〜苗場山で黄金の朝陽を見る2日目〜」の3枚目の画像

この日の夕食はカレー!メニューは日替わりです。
食事の準備が整ったら、一列に並び自分の分を取りにいきましょう。テーブルはほかの登山客との共同スペース。筆者は居合わせたお客さんと、今日登って来たコースや、おすすめの温泉の話などで盛り上がりました。

消灯は21時。
この日、夜空は雲ってしまい、残念ながら星空は見えませんでした。お手洗いを早めに済ませ、ふとんに潜り込みます。

Q. トイレってどんな感じ?
A. 山小屋でよく見かけるのは、排泄物を微生物の力で分解する、環境に配慮したバイオトイレ。トイレットペーパーは土に還らないため、使用後は専用のゴミ箱に捨てましょう。くれぐれもそのまま流さないように!

Q.夜、眠れるか不安……
A. 山小屋は他人と共同のスペースで寝るため、気になる人はアイマスクや耳栓が必須。風邪や乾燥予防のため、マスクをつけて寝る人も多く見かけます。

起きたら朝陽を見にいこう!

起きたら朝陽を見にいこう!|「【山小屋泊初心者の方必見】知っておきたい山小屋泊Q&A!〜苗場山で黄金の朝陽を見る2日目〜」の1枚目の画像

眺望の良いエリアでの山中泊の醍醐味は、朝陽が拝めること。気温は1℃とかなり肌寒いなか、日の出を待ちわびます。澄み切った朝の空、雲海から顔を覗かせる真っ赤な朝陽を見ると、「何気ない1日はこんな風に始まっているのだな」と改めて実感させられますね。

起きたら朝陽を見にいこう!|「【山小屋泊初心者の方必見】知っておきたい山小屋泊Q&A!〜苗場山で黄金の朝陽を見る2日目〜」の3枚目の画像

陽を浴びて、黄金に染まる湿原。ピンク色に染まる西の空。

苗場山を満喫したら下山開始

苗場山を満喫したら下山開始|「【山小屋泊初心者の方必見】知っておきたい山小屋泊Q&A!〜苗場山で黄金の朝陽を見る2日目〜」の1枚目の画像

苗場山山頂から神楽峰の田代コース分岐を経て、田代第二高速リフトまで歩きます。(田代ロープウエイの営業期間のみ開放されるルートです。ご注意ください。詳細はこちらの記事へ

苗場山を満喫したら下山開始|「【山小屋泊初心者の方必見】知っておきたい山小屋泊Q&A!〜苗場山で黄金の朝陽を見る2日目〜」の3枚目の画像

山で迎える朝は、世界で最も美しい時間なのではないかと思うほど、清涼で静かで、神々しいときを紡いでくれます。ぜひ山小屋泊を通して、山頂で迎える朝陽を体感してくださいね。

「苗場山自然体験交流センター」

予約電話番号:(025)767-2202(村役場秋山支所)
料金:大人1泊2食につき、8800円
詳細は公式サイトへ(http://sakae-akiyamago.com/play/587/

この記事を書いた人

弥山 ひかり

ライター。アウトドア誌、評論誌等で執筆。北アルプスの山小屋に勤務、のち3ヶ月かけて屋久島中のトレイルを練り歩く。最近は島登山にハマっています。

みんなのコメント

関連トピック

トピックから記事を探す

 次の記事へ 
弥山 ひかり

麓の神社で参拝してから、山頂を目指すのが好きです☆

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

人気ランキングをもっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

New Posts

最新の記事一覧

New Posts

特集

.HYAKKEIおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP

ログイン

コメントを投稿するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

ログイン

コメントを通報するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

コメントを投稿

このコメントを通報する