福岡県の赤村ってどこ?

福岡県の東部に位置する赤村は、面積32km²・人口3500人ほどの小さな村ですが、福岡市から1時間半ほどで行けるおすすめスポットなのです!

福岡県の赤村ってどこ?|「美しい村を歩こう!福岡の赤村を巡る旅~九州自然歩道のミチノリVol.2~」の2枚目の画像
福岡県の赤村ってどこ?|「美しい村を歩こう!福岡の赤村を巡る旅~九州自然歩道のミチノリVol.2~」の3枚目の画像

のどかな田園風景を通る平成筑豊電鉄の源じいの森駅は、駅名にもなっている「源じいの森」があります。

宿泊施設であるほたる館をはじめ、源じいの森温泉やロッジ、バンガロー、キャンプ場など多様なフィールドがあるため、ハイシーズン時にはリラックスや楽しみのために多くのお客さんでにぎわっています。

人と自然の暮らしを見られる道

今回紹介する九州自然歩道は、源じいの森がスタート。

人と自然の暮らしを見られる道|「美しい村を歩こう!福岡の赤村を巡る旅~九州自然歩道のミチノリVol.2~」の2枚目の画像

南へ下る舗装路をのんびり歩いていきます。

人と自然の暮らしを見られる道|「美しい村を歩こう!福岡の赤村を巡る旅~九州自然歩道のミチノリVol.2~」の4枚目の画像

車も人もほとんど通らないような道にときおり見える紅葉は格別に美しい!
1kmほど歩けば、後山地区に到着です。
10軒ほどの小さな集落の外れに後山集会所があり、その隣の「後山観音水」があります。

人と自然の暮らしを見られる道|「美しい村を歩こう!福岡の赤村を巡る旅~九州自然歩道のミチノリVol.2~」の6枚目の画像

裏山から湧き出る清水との表記があり、竹林の中に大きな岩から流れ出ている写真が貼ってありました。この社の右下から誰でも汲めるようになっています。

ここからは、あぜ道を行きます。
スギ・ヒノキの雑木林を行く道は、静かに迎え入れてくれます。
道は整備されていて歩きやすく、看板もところどころに設置され道を迷うこともありません。

人と自然の暮らしを見られる道|「美しい村を歩こう!福岡の赤村を巡る旅~九州自然歩道のミチノリVol.2~」の8枚目の画像

ときおり流れている沢を渡る橋に冒険心を感じながら、ワクワクウキウキ歩いていきます。

雑木林から竹林に入り、再び雑木林を歩き抜けると、大伊良地区に到着です。
距離にしてわずか1.5km!
短いように感じますが、歩いてるとじっくりと森林浴を楽しめました。

しかし抜けたところは、人様の裏庭の畑・・・
畑のわき道が整備されているので、そこを歩いていくと舗装路に出てきます。

再びのんびりとした風景が広がる集落を南に歩いていきます。
晴れた日に田んぼを眺めながら歩くのは気持ちがいいですね~。

2.5kmほどで本コース一番の見所、「琴弾の滝」に到着!

人と自然の暮らしを見られる道|「美しい村を歩こう!福岡の赤村を巡る旅~九州自然歩道のミチノリVol.2~」の10枚目の画像

滝の前は、ベンチなどがある広場になっているので、紅葉狩りにベストな場所です。
広場わき道から琴弾の滝の上流を見に行くこともでき、上にもベンチがありますよ。

春は桜、夏は緑、秋は紅葉の自然美溢れた素晴らしい景色が見られます。

人と自然の暮らしを見られる道|「美しい村を歩こう!福岡の赤村を巡る旅~九州自然歩道のミチノリVol.2~」の12枚目の画像

滝の名前の由来は、紀元千三百拾年の頃、天智天皇が豊前の国に御立寄りのとき、この滝を御遊覧され、滝のそばにお休みのとき、天皇の御心を慰めようと天女が天下りて、琴を弾いたので天皇が大変感銘し「琴弾の滝」と御命名したとの言い伝えがあります。

人と自然の暮らしを見られる道|「美しい村を歩こう!福岡の赤村を巡る旅~九州自然歩道のミチノリVol.2~」の14枚目の画像

水の流れが赤く染まる秋の季節は素敵な表情を見せてくれます。

琴弾の滝から源じいの森に戻るときは、九州自然歩道を離れて、赤村のミドコロを見に行きましょう。

赤村のミドコロ

正福寺

まず驚くのは、楼門脇のイチョウの巨木でしょう。

赤村のミドコロ|「美しい村を歩こう!福岡の赤村を巡る旅~九州自然歩道のミチノリVol.2~」の3枚目の画像

高さ約20m、幹まわり約1.5mの巨木は幾多の巨大台風にビクともしなかったそうです。

赤村のミドコロ|「美しい村を歩こう!福岡の赤村を巡る旅~九州自然歩道のミチノリVol.2~」の5枚目の画像

秋になると真っ黄色なイチョウの葉が地面に散らばり、鮮やかな絨毯が敷かれます。

赤松特産物センター

赤村でとれた新鮮な野菜や果物などの農産物などを取り扱う物産館。

赤村のミドコロ|「美しい村を歩こう!福岡の赤村を巡る旅~九州自然歩道のミチノリVol.2~」の9枚目の画像

赤村は県内で唯一、農林水産省の「有機農業推進モデルタウン」の認定を受ける村として高く評価されており、“赤村ブランド”として完熟トマトを使った商品開発もしています。

あったがわの旅2015が開催!

あったがわの旅2015プロジェクトの九州自然歩道プラン


自然あふれる赤村で九州自然歩道をトレッキング!
大人気の赤村特産物センターや映画などのロケ地として有名な油須原駅等も散策します。
温泉やキャンプ場などで有名な「源じいの森」を出発し、赤村のDEEPな道を歩いていきます。
赤村を通る九州自然歩道は、山道はなく初心者でも気軽に歩けるハイキングコースです。
のんびり里山風景を楽しみながら、一緒に歩きませんか?

【11/29(日)】赤村・九州自然歩道トレッキング
http://tagawa-net.jp/体験する/あったがわの旅2015/akatrekking/

この記事を書いた人

福島 優

九州自然歩道フォーラム事務局スタッフ。中学高校の探険部を通して「歩く楽しさ」を知る。大学時代は福岡市を起点に九州の各県庁所在地まで完歩。現在は九州を一周する九州自然歩道から歩き旅の楽しさを発信中。 西日本新聞第3水曜日朝刊に「あるこ!~九州自然歩道の旅~」を連載中。

関連トピック

トピックから記事を探す

 次の記事へ 
福島 優

九州をつなぐ歩き人

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

もっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

New Posts

最新の記事

もっと見る

特集

特集・連載コンテンツ

もっと見る

トピック一覧

トピックから記事をさがす

もっと見る
▲TOPへ

ログイン

コメントを投稿するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

ログイン

コメントを通報するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

コメントを投稿

このコメントを通報する