カテゴリ: 体験レポート

そうだ、秘境に行こう!

秘境…… その言葉には、童心を刺激する響きがあります。ワイルドな絶景や手つかずの自然、まるでドキドキする冒険が待っているような。
もし、自分がアクションドラマの主人公なら、「そうだ、秘境に行こう!」と、威勢良く叫んでしまいそうな。

でも、なかなか行くにはハードルが高いのも事実。というか、秘境ってどこにあるのかもわからない(笑)

…そこで皆さん、日本の秘境100選というものをご存知でしょうか?
wikipediaによると、以下のようにあります。

日本の秘境100選(にほんのひきょうひゃくせん)は、1989年(平成元年)にJTBが雑誌「旅」の9月号が創刊750号目を迎えるのを記念して開いたシンポジウムにおいて、岡田喜秋、C・W・ニコル、立松和平、辺見じゅん、椎名誠によって、「いま 日本の秘境100選」として選定されたもの。

引用:ja.wikipedia.org

知床・釧路湿原・白神山地・阿蘇・西表島など有名な自然スポットから、中には「それどこ?」という場所まで。

東京都心から近い「日本の秘境100選」というと……!

東京都心から近い「日本の秘境100選」というと……!|「【秘境へ行こう】日帰りできる日本の秘境100選「大菩薩嶺」登山」の1枚目の画像

実は、日本の秘境100選はYamapの地図ページから調べられます。
https://yamap.co.jp/category/30

東京都心からは山梨県の大菩薩嶺が一番近そうですね。

と思い、早速インターネットで調べる限り「秘境感がない!!」。むしろ、日本百名山にも選ばれており、初心者でも登れそうな山。これはどんな秘境なのか調査せねば!

大菩薩嶺までの行き方

・車の場合
上日川峠に無料駐車場があります。

・バスの場合
JR中央本線甲斐大和駅→上日川峠バス停(栄和交通バス上日川峠行き)
※季節運行(4月末から11月の土日運行)。運行日以外は塩山駅からタクシー利用。
時刻表は以下を確認
file:///Users/moyuru/Downloads/27_bus-y.pdf

もしくは中央本線塩山駅から、大菩薩登山口バス停まで

家族連れやカップル、ご年配の方も多くいる…秘境入り口?

家族連れやカップル、ご年配の方も多くいる…秘境入り口?|「【秘境へ行こう】日帰りできる日本の秘境100選「大菩薩嶺」登山」の1枚目の画像

今回は、甲斐大和駅からバスで上日川峠まで行き、ロッヂ長兵衛から登山スタート!なんと新宿駅から乗り換え2回、2時間ちょっとしかかかっていません。実に、アクセスの良い秘境!

ロッヂ長兵衛は泊まることもできる山小屋です。念のため、山小屋のスタッフと思わしき方に聞いてみました。

取材班:「大菩薩嶺って、どんな秘境なんですかね?」



山小屋:「秘境か…… 聞いたことないな」



取材班:「!! 日本の秘境100選にも選ばれているのに…… ありがとうございます。(こうなったら意地でも“秘境感”を見つけてやる!)」



この地を訪れたのが9月の大型連休中(シルバーウィーク)ということもあり、お子さん連れの家族やカップル、大学生くらいのグループと実に賑やかな顔ぶれ。実に楽しそうな雰囲気です。

まずは大菩薩峠を目指す

まずは大菩薩峠を目指す|「【秘境へ行こう】日帰りできる日本の秘境100選「大菩薩嶺」登山」の1枚目の画像

大菩薩嶺に訪れる方は、セットで大菩薩峠を目指します。細い林道を歩き、山小屋の福ちゃん荘を通過した後は、ゆるやかな登りが続きます。
道も整備されており、歩きやすい。周りの木々は少し紅葉し始めています。

まずは大菩薩峠を目指す|「【秘境へ行こう】日帰りできる日本の秘境100選「大菩薩嶺」登山」の3枚目の画像

所々に川や、湧き水があり、実に心地よいハイキングコースです。

まずは大菩薩峠を目指す|「【秘境へ行こう】日帰りできる日本の秘境100選「大菩薩嶺」登山」の5枚目の画像

苔の感じがワイルド。何か秘境感ある!

まずは大菩薩峠を目指す|「【秘境へ行こう】日帰りできる日本の秘境100選「大菩薩嶺」登山」の7枚目の画像

登り始めてから、だいたい1時間前後。木々に囲まれた登山道から、一気に視界が開けて大菩薩峠に到着!中里介山氏の未完の大河小説『大菩薩峠』の影響で、知名度がある場所です。

見晴らしは最高!!大菩薩湖(上日川ダム)や、晴れて雲がない日は富士山をはじめ、南アルプス・乗鞍岳・八ヶ岳・奥秩父などの山々が連なり、甲府盆地までが一望できます。

まずは大菩薩峠を目指す|「【秘境へ行こう】日帰りできる日本の秘境100選「大菩薩嶺」登山」の9枚目の画像

大菩薩嶺に登る方は、ぜひ大菩薩峠もセットで訪れましょう。

気持ちの良いハイキングコース…あれ秘境は?

気持ちの良いハイキングコース…あれ秘境は?|「【秘境へ行こう】日帰りできる日本の秘境100選「大菩薩嶺」登山」の1枚目の画像
気持ちの良いハイキングコース…あれ秘境は?|「【秘境へ行こう】日帰りできる日本の秘境100選「大菩薩嶺」登山」の2枚目の画像

ここから大菩薩嶺の手前の「雷岩」までは、稜線を1時間程歩きます。とても見晴らしの良いハイキングコースで、秘境ハンター(←いつから?)としての任務を忘れてしまいそうに。

そこで、インターネット検索の力を借りることに(…電波がかろうじて入る)。

“大菩薩峠の中には濃霧が発生する場所があり、そこに迷い込むとかなり脱出が難しくなるので注意してください”

そういえば、稜線の片側は晴れているのに、もう片側は霧に包まれたまま。この一帯ではよくあることなのでしょうか?

気持ちの良いハイキングコース…あれ秘境は?|「【秘境へ行こう】日帰りできる日本の秘境100選「大菩薩嶺」登山」の4枚目の画像
気持ちの良いハイキングコース…あれ秘境は?|「【秘境へ行こう】日帰りできる日本の秘境100選「大菩薩嶺」登山」の5枚目の画像

とはいえ、稜線は1本道。初心者でも迷うことのないコースなので、安心してください。

1時間程度で雷岩周辺に到着!シートを広げてランチを食べている方がいっぱいいました。この景色は爽快ですね!

気持ちの良いハイキングコース…あれ秘境は?|「【秘境へ行こう】日帰りできる日本の秘境100選「大菩薩嶺」登山」の7枚目の画像

いよいよ日本百名山、大菩薩嶺の山頂に到着!

雷岩は大菩薩嶺と唐松尾根の分岐点で、下るとスタート地点の上日川峠バス停へ戻ることができます。
そして、下りずに分岐から森の中を10分ほど歩くと大菩薩嶺の山頂です。道は整備されていますが、「秘境感…… なんかある!」。

いよいよ日本百名山、大菩薩嶺の山頂に到着!|「【秘境へ行こう】日帰りできる日本の秘境100選「大菩薩嶺」登山」の2枚目の画像

雷岩から奥へと続く登山道を進むと、今回のゴール。大菩薩嶺到着!

標高2,057m。大菩薩嶺山頂は樹林帯のため眺望はありませんが、日本百名山にも選ばれている場所です。山頂にしてはひっそりとしている場所ですが、神聖な空気を感じました。

いよいよ日本百名山、大菩薩嶺の山頂に到着!|「【秘境へ行こう】日帰りできる日本の秘境100選「大菩薩嶺」登山」の4枚目の画像

その後、雷岩まで戻り、下山は唐松尾根へ。最初は少し急ですが、だんだんなだらかに。「紅葉のシーズンに来たら、さらに綺麗だろうなぁ」と思いながら下山しました。

いよいよ日本百名山、大菩薩嶺の山頂に到着!|「【秘境へ行こう】日帰りできる日本の秘境100選「大菩薩嶺」登山」の6枚目の画像

まとめ

まとめ|「【秘境へ行こう】日帰りできる日本の秘境100選「大菩薩嶺」登山」の1枚目の画像

最後まで読んでくれた皆さま。秘境、秘境…… と最後まで引っ張った“卑怯”な私をお許しください。

大菩薩嶺はとても登りやすく、稜線からの見晴らしも良く、アクセスも良い初心者におすすめの山でした。
スタート地点の上日川峠バス停に戻ってくるまで、約4時間。ちょうど良い疲労感を得た後は、温泉に寄っていくのもおすすめです。

まとめ|「【秘境へ行こう】日帰りできる日本の秘境100選「大菩薩嶺」登山」の3枚目の画像
この記事を書いた人

松田 然

ライティングカンパニー合同会社スゴモン代表 兼 ライター。旅をしながら仕事をするライフスタイルを取り入れ、自転車で日本の47都道府県を走破。起業・フリーランス・上場企業・海外と様々な働き方を経験し、これからのライフスタイルのヒントを発信中。 【Blog】http://moyulog.com/

みんなのコメント

関連トピック

トピックから記事を探す

 次の記事へ 
松田 然

働きながら旅をするTravelWorker‬(トラベルワーカー)

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

人気ランキングをもっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

New Posts

最新の記事一覧

New Posts

特集

.HYAKKEIおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP

ログイン

コメントを投稿するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

ログイン

コメントを通報するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

コメントを投稿

このコメントを通報する