より奥深い山々へ

長野県へ移住してから4か月。日常の中に山がある生活は、以前と比べて山や自然をより身近なものへと変えます。
しかし、それでも山の麓での生活から得られる経験と、山の中に長く入ることで得られる経験は別物。せっかく長野県へ移住し、県内の魅力的な山々へアプローチしやすくなると、長野県屈指の山脈、北アルプスへと目が行ってしまいます。
北アルプスといえば槍ヶ岳や奥穂高のイメージが強いかもしれませんが、メジャーな場所の象徴的なピークハントよりも、時間をかけて奥深い場所へ入っていく方が、“山での生活”をより味わうことができるのではないでしょうか。
そんな思いから、今回は北アルプスの最奥部に位置する黒部五郎岳、そして“日本最後の秘境”と謳われる雲ノ平を目的地とし、4泊5日の単独行に挑戦してみることにしました。

一泊登山とは別次元の山行

どんなに最短でもたどり着くまでに1泊以上は必要な雲ノ平。今回は下山も含めて合計4泊5日の単独行。歩行時間にして合計約32時間、高低差約1800mの行程は、これまではせいぜい1泊程度の登山ばかりだった身にとって、なんだか別次元の旅に見えてきました。

一泊登山とは別次元の山行|「山麓生活の山行記録①『北アルプス最奥、黒部五郎岳~雲ノ平(前編)』」の2枚目の画像

Day1:雨と霧の初日

早朝から車を運転し、新穂高温泉に到着したのは木曜日の朝6時半。7時前にスタートできれば15時までに双六小屋に着く算段です。
しかし、新穂高温泉施設の前では車を駐車できないことが分かり、係員の案内で元来た道を戻って深山壮という山荘の手前にある無料駐車場に停め、そこから登山道を目指ことに。
駐車場まで行ってみると、7時前で駐車場は脇道にまで車が止まっています。
ちょうど軽自動車がギリギリ停められるスペースを見つけることができましたが、すぐ後に入ってきた大型のSUVは途方にくれていました。駐車場にはもっと早い時間に到着する必要がありそうです。

この時間ロスにより、結局スタートは8時に。双六小屋まではギリギリの時間になるので、ややペースを上げて登り始めます。
新穂高センターで入山届を出し、手持ちの地図と計画表で改めてルートを確認してから、いざ登山口へ。

Day1:雨と霧の初日|「山麓生活の山行記録①『北アルプス最奥、黒部五郎岳~雲ノ平(前編)』」の2枚目の画像

アスファルトの長い林道を進んでいると、曇り空だった天気は途中から雨に変わってしまいました。急いでレインウェアを着込み、バッグにレインカバーをかけます。
林道がアスファルトから砂利に変わり、さらに進むと、わさび平小屋に到着。すでに20人ほどが雨宿りをしていましたが、遅れを取り戻すべく、ここは休まず進みます。

本格的な登山道の始まり

わさび平小屋を過ぎて小池新道に入ると、本格的な登山道が始まります。
日帰りの登山であれば、山で水を汲むことはあまりありませんが、北アルプスのルートには水場が点在しています。
沢の水や岩の間から流れる湧き水など色々なタイプがありますが、地図を確認しながらどこで水を補給できるかを確認しておくと、ただでさえ重い荷物を軽くすることができます。
今回は1リットルのボトルを2本持ち、片方は満タンにしてバッグの中に入れ、もう一本は300ml前後の水を入れて飲み歩きながら、水場で継ぎ足していきました。

※山の状況やシーズンによっては水場の水量が十分でない場合もあります。必ず事前に最新情報をご確認ください。

本格的な登山道の始まり|「山麓生活の山行記録①『北アルプス最奥、黒部五郎岳~雲ノ平(前編)』」の2枚目の画像

途中、最初の雪渓が現れました。まだ登り始めて2時間程度なのにもう雪渓です。登山客が多いため踏み跡がはっきりしているし、傾斜もないのでアイゼンを付けるほどではありませんが、滑らないよう慎重に渡ります。

本格的な登山道の始まり|「山麓生活の山行記録①『北アルプス最奥、黒部五郎岳~雲ノ平(前編)』」の4枚目の画像

登山道の傾斜も徐々にきつくなっていき、標高1700mまで上がったところで、秩父沢出合に着きます。
天気の良い日は休憩には絶好の場所なのでしょうが、雨と霧に包まれた状態では、ゆっくり休める場所ではありません。山から下りてくる冷風の通り道でもあるため、沢に出た途端、汗で濡れた体の温度が一気に下がった感覚を覚えました。

本格的な登山道の始まり|「山麓生活の山行記録①『北アルプス最奥、黒部五郎岳~雲ノ平(前編)』」の6枚目の画像

あまり長居すると体に影響が出そうなので、立ったまま行動食を少し食べ、沢で水を補給してから登り始めました。

鏡のような池がある鏡平山荘

秩父沢出合から木々に囲まれた岩場を登り、シシウドケ原まで来ると、ついに2100mの世界へ入ります。

鏡のような池がある鏡平山荘|「山麓生活の山行記録①『北アルプス最奥、黒部五郎岳~雲ノ平(前編)』」の2枚目の画像

谷間を1時間ほど登り、300mほど標高を上げると、ようやく鏡平山荘へ着きました。静かで鏡のような池の隣にある山荘は、広いウッドデッキに休憩用のテーブルがたくさんあるので、ここで休憩を取ります。

鏡のような池がある鏡平山荘|「山麓生活の山行記録①『北アルプス最奥、黒部五郎岳~雲ノ平(前編)』」の4枚目の画像
鏡のような池がある鏡平山荘|「山麓生活の山行記録①『北アルプス最奥、黒部五郎岳~雲ノ平(前編)』」の5枚目の画像

到着は13時。朝の遅れを取り戻すべく、かなりのオーバーペースで登ってきたため、体調は良いとは言えない状態でしたが、きちんと食べておかないと後半持たないため、さっそくお湯を沸かして昼食を作ります。
即席のカルボナーラとエナジーバー、身体が冷えないようにスープを飲み、30分ほど休憩。
双六小屋まではあと2時間半ほどかかるため、あと1時間スタートが遅れていたら、日暮れまでに双六小屋へ着くことは難しくなります。山小屋はなるべく15時台に着くことが理想なので、体力に自信がない人や、スタートが遅い人は、初日は鏡平山荘に泊まることをお勧めします。

稜線歩きを経て、双六小屋へ

鏡平山荘からの道を1時間登ると、弓折岳へと通じる稜線へ出ます。
ここから弓折岳の山頂とは反対の方向を進み、アップダウンの続く稜線を1時間ほど歩くと、初日の目的地である双六小屋へ到着です。

稜線歩きを経て、双六小屋へ|「山麓生活の山行記録①『北アルプス最奥、黒部五郎岳~雲ノ平(前編)』」の2枚目の画像

前半のハイペースと降っては止む雨と霧のせいで、休憩を取ったにも関わらずなかなか足が進みません。ヘトヘトになりながら1時間半かかってなんとか双六小屋までたどり着きました。到着時間は16時。山小屋へ着く時間としてはギリギリの時間です。

稜線歩きを経て、双六小屋へ|「山麓生活の山行記録①『北アルプス最奥、黒部五郎岳~雲ノ平(前編)』」の4枚目の画像

山小屋のスタッフに案内された部屋は6人部屋。埋まっていましたが、木曜日ということもあり一人につき布団一枚分でした。
山小屋では宿泊客が多ければ布団1枚に対して二人寝たり、さらに場所がないと食堂でも雑魚寝になることもあるので、見知らぬ人と雑魚寝なんて無理!という人には、山小屋は厳しいかもしれません。

稜線歩きを経て、双六小屋へ|「山麓生活の山行記録①『北アルプス最奥、黒部五郎岳~雲ノ平(前編)』」の6枚目の画像
稜線歩きを経て、双六小屋へ|「山麓生活の山行記録①『北アルプス最奥、黒部五郎岳~雲ノ平(前編)』」の7枚目の画像

部屋に荷物を置き、濡れたジャケットを乾燥室で干し、すぐに始まった夕食を食べ終わると、どっと疲れと眠気が押し寄せ、すぐに布団に入って寝てしまいました。

Day2 三俣蓮華岳から黒部吾郎小舎へ

朝5時に起床。19時までは記憶があったので10時間くらいは爆睡したことになります。
朝ごはんは焼き鮭定食。同じテーブルに座った人同士でごはんや味噌汁を用意し、それぞれの今日の行程などを聞きながら早めに食事を済ませます。

外は昨日とは打って変わって雲一つない晴れ。6時には出発予定でしたが、昨日はまったく見えなかった周囲の景色に感動し、ついつい小屋周辺をウロウロしているうちに、出発が7時になってしまいました。

Day2 三俣蓮華岳から黒部吾郎小舎へ|「山麓生活の山行記録①『北アルプス最奥、黒部五郎岳~雲ノ平(前編)』」の2枚目の画像
Day2 三俣蓮華岳から黒部吾郎小舎へ|「山麓生活の山行記録①『北アルプス最奥、黒部五郎岳~雲ノ平(前編)』」の3枚目の画像

双六岳から三俣蓮華岳へと縦走する稜線コースを歩きます。
真っ青な空と北アルプスの名峰たち。ひたすら続く開けた稜線の一本道。これこそ稜線歩きの醍醐味といってもいい、素晴らしいルートです。

Day2 三俣蓮華岳から黒部吾郎小舎へ|「山麓生活の山行記録①『北アルプス最奥、黒部五郎岳~雲ノ平(前編)』」の5枚目の画像
Day2 三俣蓮華岳から黒部吾郎小舎へ|「山麓生活の山行記録①『北アルプス最奥、黒部五郎岳~雲ノ平(前編)』」の6枚目の画像
Day2 三俣蓮華岳から黒部吾郎小舎へ|「山麓生活の山行記録①『北アルプス最奥、黒部五郎岳~雲ノ平(前編)』」の7枚目の画像

7時半に双六岳、そして稜線を歩いて8時半に三俣蓮華岳の山頂を踏み、小休憩をはさんだ後、稜線を下りながら黒部吾郎小舎を目指します。

Day2 三俣蓮華岳から黒部吾郎小舎へ|「山麓生活の山行記録①『北アルプス最奥、黒部五郎岳~雲ノ平(前編)』」の9枚目の画像
Day2 三俣蓮華岳から黒部吾郎小舎へ|「山麓生活の山行記録①『北アルプス最奥、黒部五郎岳~雲ノ平(前編)』」の10枚目の画像

木々と藪に囲まれた岩だらけの細道を降りていくと、急に開けた草原に出ます。その中に静かに佇むのが黒部五郎小舎。草原では北アルプスの名花、コバイケイソウが満開の時期を迎えていました。

Day2 三俣蓮華岳から黒部吾郎小舎へ|「山麓生活の山行記録①『北アルプス最奥、黒部五郎岳~雲ノ平(前編)』」の12枚目の画像

次回は黒部五郎小舎の様子と、黒部五郎カールの絶景についてお伝えします。


今回のルートのポイントまとめ

・車で行く場合、駐車場は早めに確保。
・新穂高温泉からのスタートが遅れたり、体力に自信のない人は、双六小屋を目指さず鏡平山荘で泊まるべき。
・地図で水場の場所を確認し、効果的に利用する。
・槍ヶ岳をバックに歩く、双六岳から三俣蓮華岳の稜線は最高!

持っていくと山行が楽しくなるアイテム

双眼鏡。
山頂から周囲の山々の岩肌を覗いたり、これから行く山を確認したりと、肉眼では見えない景色が見えてくると、山歩きがさらに楽しくなります。

Day2 三俣蓮華岳から黒部吾郎小舎へ|「山麓生活の山行記録①『北アルプス最奥、黒部五郎岳~雲ノ平(前編)』」の19枚目の画像

※注意※
この記事は、2015年7月末の山行を記録したものです。
山のコンディションは時期によって異なりますので、事前に状況を確認した上で登山計画を立てましょう。

イラストレーション:Masatoo Hirano

この記事を書いた人

津田 賀央

東京のメーカーに勤めながら、長野県富士見町で個人のプランニング会社を立ち上げ。現在は週の4日を八ヶ岳の麓、3日を東京で過ごしながら、「富士見町テレワークタウン計画」などのプロジェクトをサポートしている。 趣味は山と音楽。

関連トピック

トピックから記事を探す

 次の記事へ 
津田 賀央

八ヶ岳と東京を行き来しながら、山と都会の暮らしについてレポートします。

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

もっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

New Posts

最新の記事

もっと見る

特集

特集・連載コンテンツ

もっと見る

トピック一覧

トピックから記事をさがす

もっと見る
▲TOPへ

ログイン

コメントを投稿するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

ログイン

コメントを通報するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

コメントを投稿

このコメントを通報する