絶対に覚えておきたい、虫の基礎知識

山や川、海など、場所・季節によって遭遇する虫の種類は異なります。人間に無害な虫もいますが、一歩間違えれば死に至る毒虫も身近にいることを忘れないでおきましょう。まず、国内のアウトドアシーンで遭遇率が高い虫をご紹介します。

絶対に覚えておきたい、虫の基礎知識|「【アウトドアの防虫対策】永久保存版!キャンプや登山で押さえておきたい防虫対策グッズ5選」の2枚目の画像

スズメバチ

6~11月が活動期。攻撃性がとても強く、見かけたらとにかく近寄らないこと。黒や濃い色に反応するので、なるべく白や明るめの服装が良い。整髪料や香水など、芳香にも反応する。

アブやブヨ

ミツバチやハエによく似ていて、“刺す”のではなく皮膚を“噛み切る”ので、瞬間的に痛みを感じることがある。きれいな水辺に多く、川や渓流の近くは注意が必要。

ヒル

気温が25℃を超える5~10月頃までの、多湿な森林に生息。神奈川県の丹沢では近年爆発的に増加している。梅雨入り後から夏の終わりまでは警戒が必要。

夏場の草むらや、雨の降った後は特に発生しやすい。昼夜問わず活動するが、キャンプでは夜に被害に遭う確率が高い。汗や体温などに反応して寄ってくる。

常備して損はない防虫対策グッズ5選

常備して損はない防虫対策グッズ5選|「【アウトドアの防虫対策】永久保存版!キャンプや登山で押さえておきたい防虫対策グッズ5選」の1枚目の画像

自然が多い場所で、当然虫に出くわさないということは不可能ですが、まずは刺されないということが一番大切です。「肌の露出を極力避ける服」は必ず持っていきましょう。今回は常備していて損がない、刺されないための、そして刺された時の防虫対策グッズをご紹介します。

1.防虫スプレー

常備して損はない防虫対策グッズ5選|「【アウトドアの防虫対策】永久保存版!キャンプや登山で押さえておきたい防虫対策グッズ5選」の4枚目の画像

すべての虫に万能、万全ではありませんが、便利な防虫グッズの王道です。刺されるシーンが最も多く、不快な思いをする蚊に効果的なグッズです。
ただし、汗によって流れてしまうので、こまめにスプレーしましょう。最近では、ニオイが少ない上に白くなりにくいものや、パウダーが入っておりサラサラしたものも見られます。お子様や、肌への影響が心配…という方には、後ほど紹介する自作スプレーがオススメです。

2.シトロネラキャンドル

常備して損はない防虫対策グッズ5選|「【アウトドアの防虫対策】永久保存版!キャンプや登山で押さえておきたい防虫対策グッズ5選」の7枚目の画像

虫が嫌う柑橘系の香りを放つ、アウトドア用のキャンドルです。効果に関しては「抜群に効く!」とは言いにくいですが、虫除けとして効果があると言われています。

常備して損はない防虫対策グッズ5選|「【アウトドアの防虫対策】永久保存版!キャンプや登山で押さえておきたい防虫対策グッズ5選」の9枚目の画像

オススメするポイントは、とにかく香りが良いことと、雰囲気作りに抜群なこと。そして、芯が太く外でも消えづらいことです。見た目が可愛いところも、魅力的な防虫グッズです。

3.ヤマビルファイター

常備して損はない防虫対策グッズ5選|「【アウトドアの防虫対策】永久保存版!キャンプや登山で押さえておきたい防虫対策グッズ5選」の12枚目の画像

特に梅雨入りから秋にかけての低山多湿登山には、必須と言えるグッズです。高山など木がほとんどない山には必要ありませんが、年中丹沢にいる私には必需品です。
ヒルは木の枝や地面から、ものの数秒で体に取り付きます。万が一吸われた時には、ライターなどを使用して火を近づけるとポロッと離れますので、慌てて取り払わないようにしましょう。

4.ポイズンリムーバー

常備して損はない防虫対策グッズ5選|「【アウトドアの防虫対策】永久保存版!キャンプや登山で押さえておきたい防虫対策グッズ5選」の15枚目の画像

毒虫や蛇などに噛まれてしまったら、とにかくすぐに対処しなければいけません。騒いで体を動かすと毒が回りやすくなってしまうので、落ち着いて毒抜きします。

常備して損はない防虫対策グッズ5選|「【アウトドアの防虫対策】永久保存版!キャンプや登山で押さえておきたい防虫対策グッズ5選」の17枚目の画像

傷口の心臓に向かって上を結び、血流を弱めてから毒や毒針を吸い出します。あとは、傷口をよく水で洗ったり消毒したりしましょう。グループ内でひとりは持っていたいグッズです。

5.虫刺され薬

常備して損はない防虫対策グッズ5選|「【アウトドアの防虫対策】永久保存版!キャンプや登山で押さえておきたい防虫対策グッズ5選」の20枚目の画像

どんなに対策していても、虫に刺されてしまうことはあります。かゆみや腫れを抑えるのに良く効くのが「ウナコーワエースL」と、「リドベートQ液」です。どちらも手を汚さず、サッと塗れるところがポイントです。薬によってステロイドの量や、かゆみに効く成分の量は異なりますが、私の経験上ではこの2つが便利です。

ハッカ油で自作虫除けスプレーを作ってみよう

肌への刺激や、お子様などデリケートな肌への使用が心配な方には、天然素材のハッカ油を使った自作虫除けスプレーがオススメです。私も肌が弱いので、自作スプレーと市販スプレーを使い分けています。
ハッカ油のヒヤッとする爽快感や、心地よい香りも魅力的なポイントです。私は家でも冷蔵庫で冷やし、普段からお風呂上りにスプレーしています。

用意するもの(スプレー100ml一本分)

ハッカ油で自作虫除けスプレーを作ってみよう|「【アウトドアの防虫対策】永久保存版!キャンプや登山で押さえておきたい防虫対策グッズ5選」の3枚目の画像

1. ハッカ油 (20mlで500円前後)
2. 消毒用エタノール (500mlで600円前後)
※肌が弱い方は、無水エタノールでもOK
3. 精製水 (500mlで100円前後)
4. スプレーボトル (100mlサイズで300円前後)
5. スポイト (サイズ少で100円前後)

どれも薬局ですぐに手に入れることができます。

作り方

ハッカ油で自作虫除けスプレーを作ってみよう|「【アウトドアの防虫対策】永久保存版!キャンプや登山で押さえておきたい防虫対策グッズ5選」の6枚目の画像

1. スポイトを使用し、スプレーボトルにハッカ油を20滴(約2ml)入れる
2.消毒用エタノール(または無水エタノール)を10ml入れる
3.いったんフタを閉めて振って混ぜる
4.フタを開け、精製水を90ml入れる
5.フタを閉め、振って混ぜれば完成!

まとめ

アウトドアを楽しむ以上、虫に出会わない、刺されないなんてことは絶対にありません。そのため、いかに自分に合った防虫対策や薬を見つけて、常備できているかがポイントになります。しっかりと対策して、思いっきりアウトドアを楽しみましょう!

この記事を書いた人

三野クリコ

森林、山岳、企業CSRの環境分野など、自然・山に関するライティングを得意としています。趣味は登山、サーフィン、キャンプ、旅行など、自然を体感して体をいっぱいに動かすことが好きです。

みんなのコメント

triskelionjp2016-07-27 08:56
「ハッカ油で自作虫除けスプレーを作ってみよう」の記事ですが、レシピの『※肌が弱い方は、無水エタノールでもOK』の無水エタノールの方が肌の弱い方向けという根拠は何でしょうか?
消毒用エタノールはエタノール濃度が約70%、無水エタノールは100%です。最終仕上がりのエタノール濃度は約10倍に希釈されますから、消毒用エタノールで7%、無水エタノールで10%になります。
エタノールの濃度が濃い方が刺激が強いので、肌の弱い人には、エタノール濃度を下げる、例えば、精製水を90→190mlにして、仕上がりエタノール濃度を3.5%にするというのならば分かりますが、高濃度のものがよいとする根拠は何でしょうか?

関連トピック

トピックから記事を探す

 次の記事へ 
三野クリコ

日本の豊かな自然と美しい自然が大好きです。

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

人気ランキングをもっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

New Posts

最新の記事一覧

新着記事をもっと見る

特集

.HYAKKEIおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP

ログイン

コメントを投稿するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

ログイン

コメントを通報するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

コメントを投稿

このコメントを通報する