誰もが楽しみにしているキャンプのイベントといえば、屋外でごはんを食べること。しかし、食材や道具はなるべくコンパクトに、そして料理はオシャレに美味しく、さらには簡単に作りたい…というのが本音ですよね。そんな欲張りさんの願いを叶えてくれる、アウトドアごはん必須のホットサンドをご紹介します。

アウトドアに合ったホットサンドメーカーの選び方

アウトドアに合ったホットサンドメーカーの選び方|「【ホットサンド】アレンジは自由自在!アウトドアに取り入れたいホットサンドのすすめ」の1枚目の画像

まずは道具を選びましょう。アウトドアメーカーはもちろん、家庭でも人気のホットサンドメーカーは、様々なメーカーから販売されています。今回使用したのは、バウルーのホットサンドメーカー。選ぶポイントはお好みによると思いますが、アウトドアを中心に使用する場合には、以下を基準にすると良いでしょう。

直火OK

アウトドアシーンでは、焚き火など直火での使用も想定して選ぶと便利です。秋冬の寒いシーンで、焚き火を囲んで思い思いにホットサンドを作って食べれば、さらに魅力的なキャンプになることでしょう。

シングルorダブル

我が家は2人なので、単純に真ん中でセパレートされるダブルタイプを使っています。しかし、シングルかダブルかによって、少々味や食感などの違いがでてきます。
例えば、ボリュームがある食材をはさむ時には、シングルの方がより多く具材を入れることができ、マフィンやパニーニのような形状の違うパンにも便利です。一方、ダブルは真ん中でセパレートされて強く圧縮されるので、四方すべてがカリッと焼けて香ばしく、具材が圧縮された濃厚な風味が楽しめます。片方ずつ違う具材を入れて一回で焼けるところも、ダブルタイプの魅力です。

機能派orバリエーション派

アウトドアメーカーならではの魅力は、収納がコンパクトな点です。バウルーのホットサンドメーカーはハンドル部分の取り外しはできませんが、アウトドアメーカーの製品はハンドル部分が折りたためたり、取り外しが可能であったりします。中には、専用バッグに収納できるような製品も見られます。
ホットサンドメーカーの機能面については、実際に使用するシチュエーションを想定しながら選ぶことがポイントです。収納・料理のバリエーションなどに目を向け、自分のお気に入りのホットサンドメーカーを手に入れましょう。

ルールは無し。好きな具材を入れてみよう!

ルールは無し。好きな具材を入れてみよう!|「【ホットサンド】アレンジは自由自在!アウトドアに取り入れたいホットサンドのすすめ」の1枚目の画像

ホットサンドの最大の魅力は、はさんで焼くだけの単純作業なのに、驚くほど美味しく誰でも簡単に作れてしまうこと。キャンプで余った食材からちょっとしたデザートまで、思い思いの具材を楽しめます。

炭水化物×炭水化物で、禁断のボリュームサンド

バーベキューで余った焼きそばが、片隅に追いやられていたらチャンスです。少しのマヨネーズを追加して豪快に焼けば、『焼きそばパン』のできあがり。焼肉など、バーベキューの具材も一緒にはさむとボリューム満点です!

あったかスイーツでデザートサンド

アウトドアで本格的なスイーツはなかなか持ち込めませんが、板チョコやフルーツ、あずき缶があれば手軽にホットスイーツを楽しめます。
私のお気に入りは、バナナを切り口が半月になるように縦にカットして、板チョコ・シナモンパウダーを振った『デザートサンド』です。少し肌寒くなった時間帯に、コーヒーと一緒に食べれば絶品。あずきやクリームチーズなどは、朝食にぴったりです!

ちょっとひと工夫、美味しい焼き方のポイント

さらに美味しく作りたい方は、ちょっとしたひと工夫を加えてみましょう。なんてことない、焼く前にホットサンドメーカーに軽くバターをひと塗りするだけです。

焼き上がりの風味がアップして、表面に焼き色がキレイにつきます。中に生野菜を多く入れる時はなるべく強火で短時間、そうでない場合は弱火でじっくり焼くと、ふっくらと焼き上がります。

パンだけじゃもったいない!ちょっと違った使い方

我が家には、普段そこまで料理をするわけではないダンナ氏がいます。そのダンナ氏がキャンプにホットサンドメーカーを持参した途端に、さっそくアレンジをして使っていましたのでご紹介します。

パンだけじゃもったいない!ちょっと違った使い方|「【ホットサンド】アレンジは自由自在!アウトドアに取り入れたいホットサンドのすすめ」の2枚目の画像

ダンナ氏は、余って冷やしていたオニギリを取り出し、バターをひいたホットサンドメーカーではさみ、『焼きオニギリ』を作っていました。ゆっくりと火を通すことで中はふっくらと温かく、外はカリッと香ばしくなります。

パンだけじゃもったいない!ちょっと違った使い方|「【ホットサンド】アレンジは自由自在!アウトドアに取り入れたいホットサンドのすすめ」の4枚目の画像

缶詰と合わせて、お酒のおつまみに。

パンだけじゃもったいない!ちょっと違った使い方|「【ホットサンド】アレンジは自由自在!アウトドアに取り入れたいホットサンドのすすめ」の6枚目の画像

私はビールに合う、チーズ(多め)とハムをはさんだだけのシンプルサンドにしました。

まとめ

短時間でできて汚れないので、いちいち洗わず使い回せるところもホットサンドメーカーの魅力です。そのままフライパンとして、ウィンナーなど簡単なものなら炒めて使うこともできます。自由自在に使えて、オールシーズン大活躍するホットサンドメーカーを、ぜひアウトドアシーンに加えて楽しんでみてください。

おすすめのホットサンドメーカーが詳しく知りたい方はこちら!

この記事を書いた人

三野クリコ

森林、山岳、企業CSRの環境分野など、自然・山に関するライティングを得意としています。趣味は登山、サーフィン、キャンプ、旅行など、自然を体感して体をいっぱいに動かすことが好きです。

関連トピック

トピックから記事を探す

 次の記事へ 
三野クリコ

日本の豊かな自然と美しい自然が大好きです。

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

もっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

New Posts

最新の記事

もっと見る

特集

特集・連載コンテンツ

もっと見る

トピック一覧

トピックから記事をさがす

もっと見る
▲TOPへ

ログイン

コメントを投稿するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

ログイン

コメントを通報するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

コメントを投稿

このコメントを通報する