• キャンプや登山入門編
  • キャンプや登山の道具、使い方等の記事一覧です。これからキャンプや登山を始めてみたいけど、何から始めたら良いのかわからない!どれを選べば良いのかわからない!そんな入門者の方向けに、アウトドア経験者がキャンプや登山の道具、使い方についてお伝えします。

キャンプの朝食に『コールマン ホットサンドメーカー』を。口コミもご紹介

アウトドアでの調理で大活躍するホットサンドメーカーは、キャンパーの必需品ともいえるアイテムです。さまざまな具材を挟んで焼くだけでバリエーション豊かなキャンプ飯を楽しめるうえ、肉や魚を焼くフライパンとしても活用できます。今回はキャンプ用品大手の「コールマン」から発売されているホットサンドメーカーをご紹介します。

『コールマン ホットサンドメーカー』の特徴

出典:amazon

数あるホットサンドメーカーの中でも人気なのが、コールマンが製造・販売している「ホットサンドイッチクッカー」です。コールマンといえば、ランタンをロゴが特徴の大手キャンプ用品メーカーで、キャンプ用品なら何でもあるといっても過言ではありません。ラインナップが豊富でデザインもよく、初心者がキャンプ用品一式を揃えるのにぴったりです。

コールマンが製造・販売しているホットサンドメーカーは「ホットサンドイッチクッカー」の1種類のみ。特徴をこちらにまとめました。

  • 内部はノンスティックコーティング
  • 持ち手が取り外し可能
  • 内部に斜めの仕切りがある
  • ランタンの焼き印が付けられる
  • 収納ケースつき
  • 本体の材質:アルミニウム
  • ハンドルの材質:スチール、ウッド
  • サイズ:約13.5×40cm
  • 厚さ:約3.8cm
  • 重量:約550g
  • 価格:3980円(税込)

『コールマン ホットサンドメーカー』のメリット

出典:amazon

コールマンのホットサンドメーカーを使っているキャンパーは少なくありません。それはコールマンというブランドに信頼があることに加え、アウトドア用品メーカーならではの工夫により、次のようなメリットがあるからです。

  • ノンスティックコーティングで汚れが付きにくい
  • 持ち手が取り外せるため持ち運びがしやすい
  • 上下のプレートを分離できて洗うときに便利
  • ランタンの焼き印がおしゃれ
  • 一般的な食パンが耳ありのまま挟める
  • できあがり時に斜めのラインが入るので切り分けやすい
  • ほどよくリーズナブル

このうち、取っ手が着脱可能で携帯性が重視されている点は特に大きなメリットです。市販されている多くのホットサンドメーカーは持ち手が固定されているため、どうしてもかさばります。さらに上下のプレートが分離できるのも重要なポイントだといえるでしょう。2枚のプレートが外せないタイプは洗うときに大変です。

コールマンの象徴ともいえるランタンの焼き印はカッコよく、アウトドア気分を盛り上げてくれます。さらに、焼き上がったときに切り分けるためのラインが入る製品は珍しくありませんが、コールマンのホットサンドメーカーは斜めにラインが入るので、見た目もおしゃれです。

これらの性能に加え、初めてホットサンドメーカーを購入する初心者でも手に取りやすい価格も高評価です。市販品では、価格がコールマンの倍以上する製品もあります。

『コールマン ホットサンドメーカー』のデメリット

出典:amazon

ハンドルをいちいちネジネジしなきゃならんので収納性はやはりS社製のものに軍配が上がりますが、ツーバーナーでサクッと作れる朝のホットサンドは子供らに評判よかったです。
フッ素加工?で汚れもサラッと落とせるので助かります。

便利で使いやすいのが魅力のコールマンのホットサンドメーカーですが、デメリットについてもご紹介します。

  • 食パンのサイズによっては耳の部分が少しはみ出る
  • 焼き印を付けるための凹凸が洗いにくい
  • 中央に具材を入れにくい

日本の食パンのサイズは、1辺12.5cmほどが標準です。コールマンのホットサンドメーカーは食パンが収まるサイズではあるものの、パンの種類や厚さによっては耳の部分がプレートからはみ出すことがあります。特に山型の食パンは切らないと入らないと思っておきましょう。調理には、角形で薄めの食パンが向いています。

おしゃれなランタンの焼き印を付けるための凹凸には汚れがたまりやすく、メンテナンスの手間という面から考えるとデメリットです。また斜めの仕切り部分には具材を入れにくく、ハンバーグやチキンカツなどの大きな具を丸ごと使いたいときにはジャマに感じることもあります。

アニメゆるキャン△で紹介!肉まんレシピ

キャンプブームの火付け役となったアニメ「ゆるキャン△」でも、ホットサンドメーカーは活躍していました。そこで、第10話「旅下手さんとキャンプ会議」で登場した肉まんクッキングをご紹介します。アニメで登場したレシピを再現するのに必要なものは、次の三つです。

  • 肉まん
  • バター
  • 餃子のたれ

作り方はとてもシンプルで、ホットサンドメーカーの両面にバターを塗り、肉まんをプレスして、バーナーで軽く焦げ目が付くまで焼くだけです。バターを塗ることでサクサクに焼き上がります。食べやすいサイズに切ったら、餃子のたれを少しだけ付けて味わいましょう。

アニメではコンビニの蒸し器で蒸されていた肉まんを購入したようですが、調理前の肉まんでも問題ありません。肉まんだけでなく、ピザまんやあんまんなども調理できます。調味料も餃子のたれのほかに関西風にカラシをつけたり、ポン酢をつけたりして、好みに合わせて楽しみましょう。

ちなみにアニメでは、肉まんのお供に山ガールのお姉さんにもらったほうじ茶をいれていました。ゆるキャン△気分を味わいたいときは、お茶っ葉も用意してみてください。

『コールマン ホットサンドメーカー』の口コミを見てみよう

『コールマン ホットサンドメーカー』のレビューをご紹介します。取っ手を外せることによるコンパクトさと、焼印の可愛らしさが好評を得ているようです。

普段家で使う場合でも、ハンドルを外して専用袋に収納できるのはとても良いですね。ノンスティック加工なので手入れも楽でした。鉄製にこだわりがなければこちらの方が取り扱いやすいと思います。

amazon

コンパクトにたためます。キャンプに最適です。強度ですが確かに弱そうな気もしますがかなり力をいれないと壊れないと思います。何度も使うとテフロンは剥がれますがそれは当たり前だと思います。

amazon

ハムチーズスクランブルエッグやチョコバナナマシュマロのホットサンドをおやつによく作ります。外バーナーで2回、自宅コンロで5回以上使用していますが、どこであろうとやっぱりランタンマークの焼印はテンションがあがりますね!

amazon

ホットサンドメーカーは、2つ目です。以前のタイプは持ち手が外れないタイプでしたので今回は洗うときに洗いやすいのとコンパクトに収納できるのとで外れるタイプを購入。使いやすく、コールマンのロゴが食パンに刻印されるデザインもオシャレ!おすすめです。

amazon

まとめ

コールマンのホットサンドメーカーは、使い勝手がいいうえに価格もリーズナブルで、初めて購入する人やアウトドア初心者にぴったりのアイテムです。ご飯やおやつ作りに活用してキャンプライフを楽しみましょう。

関連記事一覧