都心から車で約1時間、愛犬とちょっとお出かけ気分で体験

犬と一緒に暮らし始めると、頭を悩ませるのが旅行ですよね。最近はドッグホテルも増えてきたし、ペットOKの宿も多いけれど、ちょっと高めなのが難点。せっかくなら、一緒にアウトドアを楽しんじゃお~! という犬連れキャンパーが続々と増えてきています。

都心から車で約1時間、愛犬とちょっとお出かけ気分で体験|「愛犬家アウトドア施設「わんダフルネイチャーヴィレッジ」を体験!」の2枚目の画像

そこで、2015年にオープンしたのが「わんダフルネイチャーヴィレッジ」。
初めての犬連れキャンプ場で大丈夫?と心配な飼い主さんから、カヌーやドッグスイミングに挑戦してみたい本格派まで、存分に楽しめる施設です。
場所は都心から車で1時間という好立地。さっそく体験してきました!

68,000㎡の敷地にさまざまなアウトドア施設が点在

68,000㎡の敷地にさまざまなアウトドア施設が点在|「愛犬家アウトドア施設「わんダフルネイチャーヴィレッジ」を体験!」の1枚目の画像

東京都あきる野市の秋川丘陵に作られたこの施設。「わんダフルネイチャーヴィレッジ」という名前が示す通り、愛犬と一緒に自然を体験することが前提なので、とにかく広い敷地で犬と思い切り遊ぶことができます!

入園の際には「狂犬病予防接種注射済」が証明できるものと、三種以上の「混合ワクチン予防接種証明書」が必要になるのでお忘れなく!

キャンプサイトはドッグラン付きオートサイト

キャンプサイトはドッグラン付きオートサイト|「愛犬家アウトドア施設「わんダフルネイチャーヴィレッジ」を体験!」の1枚目の画像

地元の多摩産材で作られているという、ウッドフェンスで囲まれたサイトは、手前の柵を上げると、車でそのまま入ることができます。キャンプのときはロングリードが椅子やテントのロープに絡まり、ストレスになることが多いので、フェンスに囲まれたこういったサイトは非常に助かります。芝生敷きで愛犬の足にも優しい!
洗い場やコインランドリーも完備。キャンプ初心者にとって、無理なくアウトドアを始められる環境といえそうです。

春・夏はハイキングコースがおすすめ!

春・夏はハイキングコースがおすすめ!|「愛犬家アウトドア施設「わんダフルネイチャーヴィレッジ」を体験!」の1枚目の画像

ウッドチップを敷いたハイキングコースは、春にはアジサイ、秋には紅葉のベストシーズンとなり、カメラを片手に訪れる人も多いそう。

小高い丘からは広い場内が一望でき、奥へ進んでいくと小さな滝を見つけることもできます。コースの高低差はそれほど激しくないので、体力に自信のない人やワンちゃんも楽しめるのではないでしょうか。

カヌーやカヤックにも挑戦!

カヌーやカヤックにも挑戦!|「愛犬家アウトドア施設「わんダフルネイチャーヴィレッジ」を体験!」の1枚目の画像

敷地内にある秋川湖では、犬と一緒にカヌーやカヤックを体験することもできます。通常こういった施設は都心から遠く離れた湖でしかなかなか体験できないので、始めてみようか迷っている方には挑戦する良い機会になりそうです。

初心者でもインストラクターが一緒について指導してくれるので安心。カヤックは愛犬を抱っこしながら乗ることもできます。犬が濡れてしまったときのためのドライエリアもあるのが嬉しいところ。

ただし、予約制なので事前に連絡を!

夏は広いプールでたくさん遊べる

夏は広いプールでたくさん遊べる|「愛犬家アウトドア施設「わんダフルネイチャーヴィレッジ」を体験!」の1枚目の画像

カヌーやカヤックの前に、まずはドッグスイミングで水に慣らしておきたい、という人はプールを利用することもできます。広さは都内最大級。遠浅式の2種類のプールで存分に遊べます。

夏は広いプールでたくさん遊べる|「愛犬家アウトドア施設「わんダフルネイチャーヴィレッジ」を体験!」の3枚目の画像

この日は浅いほうでプードルなど小型のワンちゃんたちが、深いほうではレトリバーやブルドッグなどの大きいワンちゃんたちが楽しそうに泳いでいました。

夏は広いプールでたくさん遊べる|「愛犬家アウトドア施設「わんダフルネイチャーヴィレッジ」を体験!」の5枚目の画像

犬用のライフジャケットも貸し出ししているので、心配な方は使ってみてください。
ちなみに犬は肩まで水につかると、体の負荷が陸にいるときの約38%になるそうです。腰や膝に負担がかからず運動ができ、さらに腹圧がかかるので内臓のはたらきも良くなるとのこと。真夏の運動にはもってこい!ですね。

都内最大級の6つのドッグランも魅力

都内最大級の6つのドッグランも魅力|「愛犬家アウトドア施設「わんダフルネイチャーヴィレッジ」を体験!」の1枚目の画像

そしてやっぱり気になるのがドッグラン。広さは都内最大級で、全犬種が遊べるエリアから犬の体格に合わせた専用エリア、屋根付きエリアなどそれぞれの目的に合わせて遊ぶことができます。アジリティもいろいろあるので、ぜひ一度トライしてみてはいかがでしょうか?

泊まるも良し、遊びに行くのもよし!

泊まるも良し、遊びに行くのもよし!|「愛犬家アウトドア施設「わんダフルネイチャーヴィレッジ」を体験!」の1枚目の画像

キャンプ場やその他の施設はまだ新しいこともあり、非常にキレイで高規格です。
また敷地の通路には、柔らかくて熱くなりにくい大谷石を使用していたり、トイレ前には犬を待たせておくドッグステーションが設けられていたりと、飼い主に嬉しい配慮があちこちに。

「今まで躊躇していたけれど、犬と一緒にアウトドアに挑戦してみたい!」という方はぜひ一度、足を運んでみてはいかがでしょうか?


【わんダフルネイチャーヴィレッジ(Wonderful Nature Village)】
https://www.wnv.tokyo/
〒197-0832
東京都あきる野市上代継600
TEL:042-558-5861
この記事を書いた人

植松 玲奈

静岡県出身。新聞社勤務を経て、フリーライターへ。分野はペット、健康、アウトドア、地方創生と幅広く執筆。3人の子供と夫、柴犬と一緒に休みの日にはさまざまなキャンプ場でゆる~いアウトドアを楽しむ、ライトキャンパー。まだ見ぬ素敵な人・場所の出会いを楽しみに、今日も地図とにらめっこ。

関連トピック

トピックから記事を探す

 次の記事へ 
植松 玲奈

ゆる~く、楽しくアウトドアしましょ。

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

もっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

New Posts

最新の記事

もっと見る

特集

特集・連載コンテンツ

もっと見る

トピック一覧

トピックから記事をさがす

もっと見る
▲TOPへ

ログイン

コメントを投稿するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

ログイン

コメントを通報するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

コメントを投稿

このコメントを通報する