• キャンプ道具・ギア
  • キャンプ道具・ギアの記事一覧です。キャンプ道具は種類が多すぎてどれを選べば良いのかわからない!すでに一通り持っているけど、自分だけのこだわりアイテムが欲しい!そんな初心者の方から上級者の方向けに、実際に手に取り、現場で実際に使ってみてのギアレポートをお届けします。

これ欲しい!この春、注目の新作アウトドアギア10選 ≪前編≫

この春リリースされる、出来立てほやほやの「新作ギア」たち。
元アウトドアショップ店員の筆者が、展示会をめぐる中で出合った、“選りすぐり”を前・後編に分けてご紹介。定番アイテムから、ちょっと一風変わったユニークアイテムまで、バラエティー豊かにお届けします!

新作①:「MADE IN JAPAN」の老舗テントメーカーから、待望の新作が登場!

アウトドアユーザーから圧倒的な支持を得る、老舗テントメーカーの「アライテント」からは、この春、“オニの角”のように張り出した居住空間をもつ「オニドーム」がデビュー。

写真は、2人用の「オニドーム2」

写真は、2人用の「オニドーム2」

「オニドーム」の最大の特徴は、おもに3つ。

・2本のポールをクロスさせるだけで立ち上がる、シンプルで簡単な構造
・にも関わらず、広い「室内」と「前室」をもち、2人用でも1,480gという軽さ
・そして、フライシートのペグダウン無しでも、前室が生み出される

とくに③に至っては画期的で、テントの前室は「ペクダウンできない場所では成立しない(利用できない)」という弱点を、この構造にすることで見事に解消しているんです。

インナーテントのみの状態。出入口のパネルは、上部がメッシュ地になり、通気性を高めている

インナーテントのみの状態。出入口のパネルは、上部がメッシュ地になり、通気性を高めている

インナーテントだけで見てみると、そのシンプルかつ秀逸な構造が一目瞭然。
また、専用のアンダーシートは前室部分も覆うデザインのため、より快適な居住空間を生み出すことができます。
広い前室って、天候が悪くてテントの外に出られないとき、本当に重宝するんですよね。

【SPEC】
ライペン/
オニドーム1 ¥43,000+税 重量:1,290g(本体+ポール+フライシート)
オニドーム2 ¥47,000+税 重量:1,480g(本体+ポール+フライシート)
問:アライテント 04-2944-5855 http://www.arai-tent.co.jp/

新作②:必要なものは、これひとつに。すべてのアウトドアピープルに捧げる、3WAYバッグの新生

「誰にでも気軽に、毎日のように使って欲しい」。
そんな製作者の願いから誕生したのが、この3WAYマルチバッグ「スウィング」。
付属のアタッチメントやショルダーベルトを取り付けることで、「チェストバッグ」、「ショルダーバッグ」、「ウエストバッグ」に変身し、使い勝手のよさにトコトンこだわり作られています。

写真は、Mサイズ。カラー展開はグレーとブルーの2色。裏地はどちらもライムグリーン色になっている

写真は、Mサイズ。カラー展開はグレーとブルーの2色。裏地はどちらもライムグリーン色になっている

(左)写真のLサイズには、500mlのペットボトルがすっぽり入る(ちなみにMサイズは、350mlのペットボトルが入るサイズ感)。(右)裏面にも縦型ポケットを1つ備え、使用頻度の高い地図やコンパス等を入れておける

(左)写真のLサイズには、500mlのペットボトルがすっぽり入る(ちなみにMサイズは、350mlのペットボトルが入るサイズ感)。(右)裏面にも縦型ポケットを1つ備え、使用頻度の高い地図やコンパス等を入れておける

耐久撥水のある生地を使用しつつも、水の侵入を最小限におさえるために縫製箇所を減らし、止水ジッパーを採用。レインカバーを装着しなくても、雨に強い仕様になっています。
グローブをしていてもスライドしやすい大きめのジッパータイや、サングラスや家の鍵を吊るしておけるベルトループも、とても便利な機能ですよね。

【SPEC】
パーゴワークス/
スウィングM ¥5,000+税 容量:1.2L 重量:110g
スウィングL ¥6,000+税 容量:2L 重量:140g *どちらも4月中旬発売予定
問:サイトウデザイン 042-312-2865 http://www.paagoworks.com/

新作③:こんなの欲しかった!シンプル&カッコいい、多機能で軽量なデイバッグ

元・かばんデザイナーが手掛ける、アウトドアガレージブランドの「アトリエブルーボトル」。
ユーザーからの受注を受け、1点ずつ丁寧に製作している、いま大注目のブランドです。
そんなアトリエブルーボトルの人気モデル「PAC」シリーズに、この春、最小サイズが新登場するとのこと。

ファスナーを斜めに設けることで、下に入れた荷物もらくらく取り出せる。バンジーコードにはウィンドブレーカーなどのアウターを引っ掛け、外のポケットにはドリンクを入れることが可能

ファスナーを斜めに設けることで、下に入れた荷物もらくらく取り出せる。バンジーコードにはウィンドブレーカーなどのアウターを引っ掛け、外のポケットにはドリンクを入れることが可能

小さな容量のバックパックは、開口部が狭いがゆえに中身が取り出しにくいというデメリットがあったりもしますが、「PAC01」は、上部のロールトップと前面のファスナー2か所からアクセスできるように設計。
さらに、細くしがちなショルダーベルトの幅を広めにすることで、荷物の重さを分散し、肩への負担を軽減できるようになっています。

右のアイテムは、同色の同生地を使用した「ハイカーズサコッシュ02」。両方合わせても、約320gという超軽量さ

右のアイテムは、同色の同生地を使用した「ハイカーズサコッシュ02」。両方合わせても、約320gという超軽量さ

スポーティーすぎずスタイリッシュなデザイン。山だけじゃなく、日常使いしたくなりますね。

【SPEC】
アトリエブルーボトル/PAC01 ¥20,000+税(予定) 重量:約260g カラー:3~5色(予定)
*5月発売予定
問:アトリエブルーボトル http://www.atelierbluebottle.com/

新作④:驚くべきは、その収納方法! 砂地やぬかるみでも安定する、4本脚チェア

マットレスでお馴染みの「サーマレスト」からは、これまであった3本脚の「トレオチェア」に加え、4本脚バージョンの「クアドラチェア」が仲間入り。

関連記事一覧