都内でマイナスイオンを満喫!神秘と幻想の世界「日原鍾乳洞」で避暑を楽しもう!

どうやって行くの?ー奥多摩駅から日原鍾乳洞までー

日原鍾乳洞行のバス停は、奥多摩駅の目の前という分かりやすい場所にあります。付近の川まで徒歩3分で行くことができるため、バスが来るまで駅周辺を散策してみるのもおすすめです。


日原鍾乳洞の停留所を降りると、山々に囲まれた大自然が広がっています。鍾乳洞までは一本道なので迷うことはまずありませんし、とっても清潔なトイレや自動販売機もあるので、安心して現地へ向かうことができます。

冷気が覆う神秘へのいざない

日原鍾乳洞の入り口は、巨大な岩壁の中にあります。年間を通して気温は約11度、外気との温度差によって入り口付近は水蒸気をまとっています。

入り口に置いてある気温湿度計。年中気温が変わらないので夏は避暑地、冬は避寒地として楽しめます。夏に来る時は上着をお忘れなく。中は暗くて岩石だらけなので、ヒールやサンダルは控えましょう。

かつては信仰の対象であった鍾乳洞。今でもその名残をとどめ、お賽銭を投げている方が多く見られます。

洞内の水琴窟(すいきんくつ)。水を張った瓶に落ちる水滴が、不思議な音を奏でています。

死出の山に息をのむ

狭い道を通り抜けると、巨大な空洞が広がっています。「死出の山」と呼ばれる空洞は、ライトアップによってさまざまな色に変化し、思わず足を止めたくなるスポットです。

昭和37年に発見された新洞へと続く階段です。この階段を上っていると、まるで冒険をしているような気分になれます。

新洞では、大小さまざまな鍾乳石が見られます。鍾乳石が1センチ伸びるには、なんと70年から130年かかると言われています。これだけの大きな鍾乳石、いったい何万年前から存在しているのでしょうか…。

鍾乳洞から出たら森の自然を楽しもう

帰りのバスを待っている時間には、ゆっくりと森の中を散策してみましょう。山の中は日陰ですので、涼しく過ごすことができます。


いかがでしたか?

関連記事一覧