カテゴリ: 体験レポート

ここは、なんと東京から船で約3時間。
伊豆諸島のひとつ、黒潮が流れる神津島(こうづしま)。
“神が集う島”と呼ばれるこの島の山の名前は、
「天上山(572m)」(名前までカッコイイ!)

天上山は島の中心にあり、
台形状の形をしている山です。
花の百名山でもあり、
日帰りで登れることから
初心者でも気軽に登りやすい山といえます。

歩くごとに景観が目まぐるしく変わり、
まるで2,000m級の山々のような景色も多いため、
熟練者でもかなりのワクワク気分が味わえるでしょう。
白い砂漠や池の数々、晴れれば伊豆諸島の島々も眺められます。

神津島へ向かう

今回は竹芝桟橋ターミナルから、
大型客船でのんびり12時間かけて
神津島まで向かいました。

神津島へ向かう|「月面着陸ってこんな気分!「神が集う島」神津島の天上山、山上の砂漠へ」の2枚目の画像

レインボーブリッジを通り過ぎ、
東京湾がどんどん離れていきます。
今左に見えている東京タワーは、
このあとだんだん中心に見えるようになり、
海からきた人を迎える灯台のように、真っ赤に灯ります。

神津島へ向かう|「月面着陸ってこんな気分!「神が集う島」神津島の天上山、山上の砂漠へ」の4枚目の画像

船内で就寝し、翌朝10時ごろには
神津島・多幸湾に到着。
真っ白な岸壁と砂浜、
コバルトブルーの海に圧倒されます!

登山中止!?

が、私たちはひどい船酔いでふらふら。
すぐ登山口に向かうつもりでしたが、とても無理。
予想以上に風が強いのも不安でした。

港まで迎えに来てくれた宿「丈栄丸」のご主人にも
「昨日まで大荒れでずっと休航だったんだよ。
お客さんたちかなり運がいいよ。
でも漁はまだだめだけどね。
明日には風も弱まって、凪(海がおだやか)になるよ。
今日はゆっくりしなさい」
といわれ、大人しく休むことに。

島の神社でご挨拶

島の神社でご挨拶|「月面着陸ってこんな気分!「神が集う島」神津島の天上山、山上の砂漠へ」の1枚目の画像

宿でしばらく休んだあと、付近の散策を開始。
神津島には数多くの神社があり、
島の人の信仰深さを感じられます。
ここは、参道が海と山の風をつなぐように
まっすぐ伸びていた、「物忌奈命神社」。
体がふわっと軽くなる気持ちのいい神社でした。

島の神社でご挨拶|「月面着陸ってこんな気分!「神が集う島」神津島の天上山、山上の砂漠へ」の3枚目の画像

他にも、島の人から「ここが島の玄関だよ」
と教えてもらった港の竜神様など、
ご縁のあった神社に手を合わせたり
島の塩っぽい温泉に浸かったりしているうちに、
「今日天上山に登られなかったのは、
まず禊(心身の清め)をすべきってことだったのかな」
なんてことを思いました。

島の神社でご挨拶|「月面着陸ってこんな気分!「神が集う島」神津島の天上山、山上の砂漠へ」の5枚目の画像

「丈栄丸」は漁師の宿。
冬が旬の金目鯛は、
残念ながら漁に出られないためお目にかかれませんでしたが、
代わりにマグロやタイやカンパチなどがどっさり!
これでも夕飯の一部で、一人朝食付き7,500円〜。

翌朝7時、登山開始

翌朝7時、登山開始|「月面着陸ってこんな気分!「神が集う島」神津島の天上山、山上の砂漠へ」の1枚目の画像

今回のルートは黒島登山口ピストン。山上まで一気に登り、あとは千代池や裏砂漠、展望地などをゆっくり周遊します。

翌朝7時、登山開始|「月面着陸ってこんな気分!「神が集う島」神津島の天上山、山上の砂漠へ」の3枚目の画像

しっかり身を清め(?)、体力も十分。
日の出と同時刻に、黒島登山口へ到着。
付近にはお手洗いもあります。

翌朝7時、登山開始|「月面着陸ってこんな気分!「神が集う島」神津島の天上山、山上の砂漠へ」の5枚目の画像

港町を背に、シダの茂る山道を登ります。
宿のご主人はもう、1週間ぶりの漁に出たのでしょうね。
日の出の町はとても静か。

登りきったところには大きな岩があり、
まるで別世界へ誘う門のように見えました。

翌朝7時、登山開始|「月面着陸ってこんな気分!「神が集う島」神津島の天上山、山上の砂漠へ」の7枚目の画像

天上山は、麓から上まで一気に登って、
あとは高山植物の生い茂る広い大地の上を
周遊するように巡ります。
ここからはきついアップダウンもほとんどないので、
ぜひのんびり歩きたいところ。
ときたま、こんなジャングルに出くわすことも。
神社にもお供えする榊(さかき)が自生していました。

翌朝7時、登山開始|「月面着陸ってこんな気分!「神が集う島」神津島の天上山、山上の砂漠へ」の9枚目の画像

砂漠帯には“裏砂漠”と“表砂漠”があり、より広大な裏砂漠をまずは目指します。にしても、標高500m台とは思えない景観ですね。屋久島の宮ノ浦岳や、北アルプスあたりにいるような錯覚に陥りそう。

いよいよ砂漠帯へ

いよいよ砂漠帯へ|「月面着陸ってこんな気分!「神が集う島」神津島の天上山、山上の砂漠へ」の1枚目の画像

裏砂漠。ここに立っていると、足の裏が少しぴりぴりしました。
花崗岩の砂礫(されき)によってできた不思議な大地。
ここに降った雨は時間をかけて伏流水となり、
島の人々の生活を長年潤してきたのだとか。
春にはオオシマツツジがそこかしこに咲いて、
この一帯はとても華やかになるんだそう。

いよいよ砂漠帯へ|「月面着陸ってこんな気分!「神が集う島」神津島の天上山、山上の砂漠へ」の3枚目の画像

振り返ると、なんだか宇宙人になった気分。

いよいよ砂漠帯へ|「月面着陸ってこんな気分!「神が集う島」神津島の天上山、山上の砂漠へ」の5枚目の画像

「新東京百景」にも選ばれた絶景。
手前が式根島、右が新島です。
一番奥には大島が、手前の三角形の島は利島ですね。

いよいよ砂漠帯へ|「月面着陸ってこんな気分!「神が集う島」神津島の天上山、山上の砂漠へ」の7枚目の画像

それまでずっと空に薄い雲がかかっていたのですが、
不動池にきたとたんピカーっときれいに晴れました。
ここは龍神様が祀られているという場所。
池は枯れて湿地になっていますが、
苔がまるで龍のうろこのように波打っています。
私たちは、しばらくじーっと佇んでいました。

山頂に到着

山頂に到着|「月面着陸ってこんな気分!「神が集う島」神津島の天上山、山上の砂漠へ」の1枚目の画像

山頂から海を見渡すと、朝方とは違って
とても濃いブルーになっていました。
フェリーの汽笛が空に響きます。

山頂に到着|「月面着陸ってこんな気分!「神が集う島」神津島の天上山、山上の砂漠へ」の3枚目の画像

表砂漠まで下ります。
この窪地は西暦838年ごろ、
天上山が最後に噴火したときの噴火口と言われています。
白い砂地がだんだん雪渓に見えてきますね…。
さて、そろそろ下山しましょう。

まとめ

神津島は、海も温泉も神社もあって山もある!
広大なキャンプ地やマリンスポーツが盛んな場所もあり、
温泉好きにもおすすめ。
島の魅力と登山を掛け合わせれば2倍楽しめるでしょう。
花咲く春や夏に、ぜひ訪れてみてくださいね。

◆アクセス
竹芝桟橋ターミナルより高速ジェット船で約3時間、大型客船で約12時間
調布飛行場より飛行機で約35分


この記事を書いた人

弥山 ひかり

ライター。アウトドア誌、評論誌等で執筆。北アルプスの山小屋に勤務、のち3ヶ月かけて屋久島中のトレイルを練り歩く。最近は島登山にハマっています。

みんなのコメント

関連トピック

トピックから記事を探す

 次の記事へ 
弥山 ひかり

麓の神社で参拝してから、山頂を目指すのが好きです☆

Popular Posts

最近人気の記事ランキング

人気ランキングをもっと見る

Monthly Pick Up

.HYAKKEI編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

New Posts

最新の記事一覧

新着記事をもっと見る

特集

.HYAKKEIおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
TOP

ログイン

コメントを投稿するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

ログイン

コメントを通報するにはログインが必要です。

会員登録ログイン

コメントを投稿

このコメントを通報する